Tshirts-1s


子どもの頃ならば、きょうあたりは、
もう夏休みの終るのが秒読み段階になってきて、
一日が早く終わらないように手をこすり合わせてお祈りをしていました。

ただ今、夏期講習の最中で、
大人の人間せんせいとしては、
早く学校が始まらないかとこっそり願っていますが、
それでも、夜になって虫の声が聞こえ始めると、
やっぱりどこかで夏が後ろ向きになっていくのを惜しんでいます。

暑くても、とっても暑くてうんざりしても、
やっぱり、夏は素敵だなぁ・・・

それは、お陽さまの力が強いと、
なんだか、楽しくなってくるからです。

夏に泣くのは似合わない、
夏にうなだれるのは似合わない、
強烈な暑さは、体力も奪って病気さえも引き起こすこともありますが、
それでも、いつも心を明るくしてくれるお陽さまには感謝です。



DSCF7277s.jpg



午前中の仕事が終わりお昼に帰ってくると
ねこ隊はだれだれ~。

ここはどこかというと・・・


DSCF7270s.jpg

トイレの中!

風が通るのかどうか、
階下に降りることもなく、ここがお気に入り。
人間せんせいは、いちいち、階下のトイレまで下りていきます。

そうかと思えば、こんな子も。

DSCF7038s.jpg


暑くないかい、び~ぼ君?

2012.08.26 
この一年もたくさんのかわいい子たちが星に帰りました。
まだまだ描き切れないくらい。

数えきれないほどの新しい命も生まれているのですから、
星に帰る子たちがいるのも自然の摂理なのでしょうが、
それを、うんうんと、納得するには、
私たちはまだ修行が必要です。

でも、あの子もこの子も、
確かに楽しく過ごしてその生を全うし、
星に帰ってからも、家族やお友達からこんなに愛されている・・・

ありがとうね。
かわいい子たち。



eggplant-2-totoanko-s.jpg
トト君とアンコちゃん






eggplant-4-shirosilver-s.jpg
シルバーちゃんとシロちゃん






eggplant--000-2-tamanyanchibita-s.jpg
タマちゃん、にゃんちゃん、チビタさん






eggplant-00-01-mikan-s.jpg
みかんちゃんとりかちゃん







eggplant--000-3-koonyankosenseigrace-s.jpg
空ちゃん、にゃんこせんせい、グレイスちゃん







eggplant-00-01-bosshananini-s.jpg
ハナちゃん、にーにちゃん、ボスちゃん







eggplant-1-milkrockyhana-s.jpg
ミルクちゃん、ロッキーちゃん、ハナちゃん







eggplant--000-1-booreitaishonyansuke-s.jpg
ぶうにゃん、レイちゃん、大将君、ニャンすけ君






eggplant-01koharuchororock-s.jpg
こはるちゃん、チョロちゃん、ロックちゃん







eggplant-02-3chiyoshii-s.jpg
ちよさんとしぃちゃん







eggplant-000-1-3s.jpg

フラン、マイク、シュヴァ

2012.08.23 
eggplant-night-03-1--s.jpg


のっこり のっこり
のっこり のっこり

まだまだ一緒にいたいけど
ママのお膝のぬくもりを思い出したから
また一年 待てるよ きっと


のっこり
のっこり

振り返り
振り返り
少しでもゆっくりね






eggplant-night-04s.jpg


そして みんな 行っちゃった

バイバイ
またね




fran-bon.jpg

バイバイ フラン




schwa-bon.jpg

バイバイ シュヴァ





mike-bon.jpg

バイバイ マイク


また来年ね



2012.08.17 
このブログも最初の頃は3日に一度くらい頑張って書きましたが、
このところはサボり気味。

久しぶりにお友達の所に伺うと、
大事な家族ねこさんが闘病していたり、
星に帰ったりしていて、夜中にひとり悲しい思いをすることもあります。

でも、人間せんせいの気持ちとは比べ物にならないほど
ご家族は哀しみにくれているのであり、
一度もお会いしたことがない方なのに、
やっぱり、その悲しみは如何ばかりだろうと、
そちらの方が切なくなってきたりします。

何をして慰めて差し上げられるだろう・・・


それで、やっぱり、へたっぴぃな絵を描き始めます。


august-wind-05-2012-1ms.jpg



去年描いたものに、今年新盆を迎える猫さん達も一緒に描いて
一段と賑やかな「千の風」になりました。


にゃんにゃんにゃにゃらん♪
きっとお友達と一緒に、にこにこと大好きなママのところへ
キュウリに乗って駆け付けたことでしょう。

昨年、おナスに乗せてしまってのんびりのお帰りになってしまった猫さん達、
今年も、直すのに間に合わなくてごめんなさい。
来年は、キュウリで駆けつけられるようにするからね。


そして、
大好きなマイク、フラン、シュヴァ、
お帰り~!



今年新盆を迎える猫ちゃん達は・・・・

(例によって、無断で描いてしまったので下記に・・)

READ MORE▼

2012.08.13 
学校が夏休みに入り、
あっという間に忙しくなってきました。

ずいぶん経ってしまった、前回の続きです。



時々お邪魔する近所の「うさぎカフェ」で、
たまたま人間せんせいんちから200メートルくらい先のおうちの方と
ある日、席が隣り合わせになりました。

その方を、仮に「きりんさん」とします。

実は、きりんさんちの近くのおうちから、毎年仔猫が排出され、
その子らが方々へ散り、
隣りの自治会の人間せんせいの方へやって来ているらしいのです。

人間せんせいんちの外ねこ隊も、
ここの自治会ニュースに載った公園の猫たちも、
元は、多分みんなそこの一族だろうと思われます。

きりんさんの話によると、
そこのおうちでは、毎日バケツ2杯分のドライを置くそうで、
猫たちは飢えはしていませんが、
管理はそれだけなので、避妊はもちろん、頭数の把握もされておらず、
また、別の猫たちも集まってきているとのことです。
この春に仔猫たちが次々と生まれたことにより、
近所でもそのおうちに何とかしてもらおうとしているのですが、
その「何とか」が具体的には、
そこのおうち人にも近所の人たちにも、わかるようでわからなくて、
結局誰も動こうとしないので、ただ日々が過ぎていくとのことでした。

ここのところ、こういう話がやけに続くな・・・

またもや重なる偶然に何かお告げを感じた人間せんせいは、
こちらの自治会でもちょうど話に出ているところで、
それは連携して動くいいチャンスですね・・・と、
まず、飼い主さんの承諾後、きりんさんちの近くの猫たちを捕まえて
避妊をさせる一歩を踏み出すお手伝いに乗り出しました。

「うさぎカフェ」の協力も得、
人々の地域猫への理解を得られるような記事の印刷物をお渡しして、
ケージや病院への送迎の準備があることを伝えると、
きりんさんの動きが早い早い!

ご近所の方たちとすぐに話し合いを持ち、みんなで力を合わせ、
数日後には「捕まりましたよ!」の知らせが。
それも、2つのケージに3頭も入ったとの、
最初にしては奇跡的♪

「うさぎカフェ」のうさぎさんと手分けして病院へ行くように駆けつけましたが、
残念なことに、人間せんせいがお貸しした方のケージ、
以前、外ねこ隊の「ちびちゃん」が逃げ出したように、
中で暴れてケージを倒して、1頭逃げてしまいました。

でも、手始めとしては2頭の避妊だけでも、
動き始めた人たちには自信となり、
一歩進みましたね、これから徐々にですね、と、みんなにっこり♪


DSCF7031s.jpg
   (これから病院へ行くところ。人間せんせいを睨んで怒っています。)


人間せんせいんちのお向かいのマンションはまた違う自治会です。
そこでも仔猫が生まれてという話を最近聞きました。
そこの自治会長さんも良く知る方です。

それぞれの自治会では、今は夏祭りの準備で大忙し。
でも、夏が終わるころには、お隣り同士、連携して、
きっと、少しずつでも動き始めて、一歩ずつでも結果も出ていくような予感がします。

もこもこ動いていく。

ここは、車の往来も少なく、緑も多く、
住む人たちの意識が変わっていけば、
きっと、猫たちが外で暮らすのに楽しい所になるでしょう。
そうなってもらいたい。
いえ、そうなるように自分たちの手で作っていくことにしましょう。

春からたくさんの偶然が重なりました。
それは、言葉を変えれば、縁がつながっていったということでしょう。
天から降って来たこの縁を、
愛する猫たちのために、でもきっとそれだけではない、
私たちみんなの笑顔のために、大事に育てていかなければなりません。

お嫁さんでこの地に入ってきた「よそ者」
子供もいなくて、今までなかなか地縁を感じることもありませんでしたが、
人間せんせいにとっても、ここに根を張る一歩だということでしょう。


ついでにいえば、
今夜、数キロ先の河原で花火大会があり、
人間せんせいんちからも少し見えますが、
坂の上に行ったらもっと見えるかと、外へ出てみました。

坂の上には女性が一人いて、
『そこから良く見えますか?』と声をかけ、一緒に見始めて、
少しお話をしたら、
なんと、先日2頭の猫を避妊させる時に動いた一人、お隣りの自治会の方でした。

まぁ、その節はどうもどうも・・・と、
これまた、猫たちがもたらしてくれたご縁でした。







2012.08.03