上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
たまたま病院へ行って診察や治療の際に、
マイクやねこせんせいは、歯垢を取ってもらったことがあります。

マイクはあごの下に良性の腫瘍ができて手術の際、
麻酔をかけたので、ついでに。

ねこせんせいは、先日、
ほれ、人間せんせいを嫌いであろうあのキビシイお医者様が、
ねこせんせいを触診してくださった折に、指でがりっと。

家ではお遊び程度に綿棒でぐりぐりするだけで、
効果があるのだかないのだか、というところでしたが、
何年か前にペットショップで歯磨き用の指サックを見つけました。


100816-0017s.jpg



人差し指にはめて口の中をぐりぐり・・・
いやいや、そぉ~っと撫で撫でするくらいでしたが、
自分の二の腕の裏の柔らかいところで試してみると、やや痛いかもしれないと思い、
たま~に思い出した頃に使うくらいです。

大体、ねこせんせい以外はこちらから抱っこに行けないのですから、
マイクもいなくなった今、若い他の子たちは、歯垢ができ放題ということになります。

先日、お菜箸の写真を撮っていて気がつきました。

そうだっ!
お菜箸を歯ブラシに代えてしまえ・・・

歯ブラシを割り箸にくっつけてお菜箸くらいに長くして立てて置きました。



100826-0001s.jpg


100825-0016s.jpg


100826-0004s.jpg


100826-0014s.jpg






ほほほほ~~♪

いい感じ♪

危ないことには変わりなく、人間せんせいがキッチンにいる時だけですが、
ただすりすりしているようでも、
何回かに一度はちょこっと牙も磨けるかもしれません。

ところで、こんな歯ブラシも見つけました。
丸く全部がブラシ状になっています。



100816-0013s.jpg




手で持ってニーニに差し出すと、なんじゃ・・・と言って彼は歯ブラシを咥えます。
それをそっと引き出すと、小さな小さな前歯が磨けます。



kuronekoline.gif


スポンサーサイト

2010.08.26 
daredare-011-s.jpg




先日のねこ君は、やっと縁側にだれだれできました。
よしずの陰で少しは涼しくなったでしょうか。

もうアブラゼミからミンミンゼミやつくつくほうしになり、
夜には虫の声も出てきたというのに、
なんとまぁ、この暑さはいつまで続くやら・・・

よしずやうちわくらいで、この暑さをしのぐことができるのかどうか・・・
人間せんせいんちは、夏地獄の2階南向きリビングで、床もテーブルも熱を持ち燃え上がるようです。
よしずはありませんので、窓のシャッターを半分下ろします。
それでも、だいぶ、いいえ、かなり暑さは控えられます。

HAPPYねこ隊は、窓を少し開け29度設定だとその部屋にいますが、
28度に下げたり窓を閉めたりすると、すっと部屋から出て行きます。

PCの方がもっとへとへとで、
効果があるのかどうかわかりませんが、なるべく放電したり、
冷却ジェルをタオルにぐるぐる包んで本体付近に置いたりします。
勝手なことをして、もっと壊したりして・・・

2010.08.23 
中学3年生の国語プリントに、
音便の活用の種類と活用形を答えなさいという問題がありました。

音便というのは、動詞が活用して連用形につながる時に、
例えば「走らない・走ります・走る・走る時・走れば・走れ」で、
連用形で「走りて」となるところを「走って」となったり、
「読まない・読みます・読む・読む時・読めば」で、
「読みて」とつながるところを「読んで」と、変化したりすることを言います。

すでに習っているはずなのに、プリントの解答を当てずっぽうにやってくる子が多かったので、
もう一度、音便の種類を板書して説明しました。

『五段活用の連用形の時だけに音便が発生するのよ。
 だから、こういう問題はそこが問われるので、五段活用で連用形に決まっている。』

なんだかみんな興味がなさそうで、目が引っ付いてしまいそうな様子です。

『小さい「っ」になるのを「促音便」
 「ん」に変わるのを「撥音便」
 「い」になるのを「イ音便」といいます。』

あああ、2名ほどこっくりこっくり、舟をこぎ始めました。

まぁね、そんなもの知らなくたって生きていけるけれどね、
君達以外は、全く必要ないと言ってもいいけれどね、
でも、君達は、その1点で受験に落ちるのよ・・・。

『では、エイ君、ご飯を炊くの「炊く」の連用形の音便の種類はなに?』
こういう時のせんせいの常で、こっくりしている子を指名します。

「え・・・何・・あぁ・・ええと・・」

エイ君は夢から急に戻されてぼぉ~っとしながら頭をかき、
「知らね・・・。」

当たり前です。
何も聞いていなかったのですから。

『では、ビイ君。』
「イ音便。」

すると先ほどのエイ君、
「なんか、キモくね?」
『なに? 正しい日本語で言いましょう。』
「なんか・・・変。」
『どこが?』
「そんな名前、変。韓国の俳優みたい。」

うん、確かに、イ・ウォンビンなんていそうだけれどね・・・



nekokun13.jpg


ぼくら


nekokun08.jpg


音便は知らなくても



nekokun06.jpg


ひんやりする所は知ってる・・・



kuronekoline.gif

2010.08.22 
寝室のエアコン      (壊れ歴・15日くらい)
FAX電話の親機     (壊れ歴・7年くらい)
ベランダの雨漏り     (壊れ歴・1ヶ月くらい)
リビングと寝室のシーリングライト2つ (壊れ歴・1年くらい)
コンポ           (壊れ歴・5年くらい)
ミシンの電源コード    (壊れ歴・10年くらい)

壊れて使えないか、または、だましだまし使っているものです。

この暑さの中、寝室のエアコンが壊れたのには、気分的に参りましたが、
でも現実には、人間家族は3呼吸くらいでバタンキューだし、
人間せんせいも元々エアコンは苦手だし、
窓を開け、凍った保冷剤を枕にすれば、
タオルケットをあごまで上げたいくらい体熱が下がりますから、困らずに熟睡でき、
こりゃたまらんと、リビングのエアコンで人間家族が寝たのは、16日の晩だけ。

電話機はもう7年くらい親機にがちゃがちゃと雑音が入りますが、
子機はまだ元気だし、この電話そのものを使うことは殆どないので、
これもそのままやり過ごしています。

ベランダはコンクリート製のものではなく、
知人にアルミ建材屋さんがいて、出来合いのものを取り付けてくれましたが、
リビングのエアコンをつけると下に水がぽとぽと・・・
雨どいが詰まっているのかと、この暑い中、
死ぬ思いでベランダ掃除に励みましたが改善されず、
まだ原因がわからなくて、リビングのエアコンのスイッチを入れるにもためらう日々。

天井に貼りついているライトはぴかぴか始めて、取り替えなければなりませんが、
部屋にはその他にダウンライト、スポットライトがいくつかあり、
作業場所、座るところなど人間がいるところの集中ライトなので、
それを点ければ不便はなく、もう去年からそのままになっています。

コンポも電源が入りませんが、
音楽を聴くにはPCをスピーカーにつないでいるので、これも不自由しません。

ミシンのコードは引越しの際にどこかに入ってしまったらしく、
電源が取れなければ使えないのですが、
どうやら、この10年、ミシンを使う場面は来なかったようです。

壊れているのにそこにそのままある・・・
使わないで済んでいるのに、そのまま鎮座している・・・・・

ふむ。

どうやら、人間せんせいはごみと暮らしているようです。



じゃぁ、さっさと捨てろって・・・(ノー_ー)ノ ~~  ぽいっ



更に、まだ使えるのでTVはアナログのまま。
その上、夫婦2人とも携帯が古く、なんと、これも近いうちに使えなくなるというじゃありませんか。

携帯とTVは期限があるので、近いうちには買い替えねばなりませんが、
その他のものは結局使わずに済んでいるので、
これらを全部捨ててしまっても、なんら不自由はなく、今と変わらない毎日になるはずです。

ただ、ベランダからのぽとぽとは、「こせん」達の寝床の側で、
今は暑い中、彼らはどこか涼しいところを見つけて寝る方が快適のようですが、
初夏まではここで寝ていたので、やっぱり秋までには直してあげたいと思います。

が・・・冷蔵庫も10年以上経っており、
壊れウィルスは感染して、家電が立て続けに、なんて聞くし、そろそろかなぁ・・・ぞぉ~!


se-0061s.jpg


ねこをねこで仰ぐ

2010.08.21 
うんと小さい頃、人間せんせいが最初におたふく風邪にかかり、
それを近所の子にうつしてしまったことがあります。
自分が治る頃には、お友達はみんなほっぺが腫れて、
何日かは一人で遊ばなくてはなりませんでした。

一人では、かくれんぼも鬼ごっこもできません。
仕方が無いので、蝋石を握って、道路に絵を描いていました。
道路のキャンバスは、どこまでも続いて、
線路を描いても、お花畑を描いても、どんどん広がっていきます。

下を向いて一心不乱に描いていると、どこからか、音が聞こえてきました。

ちりんちりん。ちゃりんちゃりん。
かりゃんかりゃん。こりんこりん。

ガラスとガラスが触れ合う音で、
高い音、低い音、いろいろな音が混ざり合い、いかにも楽しげな音でした。

顔をあげました。
何も見えませんでしたが、音のする方の角をじっと見つめていました。

そのうち、見えました。
屋台でした。
何かたくさんのお飾りをぶら下げています。
あお、あか、ピンク、みどり、オレンジ、きいろ、みずいろ・・・・。
屋台が揺れるたび、色とりどりのお飾りも揺れ、
そして、にぎやかな音を出すのでした。

わぁ~~~♪

まるで屋台がお飾りをして、おしゃれをしているようでした。
人間せんせいは、蝋石を握ったまま、口を開けたまま、
だんだんに近づいてきて、目の前を通り過ぎるお飾り屋台から、目が離せませんでした。

それは、風鈴を鈴なりにつけたきんぎょやさんでした。
まだ、人間せんせいは、風鈴がなんなのかわからない歳でした。

でも、
目の前を色とりどりの屋台が、スローモーションのように通り過ぎていった、
時間が一瞬止まったような、
そこだけ日常から切り離されたような、
そんなひとこまが、こんな歳になっても、目に焼きついています。

何度か絵に描こうとしましたが、うまくいきません。
脳みそのキャンバス、それが一番いいのかもしれません。

きょう、というのか、昨日というのか、
人間せんせいはひとつ歳を取りました。
あの夏の日からまた一年遠くまで来ました。

おかあさん、暑い夏の日、
私を生んでくれてありがとう。



medaka100816-1s.jpg


medaka100816s.jpg



kuronekoline.gif





2010.08.20 
100816-0005s.jpg




人間せんせいんちには、プレゼントの箱が3つ並んでいます。

神様から、HAPPYねこ隊を授かって、
楽しく愛しく、色鮮やかに毎日を一緒に過ごした後、
フランとシュヴァとマイク、それぞれ天へ還る約束の期限が来て、
魂は神様の許へ戻りましたが、
その時に脱いだ身体の衣は、人間せんせいの許に残してもいいよとのご慈悲により、
骨を箱に入れて、リボンをかけました。

その際に、真っ白できれいな骨を小指でほんのちょっと舐めてしまいました。
フランもシュヴァもマイクも、ほんのちょっとは
人間せんせいの骨を作るカルシウムになったかもしれません。

毛や爪やひげの少しは小さな箱に収まっています。
人間せんせいがいつも持ち歩く、胃薬やティッシュなどが入るポーチにも、
毛とひげがもっとほんの少し入れてあります。

いつもいつでも一緒です。

お盆は仕事がお休みだったのに、人の出入りがばたばたあり、
お盆とお正月くらいは人間せんせいもお嫁さんの面をかぶってひと働き。

忙しくしているうちにお休みは終わり、また夏期講習で、
フランとシュヴァとマイクともゆっくり過ごせませんでした。

それで、夜中にちょこっといたずら描き。
新盆のマイクが代表で・・・・



eggplant-04s.jpg


来年はちゃんと描くからね。


kuronekoline.gif

2010.08.17 
いつもお邪魔しているブログ「猫も茶を飲む」では、
癒し系りんちゃんと天然ルナちゃんのかわいい写真が満載で、
人間せんせいは、むふふふとにんまりしてしまうのですが、
先日、ルナちゃんの肉球を「くまさん」と書いてあって
よく写真を見ると、んまぁ~、肉球は本当にくまさんに見えたのです。

それで、昨日の「クーちゃん」のグレイの肉球の写真が撮れたので、
人間せんせいも、その写真をくる、くるっと回転してみると・・・・


ku100814-0011-2s.jpg


おぉ~~!!
グレイのくまさん、いました♪

ちょっと四角い顔だけれど・・・


kuronekoline.gif

2010.08.15 
やっとお盆の休みで、朝のご飯もゆっくりあげられます。
「クーちゃん」はこの頃はご飯よりもおもちゃで遊ぶのが好き♪

ku100814-0011s.jpg


外で暮らす猫たちには、おもちゃで遊ぶという概念はないようで、
持ち出した最初は怖がりましたが、
やっぱり最初に興味を示したのが「クーちゃん」でした。

他の子は、おもちゃを取り出しただけで逃げてしまいます。
何か、いつもと違う行動をしたとか、動作が大きいとか、
不穏な空気を感じ取ってのことだと思いますが、
朝に、「クーちゃん」と「こせん」だけの時を選んで、
人間せんせいは座ったままで動かず、おもちゃだけをちょこちょこ動かすと、
だんだん「クーちゃん」が遊ぶようになったのです。


2頭だけのご飯の時なので、のんびり静かで、
「こせん」もだんだん「クーちゃん」が遊ぶのに慣れてきたようですが、
彼は性格が臆病らしく、未だにおっかなびっくり、じっと見つめているだけです。

うちに来る前、マシュとニーニも、
珈琲屋さんの駐車場で、おもちゃでよく遊んでもらっていました。
おもちゃに釣られてケージに入ったようです。


m090219-10s-1.jpg


n090219-02s-1.jpg


ここでも、できれば、仔ねこ達が遊ぶようになって、
釣られてケージに入ってくれればいいのですけれどね。


ところで・・・
「クーちゃん」の肉球は、なんと薄グレイでした!


ku100814-0011-1s.jpg

触ってみたい・・・♪


kuronekoline.gif

2010.08.14 
100812-0019s.jpg


ご飯はまだかな

ご飯はまだかな・・・♪


ニーニはいい子でシンクの端っこで待っています。








100812-0017s.jpg


時々、洗って立ててあるお菜箸で

鼻くそをほじったり

歯磨きをしたりします。


お楽しみのところかわいそうですが、
かわいいお目々でも刺したら危ないので、
お菜箸はこの後すぐに仕舞われてしまいます。



kuronekoline.gif

2010.08.13 
一番最初に動物病院へ行ったのは、
マイクが来て初めてのワクチンの時だったと思います。

近所の、あぁ、あそこにあった、というくらいの気持ちで行きました。

その後、発熱したの、ご飯を食べないの、おなかがゆるいの、と何度か診ていただきましたが、
暑い時期には「夏バテでしょう。」 寒くなると「風邪でしょう。」
たいていはこの2つの診断しかなくて、
まぁ、実際にそんな、ねこ君達には自力で治す程度の不調だったかもしれませんが、
いくらねこと暮らす初心者とはいえ、
何だか私でも今すぐ開業できそうだな・・と感じ始め、他の病院を探しました。

自宅から20キロ強、1時間ほどの所のねこ専門病院に通うようになり、
マイクの良性腫瘍もそこで手術をしてもらったし、
ねこせんせいのぜんそく気味の症状も精密検査をしてもらったし、
フランはコロナウィルス抗体値が高くてインターフェロン治療もしていただきました。

そこは混雑している病院で、往きに1時間、待合室で1時間、帰りに1時間、
毎週毎週フランを3時間キャリーに入れておくのはかわいそうで、
遠い病院というのにも疑問を持ち始めました。

ただでさえ、お医者通いはストレスになるのに、
やっぱり近い方がいいに決まっているよね・・・

ねこと暮らす初心者もだんだん中級者くらいになって、
慌てず騒がず様子を見ることも覚えていきました。
ねこ専門病院の先生は親切で説明もよくしてくれ、信頼できましたが、
ただ遠いことだけがネックで、
結膜炎だとか軽い膀胱炎だとか、食欲がないので点滴をしてもらうとかは、
近所の友人の勧めで、車で10分くらいのところの病院へ行くようになりました。

最初の病院と3番目の病院は、多分、
昔ながらの動物の飼い方をしている飼い主さんをたくさん診ているのだと思います。
どんなに高額でもかまわないからありとあらゆる治療をして・・・という方針ではなさそうだったし、
しつこく質問をしない限り、通り一遍の説明しかしてくれず、
それ以上は素人は知らなくてよろしいという印象でした。
もしかして、失礼な想像ですが、日々進歩する最新医療も馴染みがあるのかどうか・・・

この春新しくできた、すぐ近所の病院は、
開業の際、「見学どうぞ」とチラシが入っていたので友人と見に行き、
いろいろな最新設備も整った、環境としてはよさそうな病院でした。

さて、老化というのはゆっくりだんだん弱く細くなっていくのかと思ったら、
マイクの色々な症状は突然一気に来た・・・と学んだ人間せんせいは、
最近お水をたくさん飲むようになった15歳のねこせんせいのケアについて、
このお医者様に相談しようと思い行ってみました。

たっぷり時間をかけてねこせんせいを触診し、
たっぷり時間をかけて説明もしてくれました。

でも、これこれこれの検査があり、それぞれのメリットまたはここまでしかわからないこと、
さて、あなたはそのうちのどれを選びますか・・・と言われるだけで、
結局、それを人間せんせいが選択しない限り検査も行われず、
そうかといって、ねこせんせいは、今何かの不調があるわけでもないので、
今すぐ検査を選べといわれても選べず、では日を改めて・・と。
せっかくねこせんせいを連れて訪ねたものの、何も前へ進まなくて、
何をしに行ったんだか・・・と答えが出なかったもどかしさがありました。

最初の病院のようにいつでも「夏バテでしょう」とアバウトに診断されても困るし、
素人は知らなくてもよろしいでは、不満だし、
でも、診断の前の検査からして、こちらの選択にゆだねられ、
検査の後で質問をしても、あぁ、それを調べるには別の検査が・・・というのであれば、
素人であっても検討できるだけの知識が予め必要になってきます。
そして、ちゃっちゃと検査が進まなければ、ねこにとっての負担やストレスも増します。

今は、ペットは家族になり・・・
昔も家族だったでしょうが、その家族観というのが様変わりしてきて、
お医者様もインフォームドコンセントをきちんとしてという立場が主流になっています。
治療とその結果においては、お医者様が訴えられるということも昔より増えてきているでしょうから、
飼い主は自分の責任で検査も治療もしてもらうというのが世の中の方向でしょう。

しかし・・・・
人間せんせい、自分に自信がなく、その流れにまだうまく乗り切れません。
せめて、「この検査、この治療方法が、この場合妥当だと僕は思いますが・・」
とかなんとかプロが言ってくださると、安心できるのですが。



ところで、前回書いた「こせん」のことについて、全部却下のお医者様、
「こせん」のついでにねこせんせいのことも相談だけしてみました。

『老ねこなので、何が何でも無理に治療延命とは思っていません。
 なるべく、自然な形で、でも今できることがあれば・・・』

例えば、誰か友人にこう言ったとしたら、言葉が足らなかったとしても、
その言葉の意味するところ、人間せんせいの心情というものは理解してくれると思います。
というか、そう理解してくれる人たちに今まで囲まれてきました。

さてそれで、その先生の返事は・・・

「自然にというなら、医者に相談する必要はありません。」 で終わり。

ううううう。

ね、とりつくしまがないでしょ。
そして、この先生のおっしゃることは間違ってはいないでしょ。
でね、人間せんせいは、やっぱり嫌われているでしょ。

ううううう。いい先生なんだけれど・・・え~~ん!


ku-0142-s.jpg


かかかか!

なにやってんだか。


kuronekoline.gif

2010.08.12 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。