上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
gotta go-003s


もう行っちゃうの?



うん もう行くよ
約束だからね
もう大丈夫でしょ




大丈夫じゃないよ
明日も明後日もずっと大丈夫じゃない
もっと一緒にいよう
ずっと一緒にいよう
ね ね




・・・・・




やっぱり 行くの?


うん 兄ちゃんたちが迎えに来たよ
もう 行くね
泣いちゃだめだよ
バイバイ



*****************************************

7日は、ねこせんせいの49日で、いよいよお別れです。


DSCF8587s.jpg




年末に、急な旅立ちでしたが、結局はやはり腎不全、
つまり、老衰のようでした。
直前まで、ふっくらして元気いっぱいに見えたので油断がありました。

病院での触診でおなかが腫れているのがわかり、
レントゲンを撮ったら右の腎臓が肥大していました。

一か月前の検診ではそんな兆候はなく、
老化は進んでいてもおおむね良好だったのに・・・
とはいっても、その時にレントゲンを撮ったわけではないのですが。

では、腎臓の肥大はなぜ起こったかというと、
腫瘍か炎症かというところだそうですが、
血液検査で腎臓が最悪にまで進んでしまったことがわかり、
それ以上の検査をせず、
入院を打診されましたが断って傍で見送ることにしたのでした。

検診のたびにレントゲンを撮ることが良いこととは思えず、
血液検査で状態を知るくらいしかできませんでした。
では、どうやったらもっと早く見つけてやれたのかとも考えますが、
きっとどうすることもできない、
やっぱり老衰の結果なのだろうと思います。

もっと前もってきめ細やかに体調管理をしていれば、
数か月、1年、と、もう少し長く生きさせてやることはできたかも知れませんが、
好きなものを食べ、18歳まで元気に遊んで、
そして、痛い所もなく、ぱたりと寝んねして旅立った、
こういう飼い主の許でこういう生活をしてきた子としては、
自然な形での旅立ちではなかったかなとも思います。



se030723-2s.jpg


長く一緒にいて、そして生活の中心だった子がいなくなるなんて、
なんだかまだ信じられなくて、
あ、そこにいるね・・・と、いつも気配を感じているような気がしていましたが、
さぁ、きょうはちゃんとお引越しを見送ってあげないといけません。
ねこせんせい、今度はお兄ちゃんたちと一緒に暮らします。

ありがとうね。

2013.02.07 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。