上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
v031208-11s.jpg



v031208-17s.jpg



v031208-44s.jpg


び~ぼはその泥棒ひげのせいかどうか、
仔猫だというのに、なんだか親父顔でした。

2003年12月の日記です。

******************************************



人間家族は「伝助」と勝手に呼んでいますが、 
あくまでもそれは仮りの名だと人間せんせいは言い張っています。 
まぁ、口に出すには呼びやすくていいのですが、 
万が一脱走して、外を捜索するときに、 
「でんすけぇええ~~っ!」では、ちと、カッコ悪いし、 
何かの折りに「伝助ちゃんのママ」と呼ばれたり、 
まして「伝助ちゃんちの人間ちゃん」などと呼ばれては、 
あまりにも語呂がよすぎて閉口してしまいます。

最初に来たマイクが英語名、フランがフランス語名、 
シュヴァルツがドイツ語名、ねこせんせいが日本語名、ときたので、 
ちび君はイタリア語とかロシア語とかスペイン語とか、 
だんだん馴染みのない言語から探さねばなりません。

イタリアといえば・・・と、映画の中やら音楽用語から探しましたが、
そもそも知識がないのですからなかなか候補がなく、
うんうんと唸りながら決めた名は・・・
 
じゃぁ~ん! 
 
Vivo「ヴィーヴォ」君です。 
「生き生きと」という意味になります。 
 
人間せんせいとしては発音は大事にしたいところですが、 
日本語の表記文字として「ヴィーヴォ」というのは見にくいので、 
表記は「び~ぼ」、ほら、人間せんせい好みでしょ♪ 
 
英語で言う vivid に通じるのでしょうか。 
白と黒模様もはっきりくっきり、ちょびひげも vivid だし、 
覚えやすくて呼びやすくて、他の子たちと音が似ていなくて、いい感じ。 
そして、ひもじくても虫に集られても、ひとりでこれまで生きてきた、 
こんなちびちゃんが、これからはもっと元気に生き生きと、 
そんな気持ちを込めて、Vivo 「び~ぼ」君です。


び~ぼ君はやっぱり今どきの子で、 
最初に進呈した段ボールの部屋におとなしくいたのは1日だけ。 
できそこないのボロ屋はいやですと、 
翌日にはいっぱい付けてあげた窓をひっかき破って脱出していました。 
 
仕方がないので以前ベランダでねこ隊が使っていたケージの半分を組み立て、 
今度はメゾネットタイプ、軽量鉄骨のマンションに住み替えでした。 
掃除がしやすいように、寝室から予備室へも引っ越し、 
ビ~ボ君にとっては自由になる敷地付きでした。 
 
ところが、び~ぼ君はさすがに今どきの外で暮らしたたくましい子、 
なんとピッキング技術も習得していて、 
そのマンションも、3日目には、勝手にドアを開けてケージを飛び出し、 
そうなったらもう、この部屋みんなあなたのもの~と、 
予備室で好きにさせていました。 
「うんぎゃぁ~!」と叫べばすっ飛んで来る召使い付きでした。 
 
ちび君主の「うんぎゃぁ~!」の頻度が日に日に高まり、 
お医者様に行ってワクチンも打ち、耳の虫も大丈夫ということで、 
予備室の扉を開放し、さぁ、今度はこの家全部あなたのものです、と、 
2階のリビング、初デビューを果たしました。 
 
び~ぼ君にとっては、見るもの触るものみんな刺激的らしく、 
もう、召使いは用無しですと「うんぎゃぁ~!」はなくなりました。 
なかなか探求心旺盛で、どこにでも積極的に入り込み、 
未知なものへ立ち向かう勇気もりんりんで、見つけた物は引きずり出し、 
また、適度な残虐性も兼ね備えていて、それらをちょちょって弄びます。 

*********************************************
  

さて、リビングデビューし、兄ねこ隊たちのビ~ボ君への反応はどうかというと・・・

(続く) 

2011.08.30 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。