上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
礼拝堂を出たらもうお昼をまわっていました。 
時計を見たとたんどっと疲れ、庭に出てベンチへ座り、 
買ったローマ市内の観光スポットが載っている写真集をパラパラめくりました。 
 
おぉ、そうだ。 
美術館もいいけれど、市内も歩きたいんだったっけ。 
やっぱり、古代ローマの遺跡、フォロ・ロマーノに行きたいのでした。 
 
地図を見ると、ローマ中心部となっているところは5キロ四方くらいだったので、 
出発前に、ジョセフィーヌがお友達に聞いてくれたところ、 
スペイン広場のところにレンタル自転車があるとのことでした。 
 
それにしても、この重たい荷物をどうにかしなくてはなりません。 
幸い、ヴァチカンからスペイン広場へ行く途中にホテルがあるので、 
一度立ち寄って、この重い罰から解放され、 
タイツもセーターも脱いで、身軽で出直そうと決めました。 
 
さらに、ヴァチカンからホテルへの帰り道に、こぎれいな通りがあり、 
そこで色々なおみやげやおしゃれな買い物ができると、 
これもジョセフィーヌが聞いてくれたのでした。 
 
おぉ、おぉ、なんか、ツイてきたんじゃなぁ~い♪ 
オリーブオイルやパスタやソースなんかを買ってぇ、 
子ども達への小さなおみやげも調達してぇ、洒落たカフェもあるって言ってたしぃ、 
なんてったってイタリア、バッグなんかも買えちゃったりしてぇ~。 
うっふっふ♪ 
 
そう決めたら、もう心は市内散策へ飛び、 
まだ美術館のほんの一部しか見ていないのに、どうでもよくなってきました。 
礼拝堂での、ついさっきの感動はなんだったのでしょう・・・。 
 
美術館を出ると目の前にジェラート屋さんがありました。 
そうよ、イタリアへ来たらやっぱりジェラートだわよ♪ 
ココナッツ味を買って、舐め舐めこぎれい通りをめざして歩きました。 
 
ところが・・・ 
だんだん人通りが少なくなってきて、寂しいところに出てしまい、 
ちょっとこの道はやめようと、別の通りを選んだりして、 
そうこうするうちに目指すところと全然違うところを歩いていることに気がつきました。 
 
エロイ広場?・・・なんか、妖しいところだな・・ 
 
地図を見ると、やっぱり見当はずれのところにいることがわかり、 
たまたまポリスブースがあったので、警察官にこぎれい通りを尋ねました。 
 
やっぱりここでも予習は必要でした。 
ヴァチカン博物館は、もちろん地図にも載っていましたが、 
そこに書かれている印に比べて建物はあまりにも大きく、 
出入り口が、東西南北どちら側にあるのかを見誤っていました。 
東へ行くはずが西北へ向かって歩いていたのでした。 
 
荷物の罰は疲れが増すたびに倍増し、もはや拷問に近くなっていました。 
2000年前にできた都市ゆえ、石畳、石段も多く残り、 
今回はひとつの靴で済まそうと、ブーツを履ききりだった人間せんせいは、 
ただでさえ、美術館で相当歩いたのに、 
足を鎖で繋がれた奴隷のごとく、よろよろどろどろでした。 
 
こぎれい通りにも行けず、カフェにも寄れず、市内中心部も歩けず、 
私はエロイ広場で朽ち果てるのか・・・・ 
 
 
ro-map.jpg


kuronekoline.gif

2005.11.30 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。