上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
被災地方の友人とも連絡がつき、
実家が向こうにあるという友達の家族も無事で、
盛岡へ旅行に行っていた義理の兄も無事に帰って、
そして、ブログのお友達も無事が確認され、
本当に本当にほっとしています。

いつもと変わらず元気に見えたねこ隊は、
余震が続き、ひとたびぐらっと来ると、小さいのでもびくっと構えます。

本当に揺れているんだか、揺れてる感じがするのか、
いつも船酔いみたいな感じで気持ちが悪く、
おばあちゃんは寝込んでしまうし、
人間家族は仕事でぎりぎりだし、
自分の仕事でも、学期末、そしてすぐに新学期、
能天気が取り柄のさすがの人間せんせいも下を向きっぱなしの1週間でした。

しばらくぶりにネットに顔を出してみれば、
みなさん、支援のリンク、非常時の際のお助けリンク、
たくさんの情報が記事になっており、
自分ひとり、何をうつむいているのだと、ちょっと自分に喝を入れているところです。

多分、グズを返上しなくちゃならなくてリズムが狂っているのです。

ここ関東は計画的に停電が行われており、
住まいの地域によってグループ分けされ、
そのグループごとに時間割で3時間ほど停電が行われています。
とはいえ、該当グループに入っていても停電を免れることもあり、
その時間にならなければわかりません。

それは、少しでも通電する地域を増やしてくれていることでありがたいのですが、
毎日、きょうは何時から停電だと確認し、
停電を避けての授業時間も曜日も毎日変わり、
停電前に家事をやってしまわなくちゃとか、
ねこ隊のご飯はきょうは早く、きょうは遅くとか、
きょうは何時におばあちゃんをお風呂に入れようかとか、
気温が下がっていれば、その前にねこ隊やおばあちゃんに湯たんぽを沸かしておこうとか、
停電に合わせた毎日のやりくりにばたばたした挙句、
ドキドキしてその時間を待っているとその日は停電は免れた・・・とか、
高まった緊張が、ほよほよ~っと抜けて、
その繰り返しに胃がキューンと痛みます。

北の地を思えば、または、こちらでも店舗などの混乱を思えば、
一般家庭のリズムの狂いなど何でもないはずですが、
今までいかにマイペースで暮らしてきたか、
なんとも情けない人間せんせいのばたばたぶりでした。


さて、計画停電2週目、
今週は少し慣れて、少しどっしりと構えられますように。
小さい子のレッスンも再開できるように準備をしなくっちゃ。


人間せんせいのばたばたぶりを労おうと、
外ねこ隊からの貢物も、あの後4回続きました。
埋めたのが浅かったのか、
「せっかくプレゼントしたのになぜ埋めてしまうのですか」と、
また掘り返してきたり、別の鳥を獲ってきたり。
犠牲になる鳥はかわいそうですが、
それだけだんだん暖かくなっているということでもあります。

早く、早く、春が来い!
今年は北から春が来い!
今年ほど、そう思う年はありません。




1199-1200-Opt.gif



kuronekoline.gif



2011.03.22 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。