上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 



リビングのドアーを開けた日、
マシュがあ~にゃん達の所に行っても数時間は何事もなく静かで、
これは~なんか良い兆候~♪ と思いましたが、
その後、やっぱりあ~にゃんもたっくんもマシュに追い詰められ、
あ~にゃんはうーうー、わぁわぁ、本気の大声!
たっくんはどこかに隠れて避難していました。

あ~にゃん、たっくんとは運命共同体だと悟ったか、
はたまた、小さいたっくんを守るのはわたし、と決意したのか、
その夜からふたりはくっついて寝んねするようになりました。

それまでは、
たっくんはくっついていたいのに、
あ~にゃんの方が、近くにいるのはいいけれど、
くっつくのは止めてねという感じでした。


マシュは、お転婆というのか体育会系というのか、
遊んでいても興奮すると動きが過激ですさまじく、
リビングの色々なものが倒れたり落ちたり、
向こうへすっ飛んだりしているのは、全部、
彼女が走り回った嵐の跡なのです。
リビングにいる他の子達でさえも
みんな、なになに?とびっくりします。

マシュはもしかしたら、あ~にゃんには好奇心だけかもしれません。
でも、そのアプローチ方法が過激なので、
相手に親愛の情は起こらず、
陰険な空気が流れれば、マシュも別のスィッチが入ってしまう・・・
そんな感じかもしれません。

それでも、まだまだ時間はたくさんあります。
10年も15年も。

あ~にゃんとマシュの関係は変わってはいないのに、
あ~にゃんに相棒ができたことで、
人間せんせいの気持ちの重さは全く変わりました。
ほっとひと安心です。

あ~にゃんが階下の部屋にひとりぼっちでいるようなことがなくなったので、
リビングにリビングにと、無理に思うこともなくなりました。

HAPPYねこ隊の現役隊員数、6頭というのは、
今までで一番多い数ですが、
この小さい隊員、たっくん、すでに大きな功績をあげました♪

よかったね、あ~にゃん!


DSCF11491s_20140211001429aa0.jpg

2014.02.11 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。