上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 


m050511-07-s_201508271317461ea.jpg

初めて我が家にやって来たにゃんこは茶トラの4か月くらいの男の子でした。
当時、阪神タイガースで活躍していたピッチャーから
『マイク』と名付けました。
思えば、最初はごく単純に付けていたのです。




mf-05-s.jpg

f030725-2-s.jpg

1ヶ月後に兄の奥さん、ジョセフィーヌに保護されたのは
生後1ヶ月位の小さな男の子、猫風邪でお顔ががびがびでした。
白くてやや毛が長いふわふわの子だったので
フランス語のイメージかなと『フラン』と名付けました。



これが外国語で名づけようの始まりでした。
まさか、その後、次から次へとにゃんこが来るとは思いもよりませんでしたので。




SC-01s.jpg

s050622-05s.jpg

次に同じくジョセフィーヌのところから来たのは、半年を過ぎたくらいの真っ黒な男の子。
精悍なイメージから今度はドイツ語だと『シュヴァルツ』と付けました。
「黒」という意味です。




SE-02-s.jpg

se051028-s.jpg

冬休み中の英語のレッスン中に
3ヶ月位の茶とらの子がちゃっかり教室に入ってきて
ずっと半日子供たちの側で英語のレッスンを受け、
暗くなってからそのままにしておくこともできずに連れ帰りました。
その日の夜の塾にも同伴、ずっとせんせい用の椅子の上でおとなしくしていました。
これは猫のせんせい、『ねこせんせい』しかないでしょうと
日本語で名づけました。





v031208-17-s.jpg

v040619-15-s1.jpg

数年後の寒い12月、3ヶ月位の仔にゃんこに出会い、
やっぱりそのままにしておけないと連れ帰ったのがまた男の子。
仔にゃんこの時からおっさん顔、
ちびのくせに、白足袋の誇りがあるとか言って、
以後、は~どぼいるどに生きるのだと宣言していました。
では、天真爛漫な感じで名づけましょうと『び~ぼ』
イタリア語で「生き生きと」という意味です。




5年ほど、男の子にゃんこばかりで仲良く暮らしていましたが、
大好きな『フラン』を病気で星に帰し、
人間せんせいは何を見てもフラン恋しいやほうやれほぅ。





ma090219-10s1.jpg

ma-100129-05s.jpg


そんなある日、お友達のカフェで見かけたのがフランそっくりの子でした。
代わりにはなれないし、そんな気持ちではこの子に申し訳ないと
カフェに何度も足を運び、気持ちは往ったり来たり。
そしてやっぱり、
この子を家で迎えたいと面倒を見ていたボランティアさんに申し出ました。



この子はママで、親子を離すのもかわいそうだと、
似ても似つかない容貌の息子も一緒に我が家にやって来ました。

n090505-22s1.jpg

n090404-13s-2.jpg

この子達にはすでに呼び名がありましたので、
それをそのまま、スペイン語で
『マドレ・マシュ』
『ニ~ニョ・あだち』 とつけました。
「マシュママ」「あだち少年」という意味になります。





e100508-0199-s.jpg

DSCF8674-s.jpg

その頃、庭に次々やって来た少年少女にゃんこ達を餌付けし、
ボランティアさんに教えてもらいながらTNR活動。
その中でひときわ体が小さく、
ご飯も食べに来たり来なかったりの女の子が心配で家の中に入れました。
庭にいた時からすでに、それぞれに呼び名がありましたので、
さて困った・・・

困った果てに思いついたのがギリシャ文字「K」
カッパと読みます。
それでこじつけ完了。
『K・えびせん』となりました。







DSCF8866-s.jpg

DSCF3159-s.jpg

3年後の冬、今夜は雪ですという夜に
友人が保護した小さな三毛にゃんこがやって来ました。
車の油が背中について、がびがびになっていました。
仔猫かと思ったら半年以上のお姉さんにゃんこで、
先住マシュと相性が合わずに毎日わーわーぎゃーぎゃー。
以後、1階と2階に別れて暮らします。
今度はロシア語で『アーニャ』
呼び名は『あ~にゃん』と決めました。






DSCF11454-s.jpg

DSCF13316-s.jpg

マシュとあ~にゃんの不仲に毎日胸を痛めていた翌年の冬、
一人ぼっちのあ~にゃんの相棒にと、
友達が保護した、おっとりした小さい男の子が仲間入り。
思惑通り、あ~にゃんの良き相棒になり人間せんせいもひと安心。
感謝の思いを込めて彼にはスエーデン語でありがとうという意味の
『タック』と名前を付けました。






DSCF4456-s.jpg

DSCF15626s.jpg

一緒に暮らすにゃんこの数としても、人間せんせいの年齢からしても、
もうそろそろ限界かなと思っていても、
そのままお外に置いておけない仔にゃんこと出会ってしまえば、
やっぱり見ないふりはできません。
この前の冬にやってきた成長不良だった子、
しっぽがチャ~ムポイントなので「尾」という意味の中国語
『ウェイ』と名付けました。


みんなみんな寒い冬に我が家にやって来ました。
でも

もういっぱいいっぱいだからね。
もう、外国語の名前も見つからないからね。
だからね、
お外のみんにゃん、元気で育つんだよ!


ところで、『人間せんせい』という名前はというと・・・

『ねこせんせい』がいたから
人間のせんせいの仕事の『人間せんせい』と付けたのですが、
あまりの変てこなHNに15年来恥ずかしい思いをしています。

『ねこせんせい』が星に帰ってしまってからは、何故つけたのか由来も不明となり、
ますます訳のわからん変てこ感満載で、頭を抱えてしまいますが、
おそらく世界に一人のHNだろうと思われますのでこのまま使うことにしましょう。

でも『人間家族』なるもっと変てこなHNの夫はかわいそうなので、
新しいHNを考えてあげました。
これからは『貫太郎』と呼ぶことにします。
実はこれも人間せんせいの別のHNでしたが、謹んで進呈することにします。






2015.08.27 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。