上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
マウイ島には「ハレアカラ」という休火山がそびえていますが、
3度目にして、今回やっと登って来ました。
いや、頂上まで車で・・・

出かける日、東京23度という汗ばむ中、しかもハワイに行くというのに、
無理に防寒具を着て大げさなかっこうで飛行機に乗り込みました。
しかし、到着すればそこはやっぱりハワイ、
コートを着て、手袋もスカーフも持ってくる人なんているはずもありません。

いえ、いるのです。
あとになって判明しました。

兄がまとめたマウイのあれこれ、ネットから取った記事には、
ハレアカラの日の出ツアーは、極寒のスキー場と同じと・・・
子供にはスキーウエアー、手袋も帽子も必要と!!

それもそのはず、ハレアカラは富士山よりもちょっと低いものの、
3000メートルを越す山なのでした。

それでも、日の出の時刻に出かける根性は4人とも無くて、
だらだらと午前中を過ごし、昼下がりになってから日没を見に行ったのでした。
急な山道を上がっていくにつれて気温がぐんぐん下がり、
午後から出てきた低い雲なぞは途中で追い越してしまいました。




ハレアカラの用意をかねて厚着をするのだと、
出発時に着込んだぶくぶくの人間せんせいを横目で笑い、
半そでのTシャツ、綿のブルゾンで日本を出てきた人間家族が、
おっほっほ、頂上では死にそうな形相で立ち尽くしていました。


ひゅーひゅーと横殴りの風が吹く中、じっとこらえ、
きれいな夕陽、まぁ、日本の夕陽と全く変わらないものでしたが、
とりあえず、おぉ~と感動して見せたものの、
心の中では「寒いよぉ~~!」と、
きっと、4人が4人とも思っていたに違いありません。






しかし、本当の感動は日没後に訪れました。

帰りの車の中、助手席の人間家族も後部座席のジョセフィーヌも、
もうハレアカラには用はありませんとばかりに、
ぬくぬくした暖房の中、こっくりこっくり始め、
運転手を信用していない人間せんせいだけが、
ガードレールもない真っ暗な山道を下って行くのを、
不安げに見守っていました。

そして、ふと窓の外を見ると、空一面の降ってくる星々!!

「わぁああ!すごいよっ、星がっ!!」

車を止めて4人で口を開けて上を見ると、
きらめく星の間をミルクを流したような跡がはっきりと・・・

兄夫婦は山に登るので降るような星も珍しくもないのでしょうが、
人間せんせいは2度目、人間家族は初めて見る天の川でした。
そのほとりには、日本では季節はずれのヴェガとアルタイルが。

織姫と彦星、年に1回じゃないじゃん・・・
ここでは毎日会えるんだ。
よかったね。

山を下るにしたがって1枚脱ぎ2枚脱ぎ、
下界に付いたら、やっぱりハワイ。

不思議な島だな・・・
アンビリーバボー・マウイ♪


kuronekoline.gif

2006.12.10 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。