上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
自慢じゃありませんが、
人間せんせいは砂肝なるものを食べたことがありません。
焼鳥屋さんで、そのメニューのぴらぴらを見たことはありましたが、
実物がどんななのか、焼き鳥屋さんの砂肝でさえも見たことはありませんでした。

ねこの手作りご飯メニューを見ると「砂肝」とあり、
そして先日、いつもお願いしている宅配注文票に「砂肝」の文字を見つけ、
ねこ隊のために買ってみました。

さて、冷凍で来て、袋ごと解凍。
でも、げげげ、その袋の中は血だらけです。
袋には何にも書いてないし・・・。
これ、どうやって調理するの?

ねこが鳥をつかまえて食べるときには、生だし、
手作りねこご飯サイトでも、確か、生で食べさせるようでしたが、
血の滴るのをまな板に乗せて、それに包丁を入れる勇気はありません。

ぐさっ。
ぎぇ~!(見えない鳥の絶叫)
ぷしゅぷしゅーーっ!(血が噴き出す音)
ぎゃぁぁああーーーっ!(人間せんせいの叫び声)
よろよろ・・・どどっ。(人間せんせいの腰が抜けて座り込んだ音)
ふんぎゃぁ~っ!ぎゃおぎゃおっ!(ねこ隊を踏んづけた)
がらがらがちゃんっ!!(驚いて逃げたねこ隊がそこらの物をひっくり返した)
どたどたどた・・・(ちょうど帰宅した人間家族が急いで階段を上がってくる)
あうあうあう(血だらけの包丁を持ったまま座り込む人間せんせいを見て・・)

慌てて110番通報し、駆けつけた警官に人間せんせいが逮捕され、
何事かと集まってくるご近所の好奇の目に晒されながらパトカーに乗り、
残りの人生を高い塀の中で暮らす・・・・。

ふぅ~~。
想像をするだけで疲れてきました。
砂肝ごときに人生を狂わせられては、かないませんから、
そのまま調理するしかありません。

おそるおそる、オリーブオイルを敷いたフライパンに、
袋の中身をお箸でつかんで、ごろんごろんあけました。
砂肝は、7センチくらいで8の字形の奇妙な形をし、
血に濡れて真っ赤っか、見た目は中に硬くて丸いものが入っていそうで、
所々、青白く光っています。

うううう。なんで、こんなもの頼んだかなぁ・・・。
まん丸でごろごろして、中まで火が通らないなぁ。

もちろん、これは人間が食べる用の砂肝です。
これを注文した人は、こんなごろんごろんのまま焼いて食べるのでしょうか?
もし、焼き鳥のようにして食べるのなら、
初めからひと口大にしてくれればいいのに・・・。ううう。

とりあえず、表面に火を通し、茶色になってからまな板にあげました。

あ。これって、レバーと同じみたいだ。
そっか、内臓だからもしかして血抜きをしなくちゃいけなかったのかな?
知らないよぉ~。もう遅いよぉ~。

レバーみたいになったやつを、それでも手で触る勇気はなく、
左手でフォークを握り、それで押さえて1センチ角に切り、
中がやっぱりまだ赤かったので、もう一度フライパンに戻しました。

さて、内蔵を焼く匂いにわらわらと集まってきたねこ隊に、
試しに火が通ったものを冷まして少し取り分けてみました。

くんくん。なんだ、なんだ、これは・・・。
初めての臭いをかぎ、彼らもおそるおそる食べてみました。
みんな喜んでぱくぱく頬張ってくれれば、人間せんせいの苦労も実るというもの、
でも、ひと口ふた口食べて、もう結構ですと、向こうへ行ってしまいました。

うううう。せっかく恐怖を堪えて切ったのに・・・。

1袋で8個ほどのごろんごろん、それを2袋も買ったのです。
ねこ隊が食べるとすれば、1センチ×3片×4頭=せいぜいが砂肝1個分。
ううう。残りをどうしよう~~~。

火を入れたものは1回分ずつラップにくるんで冷凍しました。
でも、生で冷凍したものがまだ1袋残っています。
それを解凍するときには小分けにすることはできません。
騙して人間家族に食べさせるとしても、
8個のごろんごろん、どう考えても一人で食べられる量ではないと思います。

うぇ~~ん!

後になって気がつきました。
何のためにPCがあるのでしょう!?
調理方法は検索すればよかったのです。

レシピ検索の結果、砂肝のしょうが煮やガーリックソテーなどがありました。
でも、もう一度あの真っ赤なごろんごろんを直視する勇気は、
身体のどこからか一生懸命に振り絞らないと、出てきそうもありません。

関東近辺で、近々バーベキュ~を計画中の方はいらっしゃいませんか?
それより何より、草食のねこってどうしていないの!?


kuronekoline.gif

2010.04.07 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。