上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
ラスベガスはギャンブルの街ですから、
どこのホテルにも、入った正面にカジノがでぇ~んとあります。
ここでは、夜通し賭け事をして遊び倒す罪悪感、などというものは無用です。

人間せんせいの父親は、人生まるごと遊び倒してきましたので、
こういう場所にもすんなりと、溶け込んでしまいます。
びっくりするのは、母の方です。

彼女は、若い頃教員をしていて、そのせいなのか、性格なのか、
遊びというものに罪悪感を持って生きてきました。
子供たちには厳しくしつけてきたし、
父が遊び倒すのを、情けないと常々こぼしていたのです。

それが、前回ここに来た時に、
人間せんせいとの待ち合わせの時間に遅れるほど、
また、睡眠時間を削るほど、スロットにはまってしまったのでした。

そして今回も・・・。
人間なんて、本性はこれほど情けないものです。

人間せんせいは、カジノに罪悪感は持っていませんが、
お金がもったいなくてやろうとは思いません。
部屋に帰って本でも読んでいるほうがましです。

だって・・・!
一度も当たったことがないのです。
懸賞も、宝くじも、お年玉年賀はがきだって。
じゃんけんですら、サザエさんにしか勝ちません。
ですから、投資したお金が無駄になることがわかっています。

「そんなこと言わずに。」と、母が10ドルくれました。
スロット、初体験してみました。
1回だけ、2枚くらい出ましたが、そのあとはだめでした。
母は呆れて、もっとやれ、とは言いませんでした。

同じもらった10ドルで、姉は20枚出し、
50ドル、日本円で約7000円稼ぎました。
投資額、自分では、ゼロ。

この日、すったのは、人間せんせいだけでした。
初めて来たおじ、おばたちも、そこそこ儲け、楽しんだようでした。
父に到っては、さすがに遊び倒した人生だけあって、
英語もしゃべれないくせに、ルーレットやブラックジャックで、
900ドル、およそ13万円勝ちました。
投資額、25ドル。

この人は、世界中のカジノに出入りしていますが、
成果を聞くと、自分の父親かと思うくらいびっくりします。
渡航費をかけても、定期的に出稼ぎに出たほうが、
日本で仕事をしていたときよりも、よかったかもしれません。
この話は、また、いつか・・・。


<これからお出かけになる方へ>

もし、自分に賭博の才能があるとわかったら、
すぐに今の仕事をやめて、出稼ぎ家業に入ってしまいましょう。
才能のない人は、できるだけ惨めそうな顔をして、
他人のおこぼれをちょうだして遊びましょう。
それ以上はまるのは、アホです。

2002.03.07 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。