上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
4月に捕獲して避妊手術をしたはずの「ザッツン」でしたが、
人間せんせいが気づかぬうちに2頭の仔ねこをすでに産んでいました。

ママが病院に連れて行かれ、寒い夜を仔ねこだけで過ごした2頭は、
それでも元気にすくすく育っていき、
また、「ザッツン」ママも手術をしてしまってもおっぱいは出たようで、
小さい2頭を胸に抱え、多分、自分の食べたものを吐き出したりして、
健気に子どもを育てていました。


z-100608-0021s.jpg


黒いこにゃんこ、「黒こにゃん」
茶色と白ぶちの、「茶こにゃん」

人間せんせいんちを縄張りにし、毎日ここでご飯をもらうようになって、
この一族6頭+うっしぃ以外の他のねこ君の姿はこの庭では見なくなりました。

この仔ねこ達の手術が終われば、ひと段落のはず。
黙って見逃していてくれたご近所にも、
笑って見ていてくれたおばあちゃんにも、やっと顔向けができ、
この7頭に関しては、どんな苦情も人間せんせいが引き受けられる体制になります。

子どもがいたせいなのか、「ザッツン」は気性の激しいねこで、
ご飯の入ったお皿を差し出す人間せんせいの手にもパンチを繰り出しますが、
その気質を見事に受け継ぎ、更に成長期のひもじさもあってか、
「黒こにゃん」は「ザッツン」に輪をかけて、
フーフーシャーシャー、うなり、手も引っかく子です。

ご飯時には「こせん」を追い掛け回し、
やっぱり性格の強い「クーちゃん」とは本気の喧嘩もしました。
みんな一族だということを理解していないようでもあり、
背中も頭も撫でられる「茶こにゃん」とは大違いでした。

でもきっと、「黒こにゃん」は、「茶こにゃん」よりも怖がりなのでしょう。
みんなが揃う玄関ポーチには来られず、
植木鉢の陰でいつもご飯を食べていたので、そこにケージを置きました。

そこは門扉から入って正面に当たるため、
おばあちゃんに遠慮して、人間せんせいはもう少し奥の方に設置しようとしたのですが、
おばあちゃんの方から正面を提案してくれました。

ケージを置いてから20日、「黒こにゃん」がこの中で食べ始めて10日くらい、
しっぽの長い子なので、どちら側から入るのか、どちら側に器を置くとしっぽがはみ出るのか、
はみ出たしっぽは、ちょんと触ると巻き取るか、逃げ出てしまうか、とか、
食べ始めてどのくらいで一度振り返る・・・とかなんとか・・・よ~く観察しました。

頑固で気難しい子なので、
人間せんせいは、トムクルーズのごとくぬかりのないようプランを立て、
日が変わって昨日のことになりますが、ミッション成功!
「黒こにゃん」はすんなり捕獲できました♪

母親の見ている前での捕獲、
子どもの悲しげな声に対する母親の反応など心配で、
母と子、外と中から「出せ出せ」と大騒ぎしたらどうしようと思い煩いましたが、
案ずるより産むが易しで、拍子抜けするほどでした。

さて、明日、一番に病院へ連れて行き、
ひと晩お泊りして、明後日に連れて帰ります。

難しい子が先に入って、ひとまず、ほっ。

ミーティングの後のランチが重かったか、緊張しすぎたのか、
人間せんせいは午後からずっと胃痛で、薬を何度か飲みました。

トムクルーズは、胃薬なんか飲まなかったよなぁ・・・・


kuronekoline.gif



2010.10.21 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。