それは、まるで、
ある日突然、空から真っ黒いマントが降ってきたような
そんな感じでした。

彼や彼女や、そして私の、無防備な背中にひらりと舞い降りたかと思うと
あっという間に、くるっと包み込んでしまい、
そして、笑みを奪い取ってしまったかのような

ここ数年、12月頃になると、おばあちゃんは手足が痛くなり、
手足の痛みは身体全体の不調となり、
そして、心の不調にまで広がっていきます。

何もする気が起きなくなり、笑わなくなって、
外にも出なくなっていきます。
今年は例年よりも寒さが続くのと、先日の地震とで、
今までよりも更に寝付くことが多くなってしまいました。

一緒にお散歩に行こうよ。
一緒にお風呂に入ろうか。
痛かったら全部してあげるから、大丈夫だから。ね。

血がつながっていればもっと心を許すのか、
もっとわがままになるのか、
もっと甘えられるのか、
または、もっと突き放してしまえるのか、
もっと優しくできるのか・・・?

そして私はといえば、
キャンセルの仕事がたくさんあり、時間はあるはずなのに、
家の中でばたばたした後、ふっと気が抜けて、
次に何をしなければならないのか、
何をするつもりなのか、
何をしたいのか、
もやもやするばかりで、結局何も手につかない・・・
そんな2週間が続きました。


連休が終わり、幼稚園での英語教室が再開されました。
久しぶりに会う子供たち、
そして火曜と金曜の仕事はとりあえず固定され、
少しずつリズムが戻ってきました。

27日の日曜日はおばあちゃんの大事な孫、
夫の姉の子、甥の結婚式でした。

留袖を着る私も、思い切って髪を切り、
やれ、半襟をつけておかなくちゃ、着付けの手配もしなくちゃと、
ぼんやりする暇がなくなり、
おばあちゃんもお式の日に向けてだんだん外にも出る気持ちになってきました。



DSCF1394s.jpg



地震の影響で目が回るような忙しさで仕事をするうち、
かわいい孫の晴れ姿を楽しみにするうちに、
仕事が再開され子供たちの笑顔に触れて、
彼や彼女や、私を背中から抱いていた黒いマントは

ぱらり・・・・

どこかへ飛んで行ったみたいです。


そして
明日からは少し暖かくなるんだって♪


DSCF1403s.jpg




kuronekoline.gif







2011.03.29 


Secret