上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
朝はひどいどしゃ降りでしたが、夜には止みました。
でも「うっしぃ」がご飯に欠席で、
門扉をかちゃかちゃして音を立てたりしましたが来ません。

昼間歩けなかったので今散歩に出ているのかなと、
お向かいの公園の方へご飯を持って探しにいったら
そこで出会いました。

『やぁ!』

「うっしぃ」がご飯を食べている間、近くでしゃがんでいると
女の人が近づいてきました。

あ・・・公園であげてヤバいかな・・?

「この子にご飯をやってくれるんですね、ありがとう。」

ほっ・・・


人間せんせいにとってはどういう生い立ちなのか謎の「うっしぃ」でしたが、
その方にお話を聞くことが出来ました。



ussi.jpg



「うっしぃ」は10歳くらいのおばちゃんで、
以前はこの近所の家の飼い猫だったと。
その家で犬を飼うからと外に出されたのだそうです。

ほら!
だから!


彼らは当たり前に生きているだけ。
生きていることをまるで罪悪のように言い、
勝手に彼らの生をどうこうしているのはいつも人間です。

猫を嫌いな人がいても当然ですが、
ひっそりとしたその生に、どれだけの罪があるというのでしょう。

この女の人は以前「うっしぃ」にご飯をあげていましたが、
その公園の隣りのマンションで問題視され、
そこに住む以上約束事が取り交わされたのだそうです。

でも、大丈夫。
公園でご飯がもらえない約束事があるならば、
向かいの我が家に来さえすればご飯にはありつけるから。

時々「ちびちゃん」や「茶こちゃん」に
はぁーーっ!! あっち行け と、されてしまうけれど、
「こせん」や「クーちゃん」とは、こんにちはの挨拶もするし。

雨に濡れると嫌だなぁ・・・
あのチビらにうなられると嫌だなぁ・・・
そんなストレスより、食べたいが勝つから、毎晩やって来るのでしょう。


がんばれ「うっしぃ」
いや、本名は「トム」だそうです。



関連記事

「うっしぃ」の秘密。。。真夜中のワルツ

2011.08.20 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。