上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
子供のころ、霊柩車が来たら親指を隠さないと、
親が死んでしまう、ということを聞きました。
それは、何の根拠もない、子供の間の迷信なのでしょうが、
素直なちび人間せんせいは、それを聞いた日から早速実行し、
大人になっても素直な人間せんせいは、今でもまだ、実行しています。

ところが、ずっと何十年も疑問に思っているのが、
いつになったら、親指を出してもいいのか、ということです。

視界から外れたら、もういいのかもしれませんが、
でも、後ろを振り向いたら、まだ霊柩車がいるような気がして、
なかなか自分でOKが出せません。

あの角を曲がったら・・・、
あと100数えたら・・・、
今度青い服を着た人に出会ったら・・・、
なんて、そのときそのときで、親指を出すタイミングを決めます。

困るのは、運転中です。
グーのままハンドルに手をやりますが、
咄嗟のときがあったら、数秒でも対応が遅れるでしょう。

他人の命をとるか、親の命をとるか、
はたまた、自分の命をとるか、
これは、難しい選択です。

何年も何年も考えて、
はらわたが引き裂かれる思いをして、
それで、運転中のみ、霊柩車とすれ違って後ろに行ったら、
もう親指を出してしまうことにしました。

きょうは、霊柩車とすれ違ったのですが、
ちょうど車線に合流するときだったので、
いつもにも増して、早く親指を出してしまいました。
親不孝な娘です。
実家に行っても、父や母の顔をまともに見られませんでした。

かと言って、車線に入れてもらう際、
ありがとうと手を上げるのには、まだグーのままで、
後ろの車のおじさんには、ガッツポーズをしてしまいました。

やっぱりグーからパーに戻すタイミングは、むずかしいです。







kuronekoline.gif

2011.03.04 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。