上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
「前略、おふくろ様。俺は最近・・・」 というナレーションで始まる昔のドラマ、 
それに登場するさぶちゃんとかすみちゃんという微笑ましいカップルには、 
2人の間にだけわかる秘密の合い図がありました。 
 
誰か他の人がそばにいるときには愛の告白ができないので、 
「大好きだよ。」と言いたいときには鼻の頭をちょっと掻き、 
「私もよ♪」と言うときにはあごをちょっと触るのです。 
 
当時学生だった彼と彼女も、これを真似しました。 

じゃぁね、また明日、と駅のホームのこっちとあっちで別れるときも、 
鼻の頭をぽりぽり。あごをすりすり。 
図書館で一緒に勉強をしていて、ふと退屈すると、 
ぽりぽり。すりすり。 
野球の試合を見ているときにも、ふと横を向き顔を見合わせて、 
ぽりぽり。すりすり。 
 
こんなことをして遊んで、 
鼻がシラノのように赤く膨れあがり、 
あごは猪木のようになりそうになった頃、2人は結婚しました。 
 
結婚して10年程経ち、彼の出張を見送る空港で、 
彼女がふと思い出して鼻をぽりぽりしてみると、 
彼はにやっと笑ってあごをすりすりしてみせました。 
彼と彼女の愛はあのころと同じように光輝いていました。 
 
さて、15年くらい経って、 
今度は彼の方が突然に思い出したようで、鼻をぽりぽりしました。 
南の島のプールの大きなウォータースライダーから、 
いい歳をしたおっさんが転がってきて、着水失敗、 
派手にぶくぶくと沈んでいって顔を上げたところのぽりぽりだったので、 
あごをすりすりするには、彼女のプライドが許さず、 
この人は知らないおじさんですと、無視しました。 
妻の愛が失われていった瞬間でした。 
 
それを長年恨みに思っていたのかどうか、 
20年と少し経った先日、今度は夫の愛が失われていきました。 

勉強部屋のお寿司屋のカウンターのような細長い机で、 
2人並んで調べものをしていたときのこと、 
コーヒーを入れてくれた夫に感謝の気持ちをこめて、 
彼女は鼻をぽりぽりしました。 
 
「鼻くそなんかほじるなよ・・・。」 
 
これで決定的。 

さぶちゃんとかすみちゃんくらい微笑ましかった2人は、 
今ではただの同居人になりました。 
 

sem-0001s.jpg


今夜はいい月が見られますよ。
私達は、仲良く見ましょうね。

5頭のHAPPYねこ隊、内訳は男の子3、女の子2。
マシュにとって、ニーニは息子だし、び~ぼは断固拒否されてるし、
というわけで、
かわいそうに、なかなかきれいな子だと思うのに、
80歳をとうに過ぎたじいちゃん・ねこせんせいにいつも寄り添います。


kuronekoline.gif

2010.09.22 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。