小さい子の英語教室では、
簡単な英語を使って、なぞなぞをしたりします。

『I'm a cat.』
『But I'm a robot,too.』
『I don't like mice.』
『I can fly.』
『I really love dorayaki.』
『What am I ?』

「Are you Doraemon ?」

『That's right !』
というわけです。

では、第2問。

『I have four legs.』
『I'm very big.』
『I can't fly.』
『I have a long nose.』
『What am I?』


「う~~~ん??」

なぜか子供たちは考え込んでいます。
そこで、もう一度、

『I have a long nose.』

ジェスチャー付きで言います。
これでわかるはず。

でも、誰も答えません。
あれれぇ~~?

『I'm very very big !』
『I have a lo~~ng nose.』

「Oh ! Are you an elephant ?」

『You are right !』


『なんでわからなかったのかなぁ・・・?
 long nose だから、すぐわかると思ったのに。』 と、
人間せんせいが言ったら、
一人の子が言いました。

「最近象のことを忘れてた。」

すると、ほかの子も、うんうん、とうなづきます。
「忘れていたよねぇ~~。」
「いろいろ忙しかったしねぇ。」

え・・・?
そりゃぁ、私だって、毎日、象のことを考えているわけじゃないけどね・・・・。

子供と一緒にいるのは、楽しいです。

rhino-5.jpg


kuronekoline.gif

2010.02.12 


Secret