木曜日・・・「黒こにゃん」ケージ脱出、手術キャンセル。悲しげに泣きっぱなし。
       ご飯はケージの中に入れる。
       見ているうちは食べようとしない。

金曜日・・・部屋の隅の家具の下にもぐる。頭隠してお尻隠さず状態。
       部屋を歩き回っているようだが、2階からの足音が聞こえると急いで隠れるようで
       中で慌てている様子が扉越しにうかがえる
       ご飯はきれいに空っぽ。ケージには入って食べているということだ。
       トイレの始末の間は泣き止む。
      
土曜日・・・窓を開けたらへっぴり腰で窓際に行き、顔を見せる。
       耳は寝せて、恐怖全開モード変わらず。
       トイレの始末をしている時には泣き止んでじっとこちらを見ている。
       人間せんせいが部屋にいるうちはご飯は食べず。
       でも、次に入室すると完食している。
       全く泣かない時間もあり、何時間かは寝ている様子。

日曜日・・・ 起きている時には悲しげに泣くのは変わらず。
       入室しても隠れはしない。窓際にいる。
       夜のご飯をケージの中に入れて、いつものように1・5mくらい離れて座ってそこにとどまる。
       ご飯が食べたくて、人間せんせいがいても恐る恐る警戒しながらケージに入りご飯を食べる。
       1・5m先で「黒こにゃん」がケージに入っているが、人間せんせいぐっとこらえて動かず。
       ご飯を食べ終えて、でも、人間せんせいを見て出られなくて、
       「黒こにゃん」ケージの中にとどまり座る。
       人間せんせいはまだまだこらえ、石のように動かず。

月曜日・・・朝ご飯、ケージの側1mで座っていると近づかず。
      随分待ったが動かないので1・5m離れるとケージの中に入って食べる。
      



人間せんせいの悪いところは、
自分のキャパ以上のことを、アバウトな段取りでしてしまうこと。
脳みその質が悪く、また、経験に裏打ちされることも少ないので、
うんと考えているつもりでも、大抵のことは一度ではうまくいかないこと。
時にはきりりと情を抑えたり何かを捨てることも大事なのに、そうも勇気が出ず、
物事が進展しないまま、ふにゃふにゃしてしまうところ。

それでも、今でも人間せんせいが無事に生きていられるのは、
周りの人にうんと助けてもらえるから。
そして、たまに幽体離脱をして、困っている自分を外側から見て笑える術を身につけたから。
なんでもちゃっちゃとうまくやる方が自分にとっては怖いことだよと本能が教えてくれるから。

この1週間は、いつもの月末業務と中間テストの結果まとめ作業、
そしてハロウィンパーティ開催に向けて、突っ走ることになるので、
「黒こにゃん」にはかわいそうですが、少しゆっくり対応することになります。
この週が終わった頃、ほんのちょっとずつでも距離が縮まってくれれば・・・・

・・・と、どこまで楽観的なんだか、自分でも呆れます。

一時の強い行動が、ずるずる長引かせるよりも相手のためになるのだと、
ふにゃふにゃした脳みそでもわかってはいるのですが、
びくびくしているのは、本当は人間せんせい自身の方で、
勇気を出すのを先延ばしにしてしまいます。

堀をせっせと埋めていって、前を見たら、本丸は方向違いのところにあったとか、( ̄□ ̄;)
堀をずぶずぶ入り、あっという間に本丸にたどり着く人をあっけにとられて見るとか、(゜∇゜|||)
じゃぁ、その人の真似をしてずぶずぶ堀に入っていったら、やっぱり溺れてしまったとか、(>_<。。。  
今までの人生、何かやろうとすればこ~んな顔ばっかりでしたから、
また幽体離脱をして自分を笑いとばしながら、やっぱりちょっとずつ前へ進むしかありません。



ma090505-02s.jpg

笑え笑え♪
にゃはははは~~。


kuronekoline.gif

 

2010.10.25 


Secret