上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
時が流れていくということは鏡を見れば一目瞭然で、
泣いてもわめいても、遡ることはできません。
自分の顔なんぞ、遡ったところでどうっていうこともないのですが、
歳を重ねて弱っていく親を傍で見ていくことになるのは、
やはりつらいものがあります。

おばあちゃんは、ここ数年、寒くなると身体が痛くて元気をなくしていましたが、
春になって庭の花が咲くころには外へも少しずつ出るようになり、
植木の手入れをするうちに、元気を取り戻していました。
また、昨年からはステロイドも服用して、だいぶ楽になったようでした。

それが、この春はどうもいけません。

昔からの持病と「筋痛症」と、そして今度は新しい痛みの検査とで、
ここしばらく病院通いが続いていました。
そして、結局、神経ブロック注射やら座薬やらを使い、
痛みを遮断する対処療法しか手立てがないようでかわいそうです。

人間家族の姉もよく来てくれているので、
人間せんせいは仕事にも実家にも行けますが、
家事がやや困難なので、なるべく昼間は傍につくようにしています。

仕事の準備も粘土ちまちまも、彼女の傍らでできるし、
家事ももう一人分、そんなに苦ではありませんが、
一番心配なのは、彼女の気力が萎えてしまっていることです。

もうすぐ、もう少し暖かくなってきますから、
そうしたら、薬が効いている時に少し散歩にでもぼちぼち出てみようと、
そんな日が来ると、人間せんせいはどこかで楽観しているのですが・・・


ところで、そんな風に何かと時間を取られる日々でしたが、
友達が世話をしているお外の子達の捕獲・手術にも精を出していました。
女の子2頭と、土曜には男の子「にゃじら」も捕まり、無事手術を済ませました。


nyajira120422-2.jpg


nyajira120422-1.jpg


「にゃじら」君、オッドアイで、
人間せんせいは初めて生でこういう子を見ました。

ふふ。なんか、ラッキーの印?


2012.04.24 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。