上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 


来る猫あれば、帰る猫あり。


かわいいかわいいえびせんは、
半年前の2月の半ば、星に帰っていきました。
まだ5歳半でした。

・・・と思われる歳でした。

というのは

1月に風邪をひきお医者に行ったら、
おなかの中に大きな腫瘍ができていると・・・
シニアかなぁと言われたので、人間せんせいは???

DSCF3083s_20150811093802f48.jpg

DSCF13894s.jpg

e-100601-0009s_20150811093919aba.jpg

5年前に我が家の庭に現れた子でした。

少し前に訪れていた少年猫「こせん」に連れられるような感じで
少女猫くらいの大きさの「ザッツン」や「ミニシュヴァ」「えびせん」がやって来ました。
次々女の子なので、こりゃ大変と、餌付けをして手術をさせたのです。
その時にみんなより一回り小さいえびせんを心配して家の中に入れました。

5年前より前には見かけなかったし、
「こせん」や「ザッツン」は確かに今より小さく少年少女だったと思われるし、
一緒にいたえびせんがシニアと言われるほど長く外で生きていたとは考えにくいのです。

しかし、シニアだろうが5歳だろうが、おなかの中に悪いものがあるのは現実で、
それは腸に絡み付いているようなので手術もできそうもないと
お医者様は切なそうに言われました。

でもさ
世の中には神の手を持つという外科手術に長けたお医者様もいるわけで、
人間せんせいはとにかくえびせんの風邪を治して体力を回復させることに専念しました。

人間せんせいの目に見えていたのは、おなかの中ではなくて、
風邪による鼻づまりや、そのせいで食欲が落ちているようなえびせんでしたから、
カロリーの高いもの、病中猫用の缶詰、お刺し身や手作りフード、仔猫用ミルクなど
そう、高齢でついにご飯が食べられなくなったマイクやねこせんせいの時のように
考えられる良かれと思うものを工夫してえびせんの口に運びました。

彼女はよろよろするものの、歩いてトイレにも行ってたし、ご飯も食べていたし、
でも元気になる方向よりは、ゆっくりゆっくり衰弱の方に向かっているかなという具合でした。

2月12日、その日はほんの少し暖かい日でした。
朝は、流動食ではありましたが、いつもよりたくさん食べ、
おや、きょうは元気だね♪と人間せんせいのお膝でうとうと。
午後に病院で点滴をしていただき、またご飯を食べてねんねして・・・

でも夕方に息が荒くなり19時ころに
人間せんせいのお膝から星に帰っていきました。

元気な時には抱っこもお膝も嫌いな子でしたが、
この一カ月はずっと人間せんせいのお膝でご飯を食べたりねんねしていました。

高齢で星に帰った子達は、寂しく悲しいけれども、
「楽しかったね、ありがとうね。」「お疲れ様ね。」といって送り出せました。
でも、まだ5歳の子の旅立ちには、やっぱり「ごめんね。」ばかりでした。

若いうちから腫瘍を心配して定期的にレントゲンを撮るなんて、
身体にいいとは思いませんが、
でも、こういう場合にはどうやって見つけてあげられれば良かったんだろう・・・?

やっぱりタイムマシンしかないよね・・・・


「えびちゃ~ん♪」と呼べばいつでも、
短いかぎしっぽを、ぱたぱたとワンちゃんのように左右に振って走り寄るかわいい子でした。

小さくて若くて(やっぱりそう思います)
やっぱりねこせんせいよりは「天使」という称が似合います。
えびせん天使・・・えび天だわね。

DSCF3155s.jpg

DSCF13976s.jpg






まだ続きます。

この先、星に帰った後のえびせんの写真も出てきます。



ニーニと仲良しで、いつも一緒でした。

DSCF10044s_2015081109391672b.jpg

DSCF7807s_20150811110949532.jpg



ニーニは、えびせんが星に帰った後も、彼女のねんねしているベッドを覗きこみ
ねぇねぇ、起きなよ  とでも言うように

DSCF4855s_20150811093915fb5.jpg

そうして「チュ」としたのか食べちゃいたいと思ったのか、

DSCF14854s.jpg

実はこれは不思議な光景でした。

今まで高齢で寝付いた子達の時には、
星に帰る1日2日前に、次々とベッドの近くに来て、まるで別れの挨拶をするように覗きこみ、
そしてその後はとんと興味を示さなくなる光景を何度も見て来ましたので、
猫には死期がわかるんだなぁと思っていました。

ニーニがえびせんが星に帰った後にもベッドに執拗に手を出すのは
彼なりに納得できていなくて、やっぱり「起きてよ」と言っているように見えました。

この夏はえびせんの新盆
お兄ちゃん達と一緒にキュウリに乗って帰ってくることでしょう。

DSCF15408s.jpg





2015.08.11 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。