上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
月曜日に、手術をした「茶こにゃん」を迎えにいきました。
帰りの車の中でも泣きっぱなし。

ひと晩お泊りの病院では、ご飯はもらえるようですが、
お水はどうなのだろうと、とろみのついた缶を用意したので、
信号待ちの時に、スプーンですくってケージのバーの隙間から差し出しました。

怒っていた「茶こにゃん」
ウーウー、ワーワー、むにゃむにゃべろべろ、うにゃうにゃウルルル・・・
怒りながらスプーンもぺろぺろし、声が・・・ミックス、
人間せんせいを笑わせてくれました。

「黒こにゃん」リリースの時のワンクッションに味を占めた人間せんせいは、
外の子達のこの日の朝ご飯を、心持ち少なめにしておきましたので、
車の音を聞いて、みんな、やっぱり玄関ポーチに集合~♪

裏へ続く逃げ道の一番奥に、ご飯とお水を置き、
さぁ、みんな待ってるよ、と「茶こにゃん」をリリース。

「茶こにゃん」は、みんなの所に駆け寄ったりはしませんでしたが、
人間せんせいの想像通り、逃げ道の奥へ行き、まずお水を飲み、
そして、ご飯も少し食べた後、しおしおと向こうへ消えました。
きょうは静かなところで身体を休めるのでしょう。

そして、この日の夕ご飯、
玄関を開けると、待ちかねた外ねこ隊のみなさんは、
いつものように、あーん、あーんと大合唱。
はいはいと、召使いは足元に寄る子に次々とお皿を置いていきます。

すると、上の方から小さな声で、もうひとつのあーんが聞こえ、
振り向くと「茶こにゃん」が花台・・・今はねこ台・・・のお布団の上で人間せんせいを呼びました。

『よく来たね。偉いね。』
人間せんせいはほっとして、花台のお布団にお皿を置き、
「茶こにゃん」はそこに座ったまま、ご飯を食べました。

そして翌火曜日も、朝から皆勤賞♪
背中も撫でられて、また以前の風景になりました。

よかったよかった。
何度でも書きましょう。
終わってしまえば、結果オ~ライ♪



で・・・ね、
やんちゃで甘えっ子で、男の子かと思った「茶こにゃん」は女の子でした。

わわわわわ。
6頭手術をしたうち、「こせん」以外、5頭が女の子でした。

あのまま我が家の周りにいたら、今頃は、来年は、どれほど増えていたことでしょう。
そして、今までがそうだったように、次から次へと代が替わり、
たまに庭を通り過ぎるだけだったけれど、
何年もしないうちに顔を見せなくなる・・・そんな日々。

これでよかった。
・・・と、人間せんせいは、また顔が上がりました。


DSCF0343-s.jpg

女の子のしるし、左の耳カットの「茶こにゃん」





DSCF0340-s.jpg

「黒こにゃん」もいつもの場所で





DSCF0339-s.jpg

いつもの朝の風景



kuronekoline.gif





2010.11.17 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。