人にとって何が幸せなのかということは、それぞれで違うでしょうが、 
いつまでも健康で兄弟や家族と仲良く暮らせるというのも、 
間違いなく幸せのひとつでしょう。 
 
母方の兄弟はみんな、連れあいは亡くなりましたが、本人達はいたって元気で、 
毎日が日曜日になってから、年に何度か誘い合って出かけます。 
イタリアは、父は何度か、母も2度目、叔父叔母や人間せんせいにとっては初めてでした。 
 
人間せんせいの仕事柄、誰かが代わってくれるというものではないので、 
休む日にちの分の授業やレッスンは、振り替えでぎっしり詰め込まれ、 
いつものことながら、機内で寝ればいいやと前夜までばたばた。 
そしていつもながら、機内で快適に寝られるというわけではないのです。 
 
ヨーロッパは初めてなので、今回は海の上を飛ぶのではなくシベリア上空です。 
窓の外を楽しみにしていましたが、悲しいかなツアー旅行、 
窓側の席は往きも帰りも当たりませんでした。 
機内にある、飛行ルートの現在地の表示を見ながら、 
今頃は北欧上空、あぁ今はスイスかなぁ・・と、窓側で寝ている人を恨めしく思いました。 
 
ジャンボ機の真ん中の6列だか8列だかの席は、感動も何にもない席で、 
自分が飛行機に乗っていることさえも感じません。 
飛行機に乗っているというのは、窓の外、飛んでいるのを見て初めて感じるのです。 
 
さて、おもしろくも何ともない席にて14時間。 
これは拷問に近いものです。 
そして、ドイツ大手「ルルルルルル社」の飛行機は、 
座席に座っているだけで肩や首が猛烈に凝るという不思議なもので、 
人間せんせいは、しばし本を読んでは首をかくかく、ついでに顔も「アィ~ン」 
また少し読んでは「ひげダンス」の上半身ダンス、 
みんなが寝てしまってからは、通路にて全身「ひげダンス」と、 
身体の凝りと戦うのに必死の思いでした。 
 
遠いっ!! 
 
朝5時に起きて10時のフライトでした。 
それから延々、日本時間のままの時計の針は、 
夜の10時を過ぎて夜中の1時まで回りました。 
その間ずっと座りっぱなしで、飲んで喰って、 
うたた寝して本を読んで・・・ようやく乗り換えのフランクフルト空港。 
 
あぁ、もういい。 
もう飛行機は結構です。 
私をこのままドイツで降ろしてちょうだいっと何度ものど元まで出かかりました。 
 
それから待つこと2時間。 
やっとユーロ国内線に乗り換えてイタリア入り。 
最初に着いたのはミラノでした。 
 
信じられないことに、ホテルに着いたらもう寝る時間。 
この日は起きてから飛行機にしか乗っていません。 
理不尽な一日となりました。 
だから、旅行は近いところに限ると長年思っていたのでしたが・・・。 
 
 
 
italy051109-160081.jpg

ミラノ大聖堂


kuronekoline.gif
 
 

2005.12.09 


Secret