上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
DSCF5037s.jpg


人間せんせいんちです。
なに、個人情報を晒しているかというと・・・


DSCF5037-1s.jpg

おや・・・?


DSCF5037-2s.jpg


おやおや~~っ!!





もう一度最初の写真に戻ると

DSCF5037-3s.jpg


またまたやってくれました。
お転婆「茶こちゃん」です。
おばあちゃんちの大屋根に上ってしまいました。
上るだけなら、いくらでも上ってくれて構わないのですが、
降りられなくて、彼女は困っています。



DSCF5043s.jpg


おばあちゃんが段ボール板をこのように渡してくれましたが、
どう見てもふにゃふにゃして、足場が悪く、
それを渡って「茶こちゃん」が降りてくるとは思えません。

実は、「茶こちゃん」がここの大屋根に上ってしまったのは2度目で、
前回は、人間せんせいが留守中の出来事で、
おばあちゃんがこのようにしたら、彼女はひとりで降りてきたというのです。

それで、おばあちゃんは今回もこうしてくれたのですが、
う~~~ん・・・

嫁と姑、タイミングを計り、厚意を無にせぬように気を付けながら話して、
ふにゃふにゃの段ボールを木材の板に替えてもらいました。
ベランダの反対側にはテーブルを置き、そこにどすんと降りてくればと期待しましたが・・・

DSCF5055s.jpg


DSCF5072s.jpg

「茶こちゃん」は、身体を乗り出して降りようとは試みるのですが、
やっぱり怖いらしく、途中で引き返してしまいます。


DSCF5058s.jpg

偉いもので、
母猫の「ザッツン」がベランダの所まで来て
「茶こちゃん」に声をかけます。

頑張れ「茶こちゃん」!



実はこの写真の前日の夕方から降りられなくなり、
この写真の時にはすでに20時間近く経っています。
人間せんせいは前夜ご飯の時に気が付いたのですが、
朝になれば・・・と高をくくっていました。
でも翌朝にも屋根の上にいて、
それで上の写真のような状況になったのです。


DSCF5028s.jpg


彼女は、おばあちゃんちと人間せんせいんちのつなぎ目の、
雨に濡れない所で夜を明かしたようでした。
そう、夜には霧雨が降ってきていました。




声をかけて励ましたり、かりかりの音をさせてご飯で釣ってみたり、
色々やってみましたが、「茶こちゃん」の勇気は出ないようで、
この夜のご飯にも降りて来られませんでした。
彼女には2晩目の夜になるところでした。

彼女が屋根に上ってから30時間くらいが経ちました。
今までの経験上、人間が手を出してもそれにすがってくることはなく、
かえってパニックを高めるだけで・・・

人間せんせいは、ベランダに置いたテーブルの上に立って、屋根を覗きこみ、
ご飯をちらつかせてこちらへ引き寄せようとしたのですが、
案の定、「はぁーーっ!!!」と、今までしたことがないような形相で、
「茶こちゃん」にあっちへ行けと言われてしまいました。

しかし、ご飯はとりあえず、でも、お水も摂っていないのが心配でした。
この夜が明けたら、人間せんせいが大屋根に上り、
彼女がまだ興奮していたら、
人間せんせいも数時間屋根で過ごすくらいの覚悟で、
いつものように傍に寄って来るまで待って、バスタオルで抱っこしようと、
頭の中でシュミレーションをして、朝を待ちました。


やっぱり「茶こちゃん」は、人間の手を借りずに自分で降りてきました。
人間せんせいが朝起きた時には、、もう彼女は屋根から降りて、
いつもの玄関ポーチでご飯を待っていました。

おなかすいたね・・・
勇気を出して偉かったね・・・
たくさんどうぞ♪

DSCF5078s.jpg


屋根で過ごす2晩目は、雨が本降りになって来ていて、
「茶こちゃん」も意を決したのでしょう。
風邪をひいてる様子もなく、どこか具合の悪そうなこともなく、
ご飯をもりもりと食べ、なぜだか、この朝は、
いつまでも人間せんせいの膝にすりすりしていました。



おばあちゃんは、ベランダへの足場になる柿の木を切ってしまおうと言っていますが、
人間せんせいは、今になって気が付いたことがありました。

うちには、キャットタワーがあったじゃないか!

v040109-05s.jpg


180cmくらいあるでしょう。
天井突っ張りタイプではないので、ベランダにどっしりと置けます。
大屋根から難なく飛び移れる高さのはずです。
ただし、人間せんせいひとりでは動かせませんが・・・

「茶こちゃん」~~~、また上っても大丈夫だよ~~!



2012.03.07 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。