上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
ひとつ前に書いたとおり、
人間せんせいは、マシュ、ニ~ニと今ひとつ仲良くなれていないのですが、
マシュは、人間せんせいがおこたに座ると、すぐ側にやって来て何かをねだります。

それで、人間せんせいは、彼女を撫で撫でするのですが、
彼女はそれを喜ぶものの、やっぱり何か他のものもおねだりしているようで、

『スープね? んじゃ、スープをあげましょう♪』
と、彼女のお気に入りのスープをあげます。

「そうこなくっちゃ~♪」
と、彼女はにっこりするものの、中の具は食べないので、
すぐに終わってしまい、また、側に来て甘えます。

これはよい傾向と、撫で撫でだけしていればよいのかもしれませんが、
人間せんせいとしては、もう少し距離を縮めたいと思い、
何か、こういう時にあげられるおやつはないかと、
ペットショップに行くたびに探してみます。

『ほ~ら、おいしそうじゃなぁ~い?』

側に来たマシュに差し出すと、
くんくんはしますが、あまり興味は示しません。

『あのね、あなたの満足に応えたいのよ。何が好きなのかな?』

これはどう、これは・・こっちは・・?
と、次々試してみますが、未だに彼女のお気に入りは見つかりません。

それらのおやつは他のねこ隊にも気に入られず、
結果、人間せんせいが食べることになります。

うん、なかなかイケます♪



kuronekoline.gif

2010.02.05 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。