上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
magic-hand.jpg



取り出したる優れもの
ご存知、マジックハンド。

ニーニが、ソックスを洗濯機の後ろに落としては喜んでいるので、
心優しいお母ちゃんとしては・・・・

いや、もとい、

ニーニのママはマシュだけらしいので、
マシュのママ、つまり、心優しいニーニのお婆ちゃんとしては・・・(ひどいなぁ・・・)
ニーニのいたずらを叱ることもなく、
落としたソックスをマジックハンドでせっせと拾う日々。


n-04.jpg




さて、夕べ、お風呂に入ろうとしたら、
玄関に「ザッツン」と仔猫がまたまったりしていました。
彼らは何をしに来るのか、「ザッツン」は何をしてほしいのか、
人間せんせいとしては、毎早朝、毎夜中の訪問に悩むのであります。

ご飯を待っているのか・・・?

いや、多分、
まずは人気のない時間に来て、
ここが怖くないことを学習させているのだと思います。
とすれば、無理にご飯をあげようと顔を出すのは逆効果になります。

が・・・

生来のぐずのくせに、父親譲りの一点集中型、
じっくり待つよりも、
ついつい結果がほしくなっちゃう困った性格の人間せんせい。

仔猫用の缶詰は用意済みでした。
早く出番が来ないかとうずうずしていたきょうこの頃、
つい、夕べは行動に移してしまいました。

玄関ドアを開けると、カチャリの音で、
寝入っている「こせん」や「クーちゃん」を起こします。
「こせん」は療養食しかあげられないので
側についていないとちょっとやっかいです。
そして、それでは仔猫は逃げたまま戻っては来ないでしょう。

それで!
マジックハンドの出番なのです!

タッパにご飯を用意し、
そのふちっこをマジックハンドでつかんで、
玄関脇の窓をそっと開け、隙間からポーチの床面に下ろしました。

案の定、にゅーっと出たわけのわからない棒に怖がって
仔猫達はぴゅーっと逃げましたが、
「ザッツン」は警戒しながらもそこに留まっていました。

おやおや~
おいしいものが降ってきたわよん♪

がっがっがっ

母親が子どもの分まで食べることは想定内でしたので、
タッパは小分けにしてたくさん用意していました。
次々ポーチへ下ろします。

親と子、3頭に少量ずつの7つのタッパを下ろした後、
窓を閉め、そっと覗くだけにして姿を隠して様子を見ました。

仔猫も戻って来た来た♪

「ザッツン」はひと口で丸呑みする勢いでがんがん食べますが、
仔猫達も、タッパに顔を突っ込みました。
周りに付いた親の残骸くらいしか口に入らなかったようですが、
それでも執拗に舐め舐め舐め・・・

そうか、そうか、よかったねぇ♪
またおいでね。
今度はみんなが食べる早い時間にもね。


100610-0076.jpg

何が何だか、わからない写真だけれど・・・



kuronekoline.gif


2010.06.11 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。