上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
「お帰り・・・」
耳元で囁く夫・貫太郎の声で、人間せんせいは意識が戻りました。
驚いたことに、すでに病室に戻っていました。

手術が終わり、麻酔器具を外され、名前など呼ばれて返事をし、
正常に醒めたと判断されて病室に戻ったのでしょうが、
それらの記憶はありません。

素晴らしきかな、全身麻酔。
酸素マスクがずれているとさっきストレッチャーの上で騒いだはずが
もうすべてが済んで病室です。
華岡青洲先生と奥様お姑様に、感謝感激雨あられです。

麻酔は口に器具を装着して気管から行うそうですが、
そのせいでしょう、喉がカサカサでした。
貫太郎と二言三言話してすぐまた眠りに落ちました。

翌朝は、まだ点滴につながれカテーテルが入っていたので
朝食はベッドまで運んでもらいましたが、
午前中にカテーテルが外れるともう自由~~♪
お昼ご飯は自分で取りに行き、
手術から24時間経たないうちにふらふら歩きまわって、
お見舞いに来てくれた友人とラウンジでおしゃべりもしました。

同じ日に手術をしたあとの2人も同じように元気で、
「不思議よね、どこも痛くない・・・」と
3人で想像以上に早い回復を喜びました。

どこも、ひとつも痛いところはなく、記憶もなく、
本当に手術は行われたのだろうかと半信半疑の感覚、
でも、胸に手をやるとごっそり削れてて、
そっか、夢じゃないんだ・・・といちいち確認するほどでした。

腋の下方、肋骨の下辺りに小さな穴があり、
そこからチューブが出てて、先にパックがぶら下がっていました。
切ったところから血液や体液などが出るそうで、
パックの中身が一日に50cc以下になったら
このドレーンは抜けて退院できるそうです。
いえ、ドレーンごと今すぐに退院してもいいそうでしたが、
のんびり安静にするためにみなさん1週間程は入院するそうです。

翌日から朝起きると東側へ行って朝陽を窓越しに浴び、
朝食まで缶コーヒーを飲みながら文庫本を読み、
朝ご飯と昼ご飯の後には、
第一病棟、第二病棟、第三病棟、外来の建物、病院中の階段を
一番上まで行って降りてきて、地下で一日分のお茶、
ペットボトル3本を右手に持ち、左手に持ち替え、
退院してからすぐに仕事に復帰できるように動き回りました。

でも、どこも何にも痛くないので、リハビリをしている感覚はなく、
ふらふらと散歩をしている気分です。
仕事も家事もしないで、ゆっくり本が読め、
大好きなナンプレも次々制覇し、
友達とおしゃべりをしてお見舞いのケーキを食べ、
そんなこと1週間もして、
私、本当に病人なのかなぁ・・・???


手術前から、なんの症状もなく、
ただ、ひとが聞けばどう返事をすればいいかわからないというような、
深刻らしい病気を得た、でも、らしい、だけで、
本人にその自覚が最初からあまりないのは、
この特異な性格のせいなのでしょうか?


さて、手術後の病理検査で、
みっちゃんはステージ0、
最初に言われたように切除をもって治療は終了。
ところが、さっちゃんは、なんとほんの一部浸潤が始まっており、
ステージは1になっていました。
前の病院で一郎先生が「良性」と診断した方です。
良性が悪性に変わることはないと、
一郎先生はその後1年近く、一度も診ませんでした。
一郎先生のばか!

みっちゃんとさっちゃんとでは、病変の性格が違うようで、
みっちゃんの方はおとなしい性格、乳管の中に引きこもったまま。
さっちゃんの方は、それよりも活発で、
しかも、マンモには映るのに
エコーでは見つけるのにコツがいるようなところに隠れているらしく、
悪党の性格を持っているようです。
こいつの方はすぐに退治しなくてななりません。

リンパ腺には関所のようないくつかの節があり、
乳ぽんがリンパヘ転移するには必ず通る場所があるそうです。
それで、切除手術の際にはその第一節を採って検査をし、
そこをぽん細胞がすでに通過していれば第二節を検査というように
通った細胞の後を追いかけていくつか節を検査するそうです。
この追跡のために、手術当日の痛い注射で造影剤を入れたのでしょう。

で、人間せんせいのは最初の第一節を調べたら
通過していないのでリンパヘの転移はなし、ということです。

さっちゃんもステージが0のままだったら、
ぽん細胞は乳管の中だけにひきこもっているので、
乳管を切除してしまえばこれでひとまず終わり、だったのに、
やんちゃな奴が家のドアを開けてふらふら歩き回ると、
それがまた別の場所に棲みついたりしたら
新たなぽんの発生ということになってしまいます。
さっちゃんのは、ドアを開けた奴がほんの少しいるよということなので、
奴らのえさになる女性ホルモンを取り上げて餓死させてしまおうと、
人間せんせいは女性ホルモンを作らないようにするお薬を飲みます。


2016.09.29 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。