DSCF4573s.jpg




ねこせんせいはただ今、17歳と70日くらいです。

フランが12歳半、シュヴァは15歳半、
マイクが17歳と40日くらいでそれぞれ星に帰りましたから、
ねこせんせいは、人間せんせいんちの歴代ねこ君たちの中で一番のご長寿になったわけです。
これはめでたい!

彼は、小さい子たちの英語教室会場の幼稚園に紛れ込んで来て、
そのままレッスン仲間にちょこりんと加わり、
レッスンが終わってもずっとそこにいて、人間せんせいは置いて帰れず、
家に連れ帰って来た3カ月くらいの仔猫でした。

それまでに我が家に来た仔猫達とは違って、
頭はでっかいし、手足も太くて、まるでライオンの仔のようでした。


se-055.jpg


好き嫌いなくよく食べ、おなかも壊さず風邪もひかず、
ただの一度も、警戒したり怒ったり、すねたり喧嘩したりもなく、
猫にも人間にも友好的で、すくすくと育ち、
大人になる頃には6.8キロにまでなりました。

すくすく、まっすぐに育っているかに見えましたが、
実は、彼なりに我慢していたようで、
2歳を超える頃から、あちこちにスプレーをするようになってしまいました。

お陽さまの当たる暖かい場所は僕のもの、
冷蔵庫の上は僕のもの、
興味津々の電化製品、僕のもの、
くんくん何か匂いのするごみのポリバケツは僕のもの、
お母ちゃんの匂いがするひざ掛けは僕のもの・・・・と思ってかどうか、
ありとあらゆるものに、ちゅっちゅちゅっちゅとスプレーして早15年。

木造の家は崩壊の一途をたどり、
電化製品はじめ、諸々は次々と破壊され、
危ない所にはペットシーツやカバーがかけられました。

人間たちは、最初は困り果てたものの、
今では、それも彼の個性だと、
濡れて困るものは避難させればよい、壊れたら修復すればよい、
家は、いつかリフォームすればよいと、何も怖いものはありません。


さて、1年前の検診に比べて、今回は、
やっぱり腎臓の数値が少し上がっていました。
それでも、この年で6キロの体格は立派です~♪
1年間でこのくらいの数値の上昇ですんでいるのは大したもんです~♪ と、
お医者様に褒められて、ねこせんせいも人間せんせいもほっ。

腎臓サポートのご飯を食べ、大量のお水を飲んで、
ねこせんせいは、来年も、きっと元気印♪


se-01-s.jpg






でも・・・

人間せんせいは、お正月のおみくじを、今年もまたひかないと思うし、(関連記事)
今度は1年待たずに、半年後に検診だなとも、密かに思っているのです。



2011.12.17 


Secret