あまりにねこ君たちがかわいかったので、 
時間をずいぶん使ってしまい、あたりは薄暗くなってきました。 
 
これからコロッセオに行くには暗いところだし、 
ヴェネツィア広場もコロッセオも、バスの中で見たからいいか・・・ 
ここまで来たのに、すぐそこなのに、残念だけど戻ろう。 
 
この道を真っ直ぐ行くとテベレ川に出て、 
川沿いを歩いて橋を渡ればホテルに着く♪ 
 
道路の名前も確かめたから間違いないと、人間せんせいはずんずん歩き始めました。 
 
ところが、広い通りの割にはだんだん寂しくなってきて、 
壁には落書きも増えてきて、様子がちょっと薄汚れてきました。 
暗くなったし、スリにでも遭ったら困るからこの道はやめよう。 
 
かといって、昼間のように横道にそれたのでは迷います。 
それで、元の道を引き返し、途中にあったホテルでタクシーを呼ぼうと思いました。 
 
不思議なもので、元の道を引き返すというのは、疲れやうんざりが倍増します。 
人間、目的を持つというのが如何に大切かということで、 
後ろ向きになると、とたんに精神力が弱ります。 
 
うげぇ~、疲れたぁ・・・もう歩きたくない。 
さっき通ったはずなのに、途中で見たホテルってこんな遠かったっけ~? 
 
やっとの思いでホテルを見つけ、フロントで、 
私はここの客ではないが、タクシーを呼びたいと告げると、 
そこの広場にタクシー乗り場があると教えてくれました。 
 
そこの広場ね、そこの広場~♪ 
って言ったって、どこの広場よ~!? 
 
ホテルの角を曲がったところは確かにスクエアーになってはいましたが、 
路面電車だか2つつながったバスなのだか、そういうのの乗り場になっていて、 
タクシーは見当たりません。 
 
もっとむこうかなぁ・・・ 
またも歩き出しました。 
今度は、完全に自分のホテルから遠ざかっているのがわかります。 
引き返して、さらに向こうへ進もうとしているのですから。 
 
あぁ、エロイ広場は免れたけど、 
なんだかわからないバス乗り場で朽ち果てるのか・・・ 
 
遠い異国で朽ち果てるにしても、せめてバス乗り場は避けようと、 
更に向こうへ伸びている道を歩いていったところ、 
急に視界が広がり、広いところへ出ました。 
そして、そこにあったのは・・・! 
 
あっ、近くで見たかった、なんたら2世記念堂だ! 
ということは、ここはヴェネツィア広場だ!! 
 
あたりはもう真っ暗。 
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂は、真っ白な大きな建物で、 
ライトアップされた光に、堂々とその姿をさらしていました。 
 
italy051109-161006.jpg

italy051109-161010.jpg


やっと来られた・・・・ 
 
そして、とっても大きな広場なので、ここに来ればタクシーは必ずあります。 
エロイ広場で、バス乗り場で、朽ち果てることもなく、 
人間せんせいは無事にホテルに帰ってこられたのでした。 
 
ところで・・・ん? 
ここがヴェネツィア広場だということは・・・フォロ・ロマーノはその向こうのはず。 
じゃあ、ねこ君達がいたあの遺跡は??? 
 
帰国してから本屋さんで調べたところ、どんなマップにも載っていず、 
あれは、本当に異次元のねこ神殿にでも迷い込んだのかとも思いましたが、 
ローマ中心部だけで1メートルもある地図に、やっと載っていました♪ 
多分、アルジェンティーナ神殿跡。 
 
ねこ神殿は、それはそれで、人間せんせいにとっては、 
ローマ散策で一番くらいに楽しかったけれど、 
それにしても、地図にも載っていない跡地を、よりによって、 
フォロ・ロマーノかも、と思って満足してしまうとは・・・ 
フォロ・ロマーノを知っている人達には、きっとぶっ飛ぶくらいの大勘違いです。 
そして、ヴェネツィア広場まで行ったなら、すぐ隣りだったのに・・・。とほほ。 
 
だからね、ここでもう一度強調しておきますが、予習は大切なのです。 
さぁ、ご一緒に♪ 
おぉ、それ見~よ!! 
 
次回のために、この1メートルのマップは買いました。 
どなたか、ローマへお出かけになる時には貸し出ししましょう。 
これがあれば、ローマ市内散策、鬼に金棒です♪ 
旅行社がくれる小さい地図では、エロイ広場やバス乗り場で朽ち果てる危険性があります。 
 


0511italy-ro-map2.jpg



kuronekoline.gif

2005.11.25 


Secret