上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
外ねこ隊の寝場所は、キャンバス地のキャリーバッグの中。
冬にはふかふかドームを入れて、下も、ふかふか座布団にふかふかマット。
キャリーバッグは自転車カバーで覆い、軒下で雨にも濡れないはずです。

最低気温が3度、4度となる頃に、
彼らの寝場所に湯たんぽを入れ始めました。
もちろん厚手のふかふかカバーに入れて、熱くないようにしてあります。



DSCF0863s.jpg



みんなにっこり、大喜び~♪ を想像していたのに、
なんと、夜中に覗くとあっちもこっちも、もぬけの殻!

朝キャリーの中をさぐると、ドームの天井がへこんでいて、
キャリーとドームの間で寝ていた様子。

そのうち、朝ご飯にもぽろぽろと誰か欠け、
「クーちゃん」しか顔を見せない日もありました。

あれれ、おかしいぞ・・・


もしかして、これに湯たんぽを入れたら暑すぎるのかなぁ・・・?

湯たんぽを小さいサイズにして、袋も二重にしてみましたが、
下からほんわか温かいのかどうか、ドームの上やキャリーの上で寝てたりします。
外で風を避けて寝るのが当たり前だと、身体が慣れているのかどうか・・・

でも、HAPPYねこ隊は、室内にいるにもかかわらず、
それでもぽかぽかマットの上やおこたの中、ヒーターの前と、
できるだけ温かいところを見つけます。

それを見ていると、さぞかし外のねこ君達は凍えているだろうと
胸を痛めるわけですが、
過保護ですよと、外ねこ隊に諭されているようです。

それで、1週間ほど湯たんぽを入れないで様子を見ました。
もちろん、みんな変わりなく元気です。
夜中にそっと玄関ドアーを開けてみると、
眠そうな目で、それでも何かもらえるかと、
のそのそ、5つのベッドから6頭が出てきました。

やっぱり、野ざらしよりはそこが温かいのがわかっているのね。
う~ん、これが一番外ねこ隊にはいいってことかなぁ。

今年一番寒いですよと天気予報で言われれば、
どきどきして心配になります。
で、今夜、二重袋の湯たんぽを更にマットで包んで、
ベッドの奥の方に入れて来ましたら・・・

せっせとお湯を沸かし、わっせわっせと5つ運んで、
よいしょと奥へ入れ込んだりしていたら、
人間せんせい、身体がぽかぽかしてきました。

そっか・・・
今夜は夕べよりは暖かいかもね。
でもって、こうやって外を元気よく遊んで歩くから、
みんな、身体もあまり冷えないのかもしれないね。

まだみんな若い子だし、
風邪を引いている子もいないし、
様子を見ながら、5度以下で入れる基準を0度以下にしてもよさそうです。

そして、来冬に向けて、少しずつ、
お魚屋さんで、発泡スチロール箱をもらってきましょう。
それなら、外気を通さず、自分の熱がこもってそれだけで温かいでしょうから。



今、見たら、やっぱり今夜もキャリーの上で寝ていました。

2011.01.12 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。