上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
「せんせい、carry ってどういう意味ですか?」
『辞書を引きましょう。』

「せんせい、ここにある any other って、その後ろは単数形ですか?」
『授業のノートの比較級の項の例文でやりました。調べてみましょう。』

「せんせい、Tom and Jiro って3単現の s はつくんだっけ?」
『Tom and Jiro って何人?』
「2人。」
『3単現の単ってどういう意味だった?』
「単数。」
『単数ってどういうこと?』
「ひとり。」
『だから? Tom and Jiro は、s がつくの、つかないの?』

中学生の英語の問題は、括弧の中に適語を入れたり、書き換えたりするものが多く、
一言言えばそれがそのまま解答になってしまうので、こうやってまわりくどく助言をします。
誰でも調べたりするようなことは、面倒なものですが、
この作業を嫌がる子供が、年々目に見えて増えてきて、
しかも、このような意地悪な言い方にしぶしぶでも調べる子ばかりではなく、
人間せんせいにそう言われたすぐ後で、隣りに聞く子もいます。

『私がなぜ自分で調べなさいって言ったかわかってる?』
「わかってるよ。その方が忘れないからでしょ?」
『わかっているのになぜ?』
「メンドイじゃん・・・。」
『じゃぁ、友達がいないときはどうするの?ひとりで勉強できないじゃない。』
「こんなの知らなくたって世の中渡っていけるしさぁ~。」

そう、まさしくその通り。
このような教科書で、このような勉強の仕方をすること自体が、
もう、時代遅れになってきているのかもしれません。
記憶媒体はもはや脳みその中だけではないのです。

子供たちの学力が低下していると大人たちは危惧しています。
確かに現場で接していても、それは痛いほど実感しています。
論理的に思考することが困難になり、身体で覚えていくことも減少し、
表現も自己中心的で、かつ稚拙になってきています。

中学1年生で初めて出会ったとき、
あれ、この子達、なんか今までの子たちと違う・・・。
階段で言うと、その段だけ高さが違うような違和感。
そういう学年が何年かに一度訪れます。

人間が進化の道を、一歩一歩、歩いていくとしたら、
この学年の子たちの歩幅は、今までよりもちょっと広く、
今までと同じ歩幅で一緒に歩こうとすると、私の足はもつれてしまいます。

今までと同じようなやり方で引っ張ろうとすると、子供たちはついて来られません。
じゃぁ、子供たちの歩く歩幅が狭いんじゃないの?
やっぱり能力は低下しているんじゃないの?

いいや・・・。

今までの意味で言う「学力」は低下しています。確かに。
今までの、そういう「学力」をつけさせようと、私も毎日もがいているのです。

でも、なにをもって「学力」とするのか、ということが、
つまり、評価の基準と、今の子供たちの持っているものとが、
もはや、ずれてきているように感じます。

今の大人たちが作っている、社会の仕組みや流れの中では、
今の子供たちを見て、嘆くことは山ほどありますが、
これから30年、今の中学生が40歳代になり、この国を支えるころには、
今の社会とは大きく様変わりをしているはずです。

学力評価結果のグラフが、年々右肩下がりだからといっても、
もしかしたら、脳みその使い方は、未来においては、大きく変化するかもしれないのです。

「こんなの憶えなくても世の中渡っていけるしさぁ~。」
まさしく子供たち自身の方が、未来をよくわかっているのかもしれません。

今の子供たちは、やっぱり、きっと進化しているのだろうと思います。
例え、その方向が、私たち大人が思い描くのと、何度かずれていたとしても、
世代が変わり、子孫がつないでいく方向が、未来の方向なのです。

従来のものさしは、きっと、アナログ。
目に見えることで量を測っていきます。
学力検査も然り。
子供たちは、そろそろデジタル化しつつあるのかもしれません。

私たちが苦労してこの脳みそに詰め込んできたものを、
身体に鞭打って覚えさせてきたものを、
そうやって積み重ねたアナログの諸々を、
子供たちの時代には、機械や科学や、何か他のものがそれを補うことで、
加法の積み重ね、断片の切り取りでも、
いとも簡単に、乗法の範囲にまで広げていくもかもしれません。
もはや身体ひとつで生きていく時代ではなくなるでしょうから。

私の仕事は短い間に子供が次々と流れていきます。
ふと立ち止まって、迷って、疑問を持って、30年も先のことに思いをはせるより、
短期間に全力で突っ走るしかないのですが、
諸々に目を瞑れない自分がいて、中学生を教えるのはしんどいです。


n-09s-1.jpg


ぼくらは、身ひとつで生きているぞ。
偉いよね・・・でしょ。


kuronekoline.gif



2010.03.30 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。