上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
人間せんせいんちの片隅にある
小さいねこさん達の住まうところ、ねんねこ町。

さて、きょうは11番地、にゃおん宗の「ねんころ寺」をご紹介。


temple070602-05s[1]


まれにみる貧乏寺。
本堂もご本尊もなく、あるのはただ門の屋根のみ。


temple070602-17s[1]




temple070602-27s[1]




それでも、ねんねこ町の住人にとっては、
ぽかぽかの屋根さえあれば、それが充分なご利益に♪


temple070602-30s[1]


temple070602-36s[1]



temple070602-41s[1]



temple070602-43s[1]


temple070602-01s[1]



一からミニチュアハウスを作るのは、
不器用な人間せんせいには至難の業です。

それで、一部を市販のパーツで補ったりします。
それは、こうやってできているのね・・という参考にもなります。

さて、このお寺は、一部どころか、全部がパーツです。
つまり、人間せんせいは組み立てただけ。おほほ。

以前に週刊の分冊百科で、和風旅館のドールハウスを作るという企画があり、
毎週毎週パーツを組み立てていくのですが、
80号くらい、8万円くらいをかければ、
幅80センチほどの立派な和風旅館が出来上がるらしいのです。

そんなに大きいのを、8万円もかけて組み立てるほど、
裕福でも暇でもなく、置き場所もない人間せんせいは、
本屋さんで今週号のパーツを見て、その号だけ購入し、
それを組み立てて「ねんころ寺」の門と屋根だけできた、というわけです。

これを基に、和室などをつなげる予定でしたが、
3年経ってもその気配はなく、貧乏寺のままです。

3番地のカフェフランも、ドアのある正面壁は、
別の週刊ドールハウスの、ドアパーツや窓パーツの時に、
その号だけ購入し、そこからサイズを決めて板を切って作りました。

要するに、小さい猫さんたちを使ってままごとをしたいだけなので、
人間せんせいには、これで充分♪

そうこう遊んでいるうちに、仕事を辞めて老後の生活に入る時には、
きっと、HAPPYねこ隊用のかわいいおうちが
一から作れるようになるかもしれません。



無理、無理~~!



あ・・・
それで、忙しかったのは、これを作っていたからではありません。
コメントをいただいていたのに、お返事が遅くなってごめんなさい。

10月は、保護者会の資料作成があり、
ハロウィンパーティの準備があり、
仔ねこの捕獲があり、
ねこせんせいの通院があり、
もうすぐ中間テストで、
それが終わるとハロウィンパーティで・・・
ううううう。



kuronekoline.gif





2010.10.14 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。