上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
4月の頃でした。
人間せんせいの住む住宅地の自治会ニュースにこんな記事が載りました。
抜粋すると

”住宅地の公園でのら猫に餌をあげている人がいる、との苦情があり、
 その人と猫が増えるので止めるように何度か話し合いをして、
 納得してもらいました。
 もう一つの公園でも同じ状況であり、対策中です。”

というような内容でした。

苦情があった以上、自治会としては、手を打ちましたよということなのでしょうが、
その対策が、根本解決に何の役にも立たないことは、
猫と暮らしている者たちにはわかりきっています。

自治会長さんは良く知る人なので、
話してみようかなどうしようかなと思いましたが、
その頃は、おばあちゃんが殆ど動けず、人間せんせいも手を取られていたので、
なかなか行動に移せないでいました。

ところが、仕事に行く時、スーパーに行く時、
会長さんと出くわす日が続けざまに何度もあり、
これはやっぱりお告げだと、ある日、
『猫のことでお話があるので、ちょっとお時間を作っていただけませんか』
と声をかけたところ、彼は翌日にやって来ました。

えさやりさんを禁止した所で、猫は他へ移動するだけのこと、
えさやりさんの心情としても、また隠れてあげたくなるだろうこと、
猫を増やさない根本は、避妊だということ、
捕まえるには、えさやりさんの協力が要るだろうこと、
里親探しには、ボランティアグループもあること・・・

猫ブログでは当たり前のことでも、他の人たちにはなかなか浸透していないようで、
会長さんは、へぇ~、はぁ~、としきりにうなづきます。

そして5月の自治会ニュース
”避妊や里親探しをしてくれるボランティアグループがあります。
 のら猫と区別できるように、飼い猫には首輪をしてください。”

文面からは、のら猫を捕まえてボランティアさんに引き渡せば、
彼らがみんなその後をやってくれるような感じがうかがえました。
極端に言えば、ここからいなくなってくれさえすればいいというような。

う~~ん・・・違うんだよねぇ・・・

次にお会いした時に、
『この地域の猫は、私たちで避妊も里親探しもやるんです。』と話したら
会長さんはしばし絶句してしまいました。

やっぱり、そのくらいの認識なのかもしれません。


DSCF6526s.jpg


例えばこの子、
人間せんせいんちの庭にも出入りする大きな男の子。
首輪をしているのでどこかのおうちの飼い猫ですが、去勢をしてありません。
そのおうちでは、男の子なので仔猫は生まれないということなのでしょうが、
うちのない女の子に仔猫を産ませているのは想像に難くありません。

この辺にも、昔ながらの猫の飼い方をしている人たちもまだ多くいます。
管理者のいない猫が往来しても仔猫が生まれても、
目の端に入れて認めてくれるコミュニティならば、それでいいのですが、
苦情という形で声が上がるのなら、
飼い主、餌をやりたい人、止めてほしい人、猫が好きな人、嫌いな人、
それぞれが意見を出し合い、動き、我慢もし、
誰かがやってくれるという他人事ではなく自分たちのこととして一歩踏み出さねばなりません。

DSCF6915s.jpg

DSCF6919s.jpg

実際に動く時には人間せんせいも出動の準備はありますが、
地域猫にするための住民の理解を得るということには、
やっぱり自治会が中心になって行う方がスムーズにいくかと、
印刷物を用意して、半歩進もうとしたら、
ひょんなところからひょんなご縁があり・・・・


続く








2012.07.26 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。