上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
人間せんせいんちは、20年前のマイクを最初に、
フラン、シュヴァルツ、ねこせんせい、び~ぼと、
男の子ばかり5頭のにゃんこが次々やって来ました。

当時は本でねこ勉をちょこっとしたくらいで、
新入り仔猫を一緒にする時にも、それほど気を遣うことなく、
当たり前にそのまま、その日から一緒の部屋に入れたりしました。

それでも、新入りの仔猫も大人になったねこ隊も、
くんくん、お互いの匂いを嗅いで名刺交換をした後、すぐに友好的になり、
お外へ帰りたかったシュヴァルツが大鳴きをした時に、
それぞれの顔にバターを塗ったくらいで、何の苦労もしませんでした。

び~ぼが来てから6年経ち、マシュとニーニ親子が来て、
この子達も3日程ケージ暮らしをしただけですぐに合流。
び~ぼは彼らにとまどい、今でも随分我慢をしているようですが、
自分なりの距離を見つけて、うまく暮らしています。

えびせんも然り。
この家に慣れること、もう外へは出られないことを受け入れるには
時間がかかり、外へ向かってえ~んえ~んと鳴きますが、
他のねこ隊とはすんなり、すぐに馴れました。

人間せんせいは、新しいにゃんこを迎えることに何ひとつ苦労もせず、
全く不安もありませんでした。


ところが・・・






実は、人間せんせいんちはまだこんな状態です。

DSCF9590s.jpg


えぇ~~っ!?
うっそ~、ずいぶん経つでしょ。
あ~にゃんにとってもねこ隊にとっても、かわいそう~


ごもっとも。




が・・・、
今までになく苦戦しています。


リビングの中からはあ~にゃんを睨む目が・・・!


DSCF9594s.jpg


事情は長々続くので、また明日。

・・・か、明後日・・・か、し明後日に。





スポンサーサイト

2013.03.30 


およよ
3月が終わってしまうよ・・・

新しい絵が描けなかったので、
前に描いたつくしにゃんこに桜吹雪を散らせました。

5月の気温という日もあれば、ぶるぶる冬に逆戻りの日もあって、
春が来たんだか、まだ入り口なんだかと思っていたら、
あれよあれよと桜が満開になってしまいました。



DSCF9643s.jpg

DSCF9631s.jpg

3月生まれの母の誕生日は、桜がそろそろ開くねという頃ですが、
今年は満開の見ごろの頃になり、
実家に兄弟家族も集まって、桜も楽しみながらのお誕生日会になりました。

人間せんせいが子どもの頃にも、すでにここの桜は年が古くて大きな木でしたが、
今でも大きく枝を張り、2車線の道路も見事な桜のトンネルになります。


DSCF9665s.jpg

DSCF9622s.jpg

実家の庭の枝垂桜にやってきた鳥。
ヤマガラなのかな・・・?
蜜を吸うのか、花芯を食べるのか、花をちぎってぽとぽと落としていきます。



そして



DSCF9773s.jpg


DSCF9784s.jpg


DSCF9775s.jpg


こちらは人間せんせいんちの近所の桜。

向かいのマンションのそのまた向こうの運動公園、
人間せんせいのお散歩コース、おばあちゃんのリハビリもここ。
まだ若い桜の木ですが、コースぐるりと植えられていてきれいです。





ここにいる鳥は、カルカモと、マガモ。
きょうは見かけなかったので、以前のカルカモの写真です。
子供を連れていることもあり、
土手を上がって、公園内の遊歩道までとことこやって来ます。



duck031010-6s.jpg


duck060406-05s.jpg


できるだけゆっくりね。
あんなに寒かった冬ですもの、
もう寒くもなくまだ暑くもない、春をゆっくりとたくさん楽しみたいじゃない。
だから、ゆっくりゆっくり季節が進んでくれるといいね。

DSCF2121s.jpg

2013.03.26 
あ~にゃんがいつもいる部屋で見つけてしまった・・・・


DSCF9612s.jpg


誰の なに・・????


どう見ても犬歯・・・だよね・・・


とりあえず、あ~にゃんとねこ隊の身体を探ってみましたが、
誰も怪我はしていない様子でした。
口のあたりを触ってみても痛がったり嫌がったりもしませんでした。

人間せんせいの自由に、口を開けさせてくれる子達ではないので、
なかなかはっきりと確認ができませんが、
多分、マシュみたい。

あ~にゃんの部屋で、ということは・・・困ったねぇ。



2013.03.23 
人間せんせいんちのベランダは、ねこ隊の頭の高さでも外が見えるようにと、
昔ながらのアルミの柵のベランダを選びました。
でも、その柵の幅は猫がすり抜けられるくらいなので、
ベランダ中ぐるぐるっとさらに細かい柵を張ってもらいました。
また、猫にとっては2センチほどでも足場になってしまうので、
一番細いワイヤーで、高さも2メートルくらいにしてもらいました。





v040315-08s.jpg

見栄えはよくありませんが、そのおかげで、ねこ隊はベランダライフを一年中楽しめ、
人間せんせいも脱走や転落の心配とも無縁に10年過ごしてきました。


それがです・・・

10年後、まさかこんな光景に出くわすとは夢にも思っていませんでした。
これは人間せんせいが長く生きてきて、
その人生の中でも七不思議の一つにエントリーされることでしょう。







DSCF9216s.jpg



あんた、誰っ!?





朝起きて、ベランダの窓を開けようとしたら、
ねこ隊がみんな集まって外を向いていました。

『どうしたの?何かおもしろいものでもいるの?』と、
人間せんせいが近づくと・・・!!

なんと、見知らぬ大きな白い猫がベランダにいるではありませんか!



え、え、え・・・!!??



脱走できないように高いフェンスを張ってもらったのです。
その中にいるということは・・・

えぇ~~っ!?




何でこんなことが起きているのか、状況を把握するだけでいっぱいで、
どうやって外へ逃がせばいいのか何も考えられません。
人間せんせいの頭の中が真っ白だったのは、
なにも寝ぼけていたせいばかりではないと思います。

試しに窓ガラスをどんっと叩いてみました。

白い猫はびっくりして、たったったと走り、フェンスに飛びついて、よじ登り、
写真のように、乗り越えて、お隣りの屋根にどすんと降りました。

2階の、しかも2メートルのフェンスの上からです。
さぞ、足が痛かったことでしょう。

それよりも、どうやって入ったのか??

お隣りの屋根からでしょうが、足場になるものはなく、
フェンスに飛びついて、それをよじ登るしかありません。
スパイダーマンか??
そんなことが面白かったのか?

また来たらどうしようと2.3日はベランダを開けられませんでしたが、
その後、まだ一度もやって来ません。
あの子も怖かったんだ・・・


忙しかった冬から植木鉢など放っぽりぱなしですが、
お友達からいただいた花かごの中から鉢を取り出して
とりあえず、少しでも足場の邪魔になるように向こう側にかけました。

もう来ちゃだめだよ。



DSCF9220s.jpg

2013.03.21 


ちびちゃん改め・・・あ~にゃん(仮の名)は、おなかの虫も退治して、
先日、避妊手術をしてきました。

以前、えびせんは手術後、おなかを舐め舐めして、
そのあと剃った毛が生えてこなかったので、
・・・といっても、剃ったとおり、大きくきれいに生えて来ないので、
舐めたせいではないと思いますが・・・
あ~にゃんにはおなかにガーゼでも巻いてあげようかと思っていました。

でもただの腹巻では脱げてしまうな・・・

胸当てのついたエプロンのようなもので、背中部分を深く合わせて作ればいいのだと思い、
あれこれサイズを測って型紙を取ろうとしました。
でも調べたところ、術後服なるものが購入できるとがわかり、
一番小さいサイズを買ってみました。

おぉ~、か、かわいいじゃないか~♪
と、人間せんせいは感動しましたが、
ご本人は嫌で嫌で・・・!


DSCF9427s.jpg


だって、なんだか匍匐前進しかできないし、
気持ち悪いんだもん・・・



DSCF9421s.jpg

ころん


DSCF9386s.jpg

ころん


なんでだか、すぐ転んでしまうのよ・・・

ちょうどいい大きさのように見えて、
嫌がればはだけてしまうくらい、微妙なゆとりがありすぎ、
半日もすれば、片肌脱いだ「遠山の金さん」状態になってしまい、
そのまま寝かせるには危険かなと思って夜には脱がせてしまいました。
半日だけのお洋服姿でした。

にゃんこなんだから、傷は自力で治しなさいね。


DSCF9401s.jpg

傷は大丈夫なんだけど・・・
あのお姉ちゃんの方は相変わらず怖くて、
まだまだ苦戦中のあ~にゃんです。

2013.03.14 


ちびちゃんはケージの部屋を出て少しずつおうちを探検するようになりました。

おそるおそる・・・きょろきょろ・・・
ここはどこかな???

ところが!

DSCF9163s.jpg

たったったとニーニがやって来て、
彼は遊びたかったのだと思いますが、
ちびちゃんは、急に寄って来られて、
こ、怖いよぉ~と、下駄箱の下に入り込んでしまいました。



ある日は


DSCF9166s.jpg

2階まで上がってきて
お邪魔します・・・と入り口でごあいさつ。


DSCF9168s.jpg

あんた、誰っ!? と、
えびせんとマシュの女子チームが値踏みをします。


DSCF9181s.jpg

ついにマシュに追いつめられて、階段踊り場の端っこに逃げ、
ぶるぶる震えちゃいました。

このお姉ちゃん、怖い・・・




またある日は

DSCF9201s.jpg

マシュやニーニがベランダに出たすきに、
びくびくリビングにやって来て、


DSCF9206s.jpg


DSCF9031s.jpg

きょうはリビングの奥まで行けました♪

DSCF9034s.jpg

タワーにも登ってみました。




でも、このあと、ベランダにいたマシュに見つかって!!!!


くるっと背を向けて大急ぎて階段を下りて、
ぴゅーっとケージの部屋へ戻ったけれど、
大きなお姉ちゃんねこは追いかけて来たっ!


そりゃ、逃げたらマシュは追いかけますよ、ちびちゃん。
それがにゃんこの習性だもの。




逃げるから追いかけてくる、
逃げるから怖い思いをする、
さぁて、今度は逃げないでいてごらん。
きっと、くんくんして、そのまま向こうに行っちゃうかもよ。

頑張れ、ちびちゃん!






2013.03.08 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。