上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
DSCF3066s.jpg



信じられないことに、
ここ関東でも梅雨入りだそうです。

今年は春がゆっくりで、
やっといい季節になったと思ったのに。



DSCF3053s.jpg



DSCF3056s.jpg


ご飯が終わっても遊びに行けないねぇ・・・




そして、おうちの中でも
寝るわ寝るわ!


sen-110528s (4)


DSCF2991s.jpg


静かな静かな一日でした。





kuronekoline.gif


スポンサーサイト

2011.05.29 
サクラソウが咲いているので先月のこと、
ご飯の終わった「茶こちゃん」
何やら警戒モード。


DSCF1996s.jpg


何だろう・・・怖いけれど近づいてみる・・・


DSCF1997s.jpg


むむむ。
なにヤツ!?

警戒モード全開!


DSCF1998s.jpg




ふむ・・・
テキは動かないし・・・??


警戒モード、ちょっと下降


DSCF1999s.jpg



大きく回って・・・


DSCF2001s.jpg



なんだ、こいつ???

死んでるし。


と、思ったかどうか。







本日、実家へ行ったら、カルミアが満開でした。
スカートを広げたようなかわいいお花です。


SANY1414-1s.jpg


SANY1417-1s.jpg





kuronekoline.gif

2011.05.24 
DSCF2946s.jpg



ニーニは我が家に来てから2年とちょっと経ちますが、
相変わらず人間せんせいの顔が嫌いのようで、
手を伸ばすと「やめれっ!」と厳しいパンチが飛びます。

ところが、

朝と夕、ドライフードの前では、
なんと、抱っこにほっぺすりすりも、
耳をパフッと口にくわえることも、
ぶっちゅとKISSをすることもできてしまいます。

ご飯の前に撫で撫でを繰り返していたら、
半年くらい前から自分からゴツンゴツンと頭を摺り寄せてきて、
抱っこしてみたら、あらら、おでこをぐんぐんぶつけてきました。

それで、朝と夕、ご飯の前に彼を抱っこして
ぐりぐりと撫でまわすことが日課になり、
鼻にいつもついている大きなガビガビも目やにも取ってしまいます。

彼の場合は、時間限定、場所限定で、
この時以外は触らせてくれません。

ご飯の前で人間せんせいにサービスをしているとも、
我慢しているとも違っているようで、
ドライの袋を向こうへぶちまけてしまうほど、
自分からぐいぐいと頭を摺り寄せてきて、まるで別猫のようです。


DSCF2949s.jpg


小さな頭で何を考えていることやら・・・

ま、場所限定でも抱っこできるようになったのだから、大進歩か♪




近所の公園は菖蒲やアイリスの真っ盛り。

ailis0514(004).jpg


ailis0514-05s.jpg



ailis0514-09s.jpg



kuronekoline.gif

2011.05.22 
人間せんせいが中学に上がり、今の時期になると、
中間テストのため部活はお休みだの、
職員室には入室できず、先生を入り口で呼んでもらうだの、
なんだか物々しく、何事が始まるのかとどきどきしました。

その頃、中間テストは「中間考査」といいました。

ちゅうかんこうさぁ~~???

そんな日本語も知りませんでしたし、
この間まで小学生だったので、テスト週間というのが想像できず、
何か大変な行事だという緊張感だけが伝わりました。


今、人間せんせいの目の前の子どもたちも緊張しています。

「一日テストばかりってなんかやだ~」
「早く帰れるらしいよ♪」
「理科や社会の勉強ってどうやるの?」

中学1年生の英語の中間テストなんて、殆ど学習していることがないので、
アルファベットを正確に書けるようにするとか、
自分の名前を書けるようにするとか、
せいぜいが、レッスン1のページの英文だけです。

それでも、この科目は小さなミスをしやすいこと、
文字や記号をきちんと書かないといけないこと、
先生が読める文字を書くこと、
そして丸暗記すればできちゃうこと、など、何度も練習をしていきます。

大人から見れば本当に簡単な問題ですが、
基本の基本、ここで満点が取れれば、ニコニコ得意科目になれる・・・・


なれない
なれない   (ー”ー;)  


1学期中間の英語なんて、誰でもいい点が取れてしまいますから。


が、不思議なことに、
90点でニコニコの子と、80点でニコニコの子と、
100点でニコニコの子では、その後が少しずつ違ってきます。

100点を取らせないと、その後も小さなミスをするようになるのです。
学習する内容が少ない今、
隅々まで目を配ってミスをしない癖をつける、
これが1年生の1学期中間テストの一番の目標になります。

定期テストや入学テスト、それらが今の形態で行われる限り、
一つのミスの命取りを、今のうちから習慣づけます。

さて、あともう1週間!


と言いつつ、
人間せんせいは、きょうから公開の「パイレーツオブカリビアン」
仕事帰りにレイトショーで♪

ごめんよ~、みんな。
頑張っておくれ~。


DSCF2886s.jpg



DSCF2860s.jpg



DSCF2799s.jpg

今年はだいぶ遅かったスズラン。

もう何十年も昔、まだ学生の頃に、
北海道に行った記念に、ひと苗のスズランを人間家族に送りました。
体育会系の男の子に、花の苗なんぞ送っても喜びもしなかったでしょうが、
おばあちゃんが大事に植えてくれて、今では30も40も株が増えました。

ありがたいことです。


kuronekoline.gif

2011.05.21 
人間せんせいは子供の前に立っても恥ずかしくないように、
「清く正しく美しく」生きようと日夜努力を重ねているわけですが、
現実はそう甘くはなく、長い人生、正直に告白すれば、
「清く正しく美しく」ないことも多々引き起こしてきました。

忙しく時間がない時ほど、サイトから過去記事を引っ張ってきます。
本日は、その顛末・・・人間せんせいの犯歴について、
おぉ、これぞまさしく、ないしょ中のないしょの話です。



**********************************************************


交通法規でいうと、酒酔い運転、無免許運転、スピード違反、
この3つが凶悪なのだそうです。

人間せんせいはほとんどお酒は飲めないので、酒酔い運転はありません。
無免許運転・・・・、あります。
スピード違反・・・・、あります。
前科2犯というわけです。
いや、駐車違反をいれたら、2犯どころではありません。
なんというせんせいでしょう!?
我ながら、子どもたちの前によく平然と立てるもんです・・・




ううう、これ以上ここには書けません・・・

お時間のある方、続きは・・・こちらからどうぞ。








お帰りになった方へ

長々とお疲れ様でした。
お目々なおしに、ご近所のフェンスに今美しく開くテッセンを。

tessen0514-05s.jpg


tessen0514-01s.jpg


tessen0514-04s.jpg




kuronekoline.gif


2011.05.17 
先週のこと、
時間が空いたので、うさぎカフェに行きました。
ちょうどお客様が切れた時に、うさぎママさんが言いました。

「昨日ね、ものすごくガリガリの猫が来たの。
 ビリーが襲い掛かるので、逃げちゃって何もしてやれなかった。
 ボランティアさんにも言ったんだけど・・・」

外で暮らす猫の中には痩せた猫も時々見かけます。
人間せんせいは、そんな猫を思い浮かべました。

『いるよねぇ、痩せて本当にかわいそうな子が・・・』

足元にはビリーがまったりと寝そべっていました。

・・・と、急に彼が起き上ったかと思うと、
脱兎のごとくお店を飛び出していきました。

人間せんせいが何事かと、外に出てみると・・・

目の前に仁王立ちになったビリーいて、
その傍らには仔猫がぺしゃんと座り込んでいました。
ちょうど、び~ぼに「ハァーッ!」とやられたえびせんが、
勘弁して~とコロンとおなかを出してやりすごすように、
その仔猫は明らかに降参を見せていました。

後から出てきたうさぎママさん、
「あ、あの子よ!」

その仔猫はよろよろと立ち上がり、
ふらふらと向こうへ行ってしまいました。

仔猫ではありませんでした。
紙のようにぺらぺらの大人の猫でした。
確かに、これほどの痩せた猫は、人間せんせいも初めて見ました。

星に帰ったフランやシュヴァはおなかが悪かったので、
亡くなる前には本当に骨と皮だけのようでしたが、
彼らが死んじゃった日でも、あんなに痩せてはいませんでした。

呆然としショックでしばし判断が遅れました。
うさぎママさんちでは引き取れないということで、
彼女も躊躇していました。

『やっぱり、とりあえずお医者へ連れて行こう。』
人間せんせいがそう言うと、

「でも、その先のことも考えないと。
 うちはダメだし、せんせいの所も満杯でしょう・・・」

『入院させてもらって、その先引き取り先がなかったら
 うちで引き取るから!』
人間せんせいは、家族に相談もなしにもう結論を出していました。

この先、ぺらぺらの子を見るたびに引き取るつもりがあるのか、
もしも重大な病気を持っていたなら、ねこ隊とどう折り合うのか、
熟慮するべきことはありましたが、
紙のようにぺらぺらの猫は、きょう明日という段階のように見えました。

5メートルくらい先の角を曲がって見えなくなったガリガリ君を追いましたが、
呆然と固まったほんのちょっとの間に、どこかへ隠れたのか、
その姿は見えなくなってしまいました。

ボランティアさんは家庭の事情でただ今保護活動が難しい状況であり、
彼女の他には、所属する会の窓口になってくれる人がいません。
我が家にあるケージをうさぎカフェの外に置いてもらい、
うさぎママさんが捕獲をしてくれることになりました。

毎日のメールで、
カフェにまた来て、ご飯をあげたけれど、またビリーに追われてしまったとか、
翌日はそこの先のおうどんやさんでもご飯をあげたとか、知らせてくれて、
一日に一回でも、食べ物はおなかに入っているようでした。

結論から言うと、三日目に、ガリガリ君は保護されました。

女の人が食べ物をあげ、どこかに電話して、
後から来た、家族らしき人が段ボールの箱を持ってきて、
それに入れられて連れて行かれたと。

先に来た女の人が食べるものを持っていたことから、
それ以前にもガリガリ君に遭遇したのでしょう。
見るに見かねて食べるものを持ってまたやって来て、
そして、見つけたので家族に電話して来てもらった、ということでしょう。

ひとつ、命が救われました。

知っている人ではないので、100%確実かといえばわかりませんが、
状況からして、その人のおうちの中で過ごしているだろうと思われます。

昨日きょうと雨。
あのまま雨に打たれていたら・・・

本当によかった。

でも・・・何だかちょっと寂しい気がするのはなぜでしょう。
人間せんせいは、もう、引き取る気満々だったのかもしれません。




alone-winter.jpg





kuronekoline.gif




2011.05.13 
mamaneko-block05s.jpg


昨年の今頃、外ねこ隊を次々と捕まえて手術をしたのでしたっけ。
早いものでもう季節が一巡しました。

雨を避け、風をよけて、
夏は日影を探し、冬にはおだんごで暖を取り、
外の子たちは、人の手を借りずに日々を送りました。

暑くもなく寒くもなく、
ぽかぽかと一年で一番気候のいい時期、
さぁ、きょうはどこへ行くのかな。
何をして遊ぶのかな。





kuronekoline.gif



2011.05.08 
外ねこ隊のご飯は、夜は
「こせん」「クーちゃん」「ザッツン」「ちびちゃん」「茶こちゃん」ほとんど全員出席、
それに時々、彼らの父親らしき「ちびシュヴァ」と「うっしぃ」が加わります。

朝ご飯は時間が決まっているにもかかわらず、
早朝はいたのに、待ちきれなくてどこかへ遊びに行ってしまったりして、
三者会談のようだったり、


DSCF2445s.jpg



男の子「こせん」に女の子、両手に花だったり。

DSCF2530s.jpg



茶色くんチームと

DSCF1991s.jpg


黒くんチームに分かれたり、

DSCF1993s.jpg



時にはねこ隊らしく、2列縦隊だったり

DSCF2459s.jpg




学校ごっこをして、「こせん」が先生になったり、


DSCF2507s.jpg



「クーちゃん」が先生になったり

DSCF2402s.jpg




「あ・・・「茶こちゃん」遅刻だよ~」

「だって・・・前髪が決まらなかったんだもの~~」

DSCF2423s.jpg



でも、大抵は円陣を組んで

DSCF2290s.jpg


「きょうも元気に頑張ろう~!」
「おぉ~っ!!」

と、みんなで掛け声をかけ、
整列して見回りに出かけます。


DSCF2232s.jpg


おぃっち、に、おぃっち、に!!



kuronekoline.gif


2011.05.05 
DSCF2373s.jpg



春爛漫
小さな野花から庭木に至るまで、次から次へと花が開きます。
そして、小さな木の芽は見る見る間に若葉になり、
これからは、毎日のように大きく濃く青々と茂っていきます。


DSCF2314s.jpg



こうした花や木を見ていると、
まるで、今の季節に、命を燃やしているかのような錯覚をします。
当たり前のことですが、
春に花を咲かせるためには、
梅雨も夏の日照りも冷たい風も必要で、
そのみんなみんなが積もり積もって今美しい花を咲かせています。

人間せんせいんちのぼたんは、ちょっと自慢~♪


botan-01.jpg


botan-02.jpg


botan-03.jpg


もともとは、友人が遊びに来たときに、
おみやげに持ってきてくれた鉢植えだったのです。
鉢も合わせて50センチにもならなかったと思います。
花は2つついていました。

それを北側の庭に植木鉢ごと植えました。
敷地は少し斜めになっているので、西陽が当たります。

それから20年、毎年毎年、大きくなって人間せんせいの背も越え
今や3メートル近くの木になりました。
花も増えて、今年は26輪咲きました。
写真に撮るにも、フェンスに上らないといけなくなりました。

土の中には今でも鉢が植わっています。

鉢を割ってあげなきゃいけないねぇ。
もう、割れているかもね。

毎年おばあちゃんとそう言いますが、
よほど今の環境が気に入っているようなので、
まだ、このままです。


人間だって猫だってみんな同じ。
一日として無駄な日はなく、
毎日が積み重なって自分らしい一生になるのでしょう。

自分にあった環境、そして自然体、大事なことなんだね。

毎日を気持ちの良い一日にしたいね。
家の中でも。
外で生きるにも。


DSCF2112s.jpg


DSCF2351s.jpg


DSCF0200s.jpg



kuronekoline.gif

2011.05.03 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。