上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
DSCF7846s.jpg


ねこせんせいは、のんびりのんびりと、一緒に歩ける子なので、
以前はよく、お向かいの公園にお散歩に行っていました。

マイクや他の子達も誘ってみましたが、
他の子達は、リードを付けることも嫌がり、
庭に出せば、たたたーっと走ってどこかへ行ってしまうので、
彼らを外へ出してやることはできず、
彼らは彼らで、それならばと、脱走を試みていました。

家を建て直してからは、ねこ隊は2階が拠点になりましたから、
脱走ということもとんと忘れたようで、
ねこせんせいのお散歩の機会もなくなっていきました。

さて、ねこせんせい、
18歳を過ぎ、だんだん筋力も衰えているようで、
暑さも過ぎた頃に、彼をお散歩に誘ってみました。
庭には外ねこ隊のみなさんがいるので、
向かいの公園までは抱っこで行きました。

DSCF7818s.jpg

下ろしてみると
なんだか・・・嫌がっている感じ・・・
では、その向こうの運動公園まで抱っこで行きましょう。
前は、そこがとても好きだったもんね。


ところが
ねこせんせいは、ちっとも歩こうとしません。
やっぱり久しぶりのお外は怖いのでしょうか・・・
それとも、もう、あまり歩けなくなっているのでしょうか・・・

草を少しふんふんした後、突然、帰る! というように、
くるっと後ろを向き、すたすた戻って行ってしまいました。

DSCF7827s.jpg


この写真の突き当りを曲がるとおうちです。
150メートルくらいでしょうか。
もう歩くのがしんどいのかなと思いましたが、なんの、なんの、
すたすたすたすた、しっかりと歩きます。

人間せんせいは半信半疑でリードを放してみましたが、
ねこせんせいは脇目もふらず、
リードを引きずったまま、まっすぐにおうちへむかってすたすたすた。

なんだ、まだしっかり歩けるじゃないか。



DSCF7830s.jpg

お向かいの公園まですたすた戻ってきて、道路を渡っておうちへ。

そして、どうも臭うと思ったら、
往きに抱っこして行った時に人間せんせいのエプロンにおしっこをしてしまいました。

ふ~~ん・・・
やっぱり久しぶりのお外は怖かったのね。

でもまた行こうね!



DSCF102603s.jpg
”まったく・・・
年寄りを連れまわさんでおくれね。”
スポンサーサイト

2012.11.22 
peeping-05s.jpg






あれよあれよと11月も半ばになってしまいました。

のぞきにゃんこは、緑色の葉っぱで描き始めましたが、
10月が忙しくてアップできないうちに、すっ飛ばしてしまい、
気がついたら、周囲の木々の葉っぱは色づいていました。

まぁ、11月の絵は描いていないし、
これの葉っぱを黄色くするかぁ・・・と。


でも・・・もう、年賀状の絵を描く頃だって???
はぁ~~ (ーー;)

2012.11.16 
DSCF7870-1s.jpg



何年ぶりでしょう。
遠出をしたのは・・・

ずっとHAPPYねこ隊は4頭から5頭いました。
でも、隊員たちが若く病気でもなかった頃は、
彼らをおばあちゃんに頼んでひょこひょこ出かけていました。
自分の責任で外ねこ隊を抱えてしまったこともありますが、
中の、5頭のHAPPYねこ隊の世話もお願いするには、おばあちゃんは歳を重ね、
海外はもちろん、一泊の遠出ですら、ここ5年はしていませんでした。

「今、紅葉がきれいだから見においで。」
兄に誘ってもらっても、
でもなぁ・・・おばあちゃんが・・・と、なかなか腰が上がりませんでしたが、
人間家族の姉がおばあちゃんのところに来てくれるというので、
『よしっ行くか!』
やっと腰を上げて兄たちの山荘に出かけてきました。

兄と兄の奥さんのジョセフィーヌと人間家族と人間せんせい。
結婚したのが半年違いで、新婚旅行にも一緒に出掛けました。
その後も何度かスキーに行ったりマウイに行ったり、4人でよく遊びに出かけました。

兄と人間せんせいは兄妹だからさておき、
ジョセフィーヌが人間せんせいと仲良くしてくれるのも、
人間家族が兄と仲良くしてくれるのも、
また、ジョセフィーヌが人間家族と仲良くしてくれるのも、
なんとありがたく、恵まれたことでしょう。

年老いてきた親の心配は同じ、
そして、留守番の老猫の心配も同じ・・・

兄のところの猫、クロはなんと25歳!
勿論、老猫一人にしておけないと、
山荘に泊まる男性陣を残して、ジョセフィーヌと人間せんせいは日帰り。


DSCF7880s.jpg



DSCF7873s.jpg



DSCF7883s.jpg


森林浴をいっぱいして、ログハウスの木の香りを楽しんで、
ドライブして紅葉にも感動して、
薪ストーブに手をかざしながら心も温まり、
いい秋の日が過ごせました♪





DSCF7860s.jpg

さて、次のお出かけは、君と一緒だよ♪


2012.11.13 
DSCF8025s.jpg


実はこれは大変貴重な写真になります。

人間せんせい家では、特ダネ大スクープか、
または、子子孫孫代々受け継がれるべきニュースか・・!!というくらいです。

は~どぼいるどに徹するび~ぼが、
誰かとつるんでいる現場というのもびっくりですが、
その相手が、なんと、天敵マシュなのですから、
これが大ニュースと言わないでなんだというのでしょう。

び~ぼは、ねこと言わず、人間でも、
誰かとニアミスしようものなら「はぁーっっっ!!」と歯をむき、
でも、攻撃態勢ではなくへっぴり腰なので、
みんなはそのうち、
なに、こいつ・・???
というような反応しかしなくなりましたが、
それでもお転婆マシュは、とても気が強くて絶対に譲りません。

これは、外で生きてきた母としては必要な強さなのかもしれませんが、
び~ぼは、彼女には、
「はぁーっ」を言い終わらないうちに背を向けて逃げていきます。

そして、マシュは、すれ違いざま、
逃げていくび~ぼのお尻を、パパン!とはたきます。

もちろん、本気のパンチではなく、軽くはたくだけなのですが・・・


でも、こうやって珍しいツーショットをみると、
お尻をはたくのも、
それはそれで、コミュニケーションなのかな・・・

び~ぼは、自分から他者を寄せ付けないくせに、
マシュには否応なしに構われて、他の子よりも近しく感じているのかな・・・

女の子のマシュよりも小さい身体で、
ほんのり感じるくっついたお尻の温かさを感じながら、
び~ぼのかたくなな心がちょっぴり開いた、かもしれない写真です。





ストラップの件のお返事は、この続きで

READ MORE▼

2012.11.05 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。