fc2ブログ
「せんせいなんか、大嫌いっ!!」

せんせいというのは、子供達に、
イヤなことでも無理にやらせなければならないこともあるので、
鬼のように思われても仕方がない仕事だと思っています。

コミュニケーションの取り方としては、
カウンセラーのそれのごとく、肯定的受容をバックボーンにしつつ、
やはり、指導ということになれば、
子供のすべてを、そのまま受容というわけにはいきません。

ただ、それにはタイミングと強弱が必要で、
大嫌い、と言わせてしまったのは、
その両方に配慮が足りなかったせいでしょう。

通り過ぎていった何百人の子供達の、誰一人として同じ子はいず、
学生時代に学んだことも、昨日までの経験も、
きょうの目の前の子供に、ぴったり適用することはないのです。

私を嫌いだと、内心で思う人がいても全く不思議はないですが、
大人は、面と向かってそんなことを言いませんから、
子供が放つこの新鮮な響きには、やっぱりずきっとします。
「私に気づかせてくれてありがとうね。」なんていうのは、きっと、強がりです。
15歳の子に、せんせいの立場をわかってよ、ということまで期待するのは、
プロとは言えません。

大人が子供に期待する熱と子供が発する熱とに、温度差があり、
笛吹けど、生徒は踊らず、ということはしょっちゅうありますが、
吹いた笛が、子供を踊らせるどころか、泣かせてしまったのは、
私の中にどこか、傲慢さがあったのです。

ごめんね、と思う心と同じ心で、歯を食いしばれ、と思う。
すきんときながら「大嫌いでもいいから、今は手を動かせ。」と言う。
私は、せんせいとして、それでもまた同じ笛を吹きます。
迷いの音色を響かせてしまえば、子供達の踊りが揺れてしまいます。

どの子にも優しく響く音色、なんてない、のかもしれません。
でも、強く吹いたり、弱く吹いたりしながら、
子供達が舞う踊りの中で、せめて、何かを見落とさないように、
この目を誠実に凝らしていく、だけなのです。

睡眠不足や腱鞘炎は、春が来れば解消されていきます。
子供達の晴れやかな顔を見れば、小さく刺さったずきんも、消えていきます。

早く、春が来い・・・

kuronekoline.gif

2010.01.26 


Secret