上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
成田空港へ行くには、2つ先の駅から直通電車が出ています。 
帰りは空港からその駅までリムジンバスが出ているので、 
到着ロビーからすぐ出たところのバスに乗ったきり、楽ちんです。 
いつもそうやって行っていました。 
 
でも、今回は朝が早いので、前日から実家に泊まり、 
都内の駅から直通電車に乗る予定でした。 
 
ところが、前泊する日が実家へ仕事に行くのと同じ木曜日だったので、 
いつものように疑いもせず車で家を出ました。 
実家に着いて、ガレージの扉が閉まっていることに首を傾げ、 
それと同時に、きょうは車で来てはいけなかったと気が付きました。 
 
そう、それでは帰りに成田空港から自分の家に直行できないのです。 
成田から一度実家に戻り、再び車を運転して帰ることになります。 
19時頃の便で到着するとはいえ、 
家に帰り着くのは早くても22時過ぎになってしまいます。 
 
あやや・・・前途多難。 
 
と、こんな風に出だしからずっこけたのでしたが、 
2度目のテニアン、少しは様子がわかり、 
今度はあちこち周ることができた、ような・・・。 


sensei_7396942856846881a[1]


 
といっても、伊豆大島と同じくらいの小さな島で、 
島の端から端まで20分もあれば、きっと車で行き着いてしまいます。 
島内観光はどこへ申し込めばいいのかな? 
 
フロントに行ってもホテル側では受け付けていないということで、 
お向かいのアクティビティロッジへ行ったら、 
スクーターを2時間貸し出してくれるということでした。 
なんと、免許も要らないんだって。 
まっすぐな一本道で、ねこでも行けるし、対向車は滅多に来ないし、 
77歳の母は免許も持っていないけれど、タンデム仕様のスクターもあり、 
う~~ん、母を後ろに乗せて、何とかなるかなぁ・・・・。 
 
76歳の叔父、73歳の叔母、そして77歳の母を後ろに乗せて、 
25歳の人間せんせいが・・・・へへっ、大うそ! 
充分中年の人間せんせいとで、ぶるるるる~~と隊を組んで走る老人暴走族、 
こりゃ、傍目には楽しそうな一行だけど、 
炎天下、万が一何かあったら、と思うと、賢い選択とも思えません。 
 
それで、またフロントに行ってガイドさんを紹介してもらい、 
自分で交渉することになりました。 
 
車でゆっくりまわっても2時間。 
ひとり20ドル。よしっ、OK♪ 手を打ちましょう! 


sensei_7396942856846881b[2]

 
 
kuronekoline.gif

2003.11.23 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。