fc2ブログ
「えびせん」と一晩過ごした時に、
人間せんせいは彼女がちっとも寝ないことに気づきました。

撫でていればごろごろ目を閉じますが、眠るまでには至りません。
ようやくうとうとしたかなと思うと、
耳を動かし薄目を開け、そしてまたうとうと・・・
仮眠を短く繰り返しているように感じました。

外では安全に安心しきって眠るなんてことはないのかもしれません。
そしてそれはストレスになり免疫力を低下させるでしょう。

そっか・・・お外は楽しいばかりじゃないものね・・・

うとうとしている時にも、むにゃむにゃというように声を出します。
それはもちろん、甘えたかわいい声ではなく、切なく悲しげです。

もう怖くないよ。
安心して眠っていいんだよ。

夫である人間家族も、
身体の小さい「えびせん」をまた外に放すことはどうなのかなと心配し、
じゃぁ、このままこの家に留まらせて、里親さんも同時に探してみましょう、
ということになったのです。

本日、ねこ飼いの友人にこの話をしたところ、
「そりゃ、外がじゃなくて、あなたの家の中が今は安心できないからでしょう。
 突然閉じ込められているのだもの。」と言われました。
『そっか、そりゃぁそうだわね。』

「えびせん」はずっとずっとまだ泣きっぱなしです。

この家の中がまだ嫌いなのね・・・。
これでいいのかな・・・?

放せば放したでぐずぐず考え込み、
家に入れれば入れたで考え込み、
これは、ミャウリンガルを買ってきて彼らに本当のところを聞いてみるしかありません。

まだ売っているのか?

kuronekoline.gif

2010.04.27 


Secret