上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
今回、病気の発見から治療までの間に
いくつかの分岐点がありました。
テレビ番組で言えば、CHOICEってやつです。

健康診断で左胸の再検査となり、乳腺外科のあるクリニックに行きました。
そこでマンモグラフィーを撮った結果、
大きな病院での生検した方がいいとなったのですが、
さて、次の病院選びで、CHOICE です。

交通の便から3つの候補のうち、市民医療センターを選びました。
というか、他の2つ、赤十字病院と大学病院はあまりにも古くて、
最新機器などどうなの・・?と勝手に思ってしまったからです。

調べもしないで簡単にそう思ってしまったのは、
生検をしてもまさか
「ぽん」などという病名が自分に降りかかるとは思ってもいなかったからです。

子どもの頃から丈夫で、麻疹やおたふくかぜもごくごく軽く済み、
怪我の治りも早く、受験日以外は学校も皆勤。
現在に至るまで風邪も数えるほどしか殆ど引いたことがなく、
平熱も高いので、きっと免疫力もあるのだと思っていました。

また、結婚以来ずっと自然食品屋さんで食材を注文購入し、
もちろん、外食もしますが、
基本的には身体に良いものが積みあがっているつもりでいました。

だから、健康診断でいつも、胃潰瘍痕を除けばみんな「A」の判断。
骨密度も筋肉量も年齢よりもずっと優良で、
もりもり食べるわけではなく、身体も小さいけれど、
健康なんだと、どこかで思い込んでいました。

それで、詳しく検査しても、
結局何でもなかった、とか、そんなだろうと高をくくっていたのです。

そんな理由でよく調べもせずに2番目の病院を選びましたが、
最初に細胞を採って調べ、左に「良性」の結果が出た後にも、
「良性」が「悪性」に変わることはないとはいえ、
右胸の経過観察で通院が続いたのですから、
左もついでにたまには診てくださいと不安がるべきでした。

また、この病院の担当医は
「紹介元のクリニックに結果を報告しておきますよ。」と言いましたが、
さぁ、それが完了していたのかどうか・・・・?
気の毒なほど、お医者様は忙しいのでね。

というのは、
結局右を手術となり、再建手術の病院選びのアドバイスをいただこうと
1年ぶりにクリニックを訪れたときに、
「え・・・左はまだ手術していないんですか!?
 良性?? 私は一目で悪性だと思いましたよ。」と言われたのです。
そう診立てたのなら、良性と報告を受けたときに納得がいったでしょうか?

もし、クリニックの花子先生が最初から
「私は悪いものだと診ました。」とはっきり言ってくださったら、
「良性」ですと次の病院の一郎先生に言われたときに
人間せんせいもまだ不安で疑ったかもしれないし、
この時点でセカンドオピニオンを求めたかもしれません。

いや・・・
期待を込めて、花子先生の診立てが間違っていたのだと、
やっぱり思ってしまったかも・・・

そしてもうひとつ。

生検を受けなさいと言われたときに、
生検とはどういうものなのかをちゃんと調べるべきでした。
または、患者は知識がありませんから、
「乳腺外科専門医のいる病院」とか
「マンモトーム検査をしてもらいなさい」とか、
具体的に教えてくださってくれればなぁと、今は思ったりもします。

再建手術を検討しましたので、
形成外科のある3番目の病院で手術を受けることになったのですが、
専門医がいてマンモトーム検査ができる、
それは、最初に候補から外した古~~い病院でした。

結果として、良い病院だったし、早期治療だったはずだし、
別に悔いたりすることもないのですが、
最初のCHOICE が変わっていたら、
もう数か月早く治療を始められただろうと思います。
同じかもしれないけれど、
でも、もしかしたら、左もステージ0の状態だったかも・・・なんてね。

ひとえに、自分の不勉強と楽観視していた結果であります。
お医者様と無知の患者との認識にギャップがあり、
人にもよるでしょうが、お医者様の親切は、
患者が望むような形でとは限らない。
そういうことが、お医者との相性などと言われるのかもしれません。

自分の不勉強を棚に上げていうと、
お医者様方がもう一歩踏み込んでくださっていたらと思うこともありますが、
彼らにすれば、何十人、何百人の患者のうちの一人、
ただ待っているだけでお医者が何でもしてくれるわけではないのです。

特に、誰が見ても間違いない、というようなわかりやすいケースなら
どんなお医者様でも断言しやすいでしょうが、
経過観察というのは、判断がつかないというだけであって、
心配ないとされたわけではないのですから。

自分の身体は自分で守らなくてはなりません。


スポンサーサイト

2016.10.03 
実はだいぶ端折って書いています。

へ・・・? 充分長いですけど・・・

いえ、病気や治療に関することだけで、
入院中のへぇ~とかほぉ~とか、
諸々の面白い感想は端折っているのです。
そのくらい、興味深く、
誰彼にも話したいことはいっぱいあるのですが、
もう4か月も経った現状までちゃっちゃと記録を進めなくてはなりません。

そう、ちゃっちゃと。
こんな事書いてないで・・・

では

お医者様方は丁寧に術後の診察をしてくださり、
看護師さん達は至れり尽くせり、
同じ病室の「ぽん友」もできて、
あまりの快適さにこのままここにいついてもいいような錯覚に陥りましたが、
1週間経ち、ドレーンが抜けて、人間せんせいは退院しました。

にこにこ元気に退院し、その日の午後には友達に会い、
翌朝は2キロ歩き、午後運転して実家へ行き、
その次の日には電車に乗って、用事を済ませ、
更にその次の日には仕事に復帰しました。

ところが、です。
おかしなことに、退院後になってから実は大変な日々が待っていました。

胸が・・・両胸なので胸部全体に、なんか鉄板でも入っている感じ。
ふくよかな胸の人なら谷間ができる辺りは、
人間せんせいは元々肉がなくて、あばらが段々に見えていましたが、
つまり、手術前から胸部は柔らかい感じではなく、
硬い感じではありましたが、
それが内部も硬い板が入ってパキンパキンしている感じです。
え・・・、車をバックさせるのに後ろに振り向けない・・・!
上半身だけをねじれないので、腰ごと後ろを向きました。

更に、翌日から腋が痛くなってきました。
あれれ・・・入院中は何も痛くなかったのに・・・

調べてみると、リンパ節の検査をすると、
ここら辺の神経を傷つけるとかで、
その神経が新しく伸び始めるとぴりぴりするらしいのです。

あぁ、そうか。

術後何も痛くなかったのは、
神経もざっくり取ったので、感じなかった、
それが1週間経ち少し回復し始めると痛くなってきた・・・ということのようです。

そして、それまで全く気づきませんでしたが、
腕が上へ伸びません!! わわわっ!

さて、ここから人間せんせいのリハビリが始まりました。

毎日冷蔵庫に向かって鼻をくっつけ、
両手をカエルのように顔の横において、
その手のひらを段々に上へ伸ばしていきます。
ほんのちょっとずつしか動かすことはできませんでした。
そして、リハビリとは、やっぱり痛いものであります。
キッチンに立つときには冷蔵庫に、
部屋を出入りするときにはドアに、
手をくっつけて上までゆっくりと伸ばします。うううう。
テレビを見るときにも時々おいっちにと。うううう。

腕は多分、2、3週間で回復してきましたが、
腋の痛みには随分と長い間悩まされました。
3ヶ月強、9月に入ってやっと忘れるくらい、
夏の間中、クリームを塗ってみたり、シッカロールをはたいてみたり。
一番困ったのは、何を着ても袖付けのヘムの部分が当たって痛い、
タンクトップでも腋のくりのヘムがダメで、
みんなザクザクヘムを切り取ってしまいました。

皮膚が傷んでいるわけではありませんが、
海で日焼けした後に服がすれてひりひりと痛い、
その感覚に似ています。

家にいるときにはザクザク切ったタンクトップ、
外へは袖がぴらぴらしている、
柔らかいテロテロした生地のシャツやブラウス、
腋に触らないようなものに限られてしまいました。
袖が大きく開いているようなデザインでも、
麻素材のものはダメでした。

9月が終わり、今はどうかというと、
腕はエクササイズするように勢いつけて上げても大丈夫♪
腋は、長そでを着ても殆ど痛みはありません。
胸の方は鉄板が段々と小さくなってきた、
つまり、鈍いものの、感覚が少しずつ戻ってきているようです。
時々ぴりっと電気が走ったようになるのは、
やっぱり神経が回復している途上なのでしょう。

お医者様によると、人間せんせいの回復は早く、
ほぉ~、もうそんなに戻りましたかと、ほめられますが、
なんと、元通りになるには年単位でかかるそうです。げげげ~っ!

さて、ついでにいうと、
ざっくり切った傷口ですが、
怒った顔のように逆のハの字に13センチほど。
今ではベージュ色ほどに薄まってきました。

手術直後は傷口をガムテープのように幅広に貼ってありましたが、
3日後位にフランケンシュタインのように
ピッピッピと垂直に小さいテープで貼り直してくれました。
それは乾いてはがれるまで1週間ほどそのままで、
はがれたらもう傷はくっついていました。
不思議なことに、術後から一度も血がにじむこともありませんでした。

不思議だよねぇ~。
ざっくり、ぱっくり、でしょ。
なのにねぇ~~。

いい感じにぺったんこです。
人間せんせいは割り合い気に入っています。
ちょうどTシャツを着る季節だったので、
背がもっと高かったら、もっと若かったら少年ぽくなっていい感じ♪
背も低くて、歳もとっているから・・・おじさんぽいというのか?

2016.10.02 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。