上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
人間せんせいは、び~ぼが口にするまで、
にゃんこが「ハァーッ!」と言うのを実際に聞いたことはありませんでした。
同じように、「う~~~」と言うのも、
この家の中で聞くのは、あ~にゃんが発したのが最初です。

新しいにゃんこが来るたびに、
人間との暮らしに馴らすこと、この家の中だけで暮らすことに馴らすことに心を砕き、
そこのところが
新しいにゃんこにとっての不安だったり不満だったり、
不快だったりするのだろうと思っていました。

び~ぼの「ハァーッ!」は、
新しいにゃんこ、または先住のにゃんこそのものが、
不安であり不満であり得るということを、人間せんせいに教えてくれました。

今までがうまくいっていただけなんだ・・・・




DSCF10032s.jpg


この写真は、テーブル下の「なんちゃってケージ」の中のあ~にゃんですが、
実は、もう1週間も前に、あ~にゃんはここから脱走して、
今までの、階下の部屋へまっしぐらに戻ってしまいました。

彼女はなんちゃってケージの中でもどっしりと構えているように見えましたが、
ここでは飽きて広い所へ出たいと思うようになった時、
やっぱりマシュに追いかけられて、そして階下へ逃げ帰ってしまったのでした。

また、最初からやり直し・・・


柵で隔てられただけで、姿も見え匂いも感じる、
そうやってもう2ヶ月以上も経つのに、
マシュはどうしてもあ~にゃんを追いかけたくなってしまうようだし、
あ~にゃんは、どうしても、そういうマシュに「う~~」と唸ってしまうようです。
他の子達とはそういうことはないので、
この二人には、彼女らにしか感じられない何かがあるのかもしれません。


柵なしで彼女らが出会ってしまった時、
今まで4.5回ですが、必ずぐるぐるぎゃんぎゃんと喧嘩になりました。
ずっと柵で隔てていて、4.5回しか喧嘩をしていないので、未だにするのでしょうか?
20回も30回も喧嘩をすれば、両者折り合いがつくのでしょうか?


あ~にゃんは、寒い日に保護されたせいか、
この家にいること、人間たちと一緒にいることには不満を持ってはいないようで、
最初の日から人間せんせいにすりすりもし、膝に乗り、
マシュやえびせんのように窓にへばりついて「外に帰して」と訴えることもなく、
その点は、人間せんせいの唯一の安堵になっています。

マシュを柵で隔てた階下の部屋で、あ~にゃんは、
やっぱり、モリモリ食べ、おもちゃで遊び走り回って、昼間も夜もぐ~すか寝ています。
まるで、自分がこの先生きていくのに、
もう寒さに震えることもない、おなかがすくこともないと
人間の側にいた方が安全で正解だと知っているかのようです。

ならば・・・

このまま2階と1階とずっと別居でもいいかな・・・と人間せんせいは思い始めています。

いつか、柵は取れるでしょう。
数ヶ月先か数年かかるかもしれません。
それでも、マシュにとってもあ~にゃんにとっても、
この家の中で暮らすことには不満はなさそうだし、
食欲も排泄も、ストレスのトラブルは見られないし、
ならば、無理に一緒にせずに、
取れる日まで二人の間に柵を立てて暮らすのも選択のうちかもしれません。


スポンサーサイト

2013.04.27 
sev040324-02s.jpg

び~ぼは、4年前マシュとニーニが来る前は、末っ子で、
上のお兄ちゃん達にかわいがってもらっていました。



nekotai050227-01s.jpg

msv050821-01s.jpg


人間せんせいんちに仔にゃんこで来た時から彼は、
「僕はは~どぼいるどに生きるのです。」とは言っていましたが・・・
つまり、何事にも頑なな子で、柔軟性がないとは感じていました・・・
でもみんなと一緒にご飯を食べ、みんなでお団子になって寝てもいたのです。







それが、マシュとニーニが来て自分がお兄ちゃんになってからは、
やっぱり色々と我慢をすることが増えてきたようで、
上のお兄ちゃん達が星に帰ってしまうと、一人でいることが多くなってきました。

vivo-16.jpg


末っ子のままでいたかったのか、
元気すぎるマシュや、
自分のお気に入りの所にもずんずん侵入してくるニーニが気に入らなかったのか、
それとも、は~どぼいるどに更に磨きがかかったのか、
本当のところはわかりませんが、
数年前から、誰彼かまわず「ハァーッ、ハァーッ!」と歯をむき出しています。

出会いがしらに人間せんせいとニアミスをした時にも「ハァーッ!!」

怒りん坊のび~ぼ君び~ぼ君~♪ と、
「あわてんぼうのサンタクロース」の歌を替えて人間せんせいは歌います。


あまりに「ハァーッ」が日常茶飯事なので、
その効果は全くなく、
マシュもニーニも「また始まったよ・・・」くらいで呆れ顔。
唯一、えびせんだけが、コロンとおなかを見せてび~ぼをなだめようとしてくれます。


仔にゃんこの時から大人にゃんこ達に受け入れてもらい、
それが自分の世界のすべてで、
自分が大人になって、まさか、知らない侵入者が入って来るとは、
び~ぼにとっては青天の霹靂だったのかもしれません。

自分が上に立つとは、どういうことなのか、
受け入れたり、かばったり慰めたり、守ったり、
そういうのはどうやってするものなのか、わからずにとまどっているうちに、
自分より身体が大きくなっていったマシュやニーニに、
どうしても近づけない・・・そんな風に、人間せんせいの目には映ります。

本当の所はわかりません。
ただ単に、独りが好きなだけ、
今までは、仔にゃんこの時から一緒だったから兄にゃん達とは平気だっただけ、
その他のにゃんこ達とつるむ気はないだけ、
自分のペースで生活したいだけ、かもしれません。

でも、人間せんせいには、彼が不器用で生きにくいように見えて切なく、
そして、人間せんせいの勝手で、彼の世界を変えてしまった負い目を感じます。









2013.04.24 
100417-0012s.jpg

えびせんは、外ねこ隊のみなさんの一族です。
多分「こせん」の妹で「ザッツン」と同じ歳の姉妹でしょう。
みんなを捕まえて手術をするのに、
この子は随分と身体が小さく、また毎日ごはんを食べに来る子ではなかったので、
外に置くより中に入れてと、
手術の後、そのまま人間せんせいんちにいるわけです。


100425-0018-s1.jpg


この子の得意技はコロン。

100508-0158-s.jpg


100618-0006s.jpg

もちろん、遊ぶ時にはどんなにゃんこでもコロンコロンとするのでしょうが、
えびせんの得意とするところは、
「参った! 降参!」のコロンコロンです。

この子の性格なのか、大勢の兄妹のなかで学んだものなのか、
最初の頃にはマシュやニーニの顔色を見ながらコロンコロン、
へんぽらいのび~ぼとニアミスをして「ハァーッ」とやられればコロン、
ご飯を食べようとして、お隣りのび~ぼと顔が近づき過ぎ、
空気がピキンとするとコロン・・・
いつでもどこでもコロンコロン。


100501-0043-s.jpg


おなかを見せてコロンとするのは、降参の合図だそうで、
コロンの子に飛び掛かって喧嘩を吹っ掛けることはしないのがにゃんこのルール。

ね、ね、えびちゃん、
あ~にゃんにもコロンを教えてやってくれないかな?







2013.04.19 
DSCF9987s.jpg

あ~にゃんはリビングへお引越しをしました。


今までの子達は別室での隔離を経て、
その後はリビングへどうぞと開放し、そのままうまく馴れていきましたから、
ケージをリビングに置くというのは中々想像ができません。

小さいケージだとトイレと寝床だけで隣り合わせだし、
大きいケージだと邪魔だし、
みんなどうしているんだろう・・??

それで、テーブルにケージの柵をぐるぐる張って、
その下を「なんちゃってケージ」にしてしまいました。

椅子も入ってそれが登ったり座ったりできる台になるし、
トイレとごはんやベッドも離しておけるし♪

今まで8畳の敷地付き、快適一人暮らしをしていたあ~にゃん、
一畳ほどの狭いワンルーム、お姉ちゃんの怖い監視付きです。

今までの部屋のままでよかったであろうあ~にゃんですから、
待遇の悪い所へのお引越しではかわいそうと、
特別に、人間せんせいの匂い付きフリース毛布も進呈しました。

テーブル下は、なかなか良いアイディアだと思いますが、
当然のことながら、人間たちは、
テーブルを、物を置く台としてはともかく、その本来の使用はできません。

初日は、HAPPYねこ隊はなんだかそわそわして、
向こうの部屋に行ってしまったりしましたが、
あ~にゃんは、どうしてどうして、なかなかの大物、
まったりくつろぎ、おもちゃに飛びついて遊び、
食欲も旺盛、出すものも立派、そしてぐっすりとねんねもします。


DSCF0040s.jpg


DSCF0043s.jpg





さて、このままみんなに馴れて、少しずつ柵の外に出られればいいのだけれど、
柵の外からじーっと睨む子が・・・


DSCF9998s.jpg

マシュはやっぱりあ~にゃんが気になって近づきたがるし、
近づけば、あ~にゃんは「う~~~」と唸るし・・・
まぁね、少しずつだね。
頼むよ~!





DSCF9982s.jpg

あっかんべー!!






DSCF0004s.jpg

ふぅ~ん、気にしないもんねーだ!




人間せんせいの胃痛は引かないのでありました。くすん。

2013.04.16 


あ~にゃんの部屋の柵は、ケージをばらした一辺で、高さは90センチほどです。
初めはその上も覆っていましたが、部屋が暗くなるのでとってしまいました。
それでも、マシュを含めねこ隊は、飛び越えたりよじ登ったりもせずに、
柵の手前からあ~にゃんの様子を覗いていました。

パーティーションの置物は撤去して、そこにも登れるようにし、
ねこ隊のフードや砂の在庫の段ボールもこの部屋にあり、空の箱も置き、
高低ぴょんぴょんと、あ~にゃんも遊んでいました。

春期講習中、留守の間、2階で彼女らが鉢合わせをしたら困ると、
2階のリビングのドアに柵をして、
昼間はねこ隊が出られないようにしてからあ~にゃんの部屋の戸を開け、どうぞ♪
朝と夜は、あ~にゃんの部屋の戸は閉めて、ねこ隊を自由にと、時間差で歩けるようにしました。


DSCF9599s.jpg

時間差のはずが、あ~にゃんは、
最近は、いつでも自由に柵を乗り越え、玄関ホールや洗面所などで遊びます。
また、鼻歌交じりで足取りも軽く、2階にも上がってきます。

となると、人間せんせいは、リビングのドアに柵をして、
マシュと出会わないようにして仕事に出なければなりませんでしたが、
この前、目撃しました。

なんと、2階でマシュに出くわしても、あ~にゃんは追いつかれずに下まで降りて、
さらに、柵をまた超えて自分の部屋に戻れました。
ボルトもびっくりのスピード、チチェロワびっくりのジャンプです。

だらだら、いつまでもこうして部屋を分けていていいのかな・・・
離れていればいるほど、仲良くなれないんじゃないかな・・・
ワクチンの追加接種が終わったら、
いよいよリビングにお引っ越し準備かな・・・
と、焦ったりもするのですが、

でも、あ~にゃんがマシュをやり過ごすのを見て、
出くわしても喧嘩をしないで過ごせるのなら、
もう少し、あ~にゃんとマシュに任せてみようかな・・・とも思えるようになってきました。






DSCF9232s.jpg

わたちは、自分のお部屋ではない所でもねんねできるようになったのよ♪


2013.04.09 
び~ぼ、マシュとニーニ、えびせん、
みんな最初は階下の部屋で隔離しましたが、
マイクやねこせんせい、ニーニも、
階下にいる新しい子達に興味津々で扉越しに覗き、
どうぞとあけると部屋に入ってきて、新しい子の子守をしてくれたりしました。

v031214-30s.jpg

sev031212-02s.jpg

100425-0025.jpg

あ~にゃんの時にもニーニが扉の外で興味を示したので、
扉を開けてさぁどうぞ、と入れました。
ニーニとあ~にゃんは、くんくん名刺交換をしようと・・・・

ところが、

ぶっしゅんっ!!

ニーニはあ~にゃんの目の前で大きなくしゃみを一発。
あ~にゃんはびっくりして逃げる・・・ニーニは追いかける・・・


その時のびっくりと恐怖が残ってしまったのかもしれません。
マシュと出くわした時にも、あ~にゃんはくるっと背を向けて逃げる・・・
マシュは追いかける・・・

追い詰められたあ~にゃんは
う~~~う~~~と唸りました。

そうなるとマシュのしっぽはボッと膨らんでしまいます。

この最初の時点で、人間せんせいの失敗でした。
今までうまく行ったからといっていつもそうだとは限らないのですから、
新入りさんのケージをみんなのいるリビングに持ってきて、
という手順を踏むべきでした。

おなかの虫退治や避妊手術や、ワクチン接種など、
お医者様のプランに沿って2週間ずつ間をあけたり、
その処置の前後は、あ~にゃんにストレスをかけたくない時期ではありました。

それで、前回の写真のように、階下の部屋の入り口を柵にして、
互いに姿は見えるし匂いも感じるようにして隔離し、部屋ごとケージのようにしました。

DSCF9598s.jpg


午後に、マシュ達がお昼寝に入ったころには、
彼らがいるリビングのドアーに柵をはめ、
階下のあ~にゃんは自由にして2階にも上がって来られるようにしました。

DSCF9590s.jpg


あ~にゃんの着た服ををマシュにこすりつけたり、
マシュとあ~にゃんの、ねんねの毛布を取り換えっこしてみたり、
人間せんせいも3日くらい着替えを我慢して、
タンクトップやTシャツをマシュとあ~にゃんにこすりつけたり、
あれこれ、匂いの交換もしてみましたが、
両者とも部屋の柵越しにさえ近づいたりもしないので、効果は見られません。

DSCF9433s.jpg


しばらく柵越し、時間差で自由時間という日々を過ごしていましたが、
1回目のワクチンが済んだところで、
あ~にゃんは柵を乗り越え2階に上がってきた時に、マシュと思いがけない鉢合わせ!
両者、転がるように階段を下りて、下の部屋でぐるぐるどたどた!!!

最初のどたばたは、互いの上下関係を決める上で必要・・・とも聞くので、
人間せんせい、ちょっと我慢して様子を見ることにしましたが、
「ぎゃん!」という声がして、あ~にゃんは耳を引っかかれて負傷してしまいました。

あ~にゃんもお耳が痛く、人間せんせいも胸がチクチク痛みました。




それでも、こうやって人間せんせいが書くのにぐずぐずしている間に、
あ~にゃんも最近少し変わってきました。


もう、充分長いよね・・・

では、また、つづきにします。


2013.04.04 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。