FC2ブログ
DSCF2373s.jpg



春爛漫
小さな野花から庭木に至るまで、次から次へと花が開きます。
そして、小さな木の芽は見る見る間に若葉になり、
これからは、毎日のように大きく濃く青々と茂っていきます。


DSCF2314s.jpg



こうした花や木を見ていると、
まるで、今の季節に、命を燃やしているかのような錯覚をします。
当たり前のことですが、
春に花を咲かせるためには、
梅雨も夏の日照りも冷たい風も必要で、
そのみんなみんなが積もり積もって今美しい花を咲かせています。

人間せんせいんちのぼたんは、ちょっと自慢~♪


botan-01.jpg


botan-02.jpg


botan-03.jpg


もともとは、友人が遊びに来たときに、
おみやげに持ってきてくれた鉢植えだったのです。
鉢も合わせて50センチにもならなかったと思います。
花は2つついていました。

それを北側の庭に植木鉢ごと植えました。
敷地は少し斜めになっているので、西陽が当たります。

それから20年、毎年毎年、大きくなって人間せんせいの背も越え
今や3メートル近くの木になりました。
花も増えて、今年は26輪咲きました。
写真に撮るにも、フェンスに上らないといけなくなりました。

土の中には今でも鉢が植わっています。

鉢を割ってあげなきゃいけないねぇ。
もう、割れているかもね。

毎年おばあちゃんとそう言いますが、
よほど今の環境が気に入っているようなので、
まだ、このままです。


人間だって猫だってみんな同じ。
一日として無駄な日はなく、
毎日が積み重なって自分らしい一生になるのでしょう。

自分にあった環境、そして自然体、大事なことなんだね。

毎日を気持ちの良い一日にしたいね。
家の中でも。
外で生きるにも。


DSCF2112s.jpg


DSCF2351s.jpg


DSCF0200s.jpg



kuronekoline.gif

2011.05.03