人間せんせいが中学に上がり、今の時期になると、
中間テストのため部活はお休みだの、
職員室には入室できず、先生を入り口で呼んでもらうだの、
なんだか物々しく、何事が始まるのかとどきどきしました。

その頃、中間テストは「中間考査」といいました。

ちゅうかんこうさぁ~~???

そんな日本語も知りませんでしたし、
この間まで小学生だったので、テスト週間というのが想像できず、
何か大変な行事だという緊張感だけが伝わりました。


今、人間せんせいの目の前の子どもたちも緊張しています。

「一日テストばかりってなんかやだ~」
「早く帰れるらしいよ♪」
「理科や社会の勉強ってどうやるの?」

中学1年生の英語の中間テストなんて、殆ど学習していることがないので、
アルファベットを正確に書けるようにするとか、
自分の名前を書けるようにするとか、
せいぜいが、レッスン1のページの英文だけです。

それでも、この科目は小さなミスをしやすいこと、
文字や記号をきちんと書かないといけないこと、
先生が読める文字を書くこと、
そして丸暗記すればできちゃうこと、など、何度も練習をしていきます。

大人から見れば本当に簡単な問題ですが、
基本の基本、ここで満点が取れれば、ニコニコ得意科目になれる・・・・


なれない
なれない   (ー”ー;)  


1学期中間の英語なんて、誰でもいい点が取れてしまいますから。


が、不思議なことに、
90点でニコニコの子と、80点でニコニコの子と、
100点でニコニコの子では、その後が少しずつ違ってきます。

100点を取らせないと、その後も小さなミスをするようになるのです。
学習する内容が少ない今、
隅々まで目を配ってミスをしない癖をつける、
これが1年生の1学期中間テストの一番の目標になります。

定期テストや入学テスト、それらが今の形態で行われる限り、
一つのミスの命取りを、今のうちから習慣づけます。

さて、あともう1週間!


と言いつつ、
人間せんせいは、きょうから公開の「パイレーツオブカリビアン」
仕事帰りにレイトショーで♪

ごめんよ~、みんな。
頑張っておくれ~。


DSCF2886s.jpg



DSCF2860s.jpg



DSCF2799s.jpg

今年はだいぶ遅かったスズラン。

もう何十年も昔、まだ学生の頃に、
北海道に行った記念に、ひと苗のスズランを人間家族に送りました。
体育会系の男の子に、花の苗なんぞ送っても喜びもしなかったでしょうが、
おばあちゃんが大事に植えてくれて、今では30も40も株が増えました。

ありがたいことです。


kuronekoline.gif

2011.05.21 


Secret