上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
昨日、いただいたコメントにお返事を書いていましたら、
どんどん長くなってしまったので、
近況ばかりですが、こちらに書くことにしました。



患部を固定してから痛みが殆どないせいか、
ちっとも安静の必要性を実感せず、気持ちばかりが沈んでいきました。
ちょうど、東日本大震災の直後のような、
なんだか何も手につかない、虚無感みたいな感じでした。

人は動くようにできているものなんだな・・・と思うと同時に、
入院や安静を余儀なくされている方たちのやるせなさを想像したり、
高齢の方たちの日々の不自由さを想ったり、
そのうち切なくなってきました。

きょうが何曜日でもどうでもいい、
天気が晴れでも雨でもどっちでもいい、
誰かの手を借り、守ってもらわないと日々が動かないというのは辛い・・・

もうひとつ、おもしろいことを感じました。

与えられたもので生活する、
冷蔵庫にあるもので簡単に調理をし食べる、
そんな日々を送っていると、
人間せんせいの場合、
『なんか・・・体に悪そうな、コレステロールたっぷりのような、
 こってりしたお肉系統のものが食べたい!』
とか、
『殺人的に甘~いものが食べたい』とか
ニンマリした悪魔が耳元で囁くようになってきました。

通常は、人間せんせいはお肉はあまり好まず、
こってりしたものは、胃が悲鳴を上げるので避けます。
大人の家で甘いものといってもお菓子が常時あるはずもなく、
つい、煮物が、いつもより甘くなってしまいました。

そして、向かいの公園への10メートルから
その向こうへの100メートルまで足を延ばしたきっかけは、
尋常でない甘さの缶コーヒーを買いに行こう、でした。

自分で何かを買いに行く・・・
今の人間せんせいの足で可能なのは、
住宅地では自販機しかないのでした。

毎日、ポッケに150円ほど入れて、松葉杖でエッチラオッチラ、
腕と掌の痛みに、自分の身体の重さを恨めしく思いながら、
それでも、受け身だけの毎日からの脱却、
ううう~んっ!! と、両手を広げて伸びをした爽快感がありました。

大体、食の興味は薄く、
梅干しやかつを節やじゃこがあれば幸せな人間せんせいにしても、
ストレス発散のもとは、究極、お肉や脂や糖分なのかしらん?
やっぱり人はメタボになっていく道理なのかしらん?
うふふ、不思議な体験ねと、笑う余裕が出てきたきょうこの頃です。


DSCF11620s.jpg




2014.04.24 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。