上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
かぼちゃは、こわいです。
煮て食べるとあんなに甘くて、やわらかいのに、
なかなかどうして、その前は、硬くて、おまけに頑固です。

かぼちゃを切るときには、いつも緊張し、
今でも東京湾に沈んでいるかもしれない、薬指の先っぽのことを思い出します。

硬くて、大きくて、包丁は途中まで入りますが、
そのあと、うんともすんとも言わず、先にいきません。
じゃあ、抜こうと思っても、力を入れると、
包丁がどこに跳ね返るかわからないので、後にも戻れません。
そうかといって、投げ飛ばすわけにもいかず、
どうしたもんかと、しばらくそばを離れて、
半分まで包丁が突き刺さったかぼちゃを、じっと眺めたりします。

『タイムマシンがあったら、
 かぼちゃをメニューに入れない時間まで戻るのに・・・。』

過ぎ去ったことを悔やんでも、解決にはなりません。
そのまま眺めていては、一生かぼちゃは食べられなくなります。

『無駄な抵抗はやめろ・・・。』

かぼちゃをぐっとにらみ、できるだけどすの利いた低い声で脅し、
もう一度、突き刺さったままの包丁の柄を握り締めて、力を込めます。

だめです・・・。切れません。

刑事ドラマでは、こわもての刑事がどついて犯人をおとすより、
人情派の刑事がぽつりぽつりと言い聞かせて、自白させる場面がよく出てきます。

では・・・。

『生まれはどこなんだ?』
『かあちゃんが泣いてるぞ。』
『最後のお勤めをしなくっちゃ、いけないよ。』
『カツ丼でも食うか?』

かぼちゃにじっくりと言い聞かせ、
涙を誘って、
いざ、もう一度。

ざくっ!!

おぉ~~。
かぼちゃも人情には弱いようです。

それでも、最後の抵抗なのか、断末魔の叫びなのか、
2つに割れた片割れが、ごろんとまな板から床に落ち、
『うううわぁぁあ~~ぁぁ!』
人間せんせいは、思わず包丁を放り出して、飛びのいてしまいます。

かぼちゃを食べようとすると、命がけです。

n100220-07s-1.jpg

       ひとりで、わぁわぁ、何騒いでいるの・・・?


kuronekoline.gif


スポンサーサイト

2010.02.24 
本日のお話は、ホラ~になります。
心のやさし過ぎる方、心臓の弱い方は、
ここまでで戻るボタンを押したほうが賢明だと思われます。         

実は、これまで隠してきましたが、
人間せんせいの左の薬指のさきっぽは欠けています。
小学4年生にしてヤクザの道に入り、
生まれつきのおっちょこちょいでそそうをし、指を詰める羽目となったのです。

うそです。
包丁で切り落としてしまいました。
えぇ~~~!!

これはほんとう。

ちょっとおおげさ、かな。

ある秋の日、なぜだか両親と弟は留守で、家には兄と人間せんせいだけでした。
兄はピアノを弾いていて、
兄思いの人間せんせいは、梨をむいてあげようとしました。

梨は、思っていたより芯が硬く、力を入れて半分に切ったところ、
梨はごろんとまな板からシンクに落ちて、指のさきっぽも一緒に飛んでいました。

正確にいうと、さきっぽの右側がちょっと欠けているだけです。
指の先は、まぁるくカーブを描いていますが、
薬指の頂点から右側は、すとんと斜めになっているわけです。

びっくりしました。
だって、シンクに指のさきっぽが落ちているのです。
「わぁぁぁあああ~~!!」
わけのわからない声を発したと思います。
自分のピアノに自分で酔いしれている兄は、気がつきません。

血がどんどん流れています。
困って、輪ゴムを取り出し、薬指にぐるぐる巻きました。
指が白くなって、血は止まりました。

少し落ち着いてから、兄を呼び、兄は何事かとやってきました。
「指が落ちた・・・。」
シンクの中のさきっぽを指差して言いました。

兄は、落ちたさきっぽを拾って、
「なんだ、皮じゃん。」と言いました。
皮だって、厚く切り落とせば痛いです。
いや、肉だって少しはついているかもしれません。
「落ちた、落ちたんだもん! 血がとまらないよ・・・。」

兄は、輪ゴムの指を見て、
「えらい、えらい。そうやっていればそのうち止まるよ。」
と、平然と言い、またピアノに向かってしまいました。
痛いのに、薬もつけてくれません。
落ちたのに、くっつけようともしてくれません。

落ちたさきっぽは、また、シンクに捨てられ、水と一緒に流れてしまいました。
私の指のさきっぽ・・・・。
流れ流れて、東京湾まで行ってしまうのでしょうか。

そして、兄は、背中を向けたまま言いました。
「でもさ、輪ゴムをしたままでいると、今度は、指の根元からもげるよ。」

げぇ~~!!

輪ゴムを取れば、また血が出ます。
はずしたりつけたり、指を心臓より高く上げたり、疲れておろしたり、
そんなことを繰り返していたら、いつの間にか血は止まりました。

帰ってきた母に真っ先に指を見せて告げました。
母はびっくりしましたが、
横で兄が「皮、皮。」と言うので、それ以上同情はしてくれませんでした。
父にも見せました。
「今度は元気なのが生えてくるぞ。」と、わけのわからないことを言いました。

何も生えてはきませんでした。
兄の言うように、ちょっと厚めに皮を切ったのでしょう。
人に見せても、
「まぁ、そう言われればね・・・。」という程度ですが、
でも、落ちたところを見ている人間せんせいにとっては、確かに欠けているように見えます。

ときどき、東京湾に埋まっているさきっぽのことを思い出します。


se028-s.jpg

   痛かったんだね。
   撫で撫でしてあげるね。

kuronekoline.gif

2010.02.22 
人間せんせいの家では、今は、ねこ隊は寝室に出入りできません。

以前の、建て直す前の家では、寝室はベランダに面しており、
ねこ隊をベランダに出してあげたいと思えば、
自動的に寝室も出入り自由にしなければなりませんでしたが、
実は、ねこせんせいがそこかしこにスプレーをしてしまうため、
人間達はかなり困っていました。

ですから、建て直す時に、
2階をリビングにしてそこからベランダへ出られるようにしました。

しばらくは彼らは、1階の寝室には入ってきませんでしたが、
少し経つと、ねこせんせいがドアノブにぶら下がって開けることを覚え、
他のねこ隊も、夜中にもそもそと、寝室に入ってくるようになりました。

それはそれで、人間せんせいには、ぬくぬくとした幸せがまたやってきたし、
ねこせんせいは、寝ぼけて寝室に入ってくるらしく、
すぐまた寝に入って、スプレーはしなかったし、
このままでもいいかな・・なんて思ったりもしました。

ところがです。
なんか、目覚めがすっきりしない日々が続きました。

人間家族が5時半に起きるとき、
今までは人間せんせいは、そのままベッドの中で手を振るだけでした。
でも、ねこ隊が寝室に入ってくるようになってからは、
そうはいかなくなりました。
人間家族とともに、ぞろぞろと寝室を出て行ってくれればいいのに、
彼らはなぜか人間せんせいの枕もとに移動するのです。

その後、人間せんせいは、またうとうとしかけますが、
でも一方で、このまま寝てはいけないような気もします。
それでも、眠くて、またすぅ~っと睡眠に入りそうになります。
だけど、なんだかただならぬ気配もぬぐいきれません。

睡眠導入と覚醒がせめぎあう中、
ようやく人間せんせいが、うっすらと目を開けると、
ねこ隊が、人間せんせいの頭をぐるりと囲むように坐り、
8つの目は、枕もとから人間せんせいを見下ろしていたのです。

じっと。
静かに。
何か言いたげに。

ただ、じっと黙って見つめているだけでした。
それは、「寝てはいけない、寝てはいけない。」と、
念力を送っているようにも思えますが、
「おかあちゃん。いままでかわいがってくれてありがとう。」と、
最後のお別れを言いたいようにも感じられました。

こわいです。
まるで、臨終を看取られているようです。

そのまま、2度寝に入ると、
ねこ隊に看取られて死んでしまうような気がして、
人間せんせいも6時前に起きるようになってしまいました。

午前中はぼぉ~っとして活動できないし、
これは、やっぱり早急に何とか対策を練らなければならないと、
寝室のドアーには、クローザーをつけることにしました。
ねこせんせいがぶら下がってもノブが下がるだけでドアーは開きません。

今、彼らは、ぽかぽかマットを弱にしてその上で寝たり、
湯たんぽをねこベッドの下に入れてもらい、
人間せんせいのベッドでなくてもぬくぬくと冬の夜を過ごします。

ねこ隊のいない人間せんせいも、湯たんぽを入れて、
やっぱりぬくぬくと寝付きます。

fse.jpg

kuronekoline.gif

2010.02.19 
高校受験に作文があるため、中3の子達は塾でも作文練習をしていました。
たいていは、出題者側の喜ぶ結論がすぐわかりそうな、
「公共マナーについて」「夢について」「読書離れについて」などなど、
面白くも何ともない題材なのですが、
先日、どこかの県での過去出題に、
「もし山小屋に1ヶ月滞在するとしたら、その生活を豊かにするために、
 ひとつ、何を持っていきますか?ただし、テレビとラジオは除きます。」というのがありました。
昨今の子供事情を考慮して、PCと携帯も除外すると付け足しました。
持っていく物について、その理由と使い道、
それがどう豊かな生活をもたらすのかという内容を表現する作文だと思います。

試験間近だったので、10分で220字以内と制限を設け、
子供達が書く間、さて、私だったら何を持っていくだろうかとちらっと考えました。

やっぱり百科事典でしょう!
いや、もっと直接的に、デジカメがいいかな?
スケッチブックかな?
双眼鏡や虫眼鏡、顕微鏡でもおもしろいかも♪
なんて、10分間、他のプリントの採点もさぼって空想しました。

さて、子供が書いてきた、山小屋に持って行くものとは・・・?

毛布、できるだけたくさんの食料、水、ナイフ、マッチ、ライター、薬・・・

寒さをよけ、体力を温存してはじめて1ヶ月を乗り切れる、
食料や水がなくちゃ始まらない、
食事を作るにも修理するにも、採集するにも、身を守るにもナイフは欠かせない、
火を起こすものがあれば、暖を取れる、灯りにもなる、食事を作れる、身を守れる、
慣れない生活に体調の不調があるかもしれない・・・

複数の子達がこれらのものを持っていくと書き、その理由も殆ど同じものでした。
この7つ以外の持ち物はありませんでした。

人間せんせいは、身の安全や食料などは当然確保されているという前提で、
虫眼鏡なんて想ったのでしたが、
今の子達は、危機管理ができているというわけでしょうか?

災害が来たらどうサバイバルする・・?
なんていうTV特集が浸透しているのかもしれません。
彼らが生き残って、人間せんせいが虫眼鏡を片手に死ぬことは間違いありません。

が、しかし、難しいですが受験作文は採点もしなければならず、
そして、彼らの書いてきたものに、残念ながらいい点数はあげられませんでした。

「生活を豊かにする」ということの捉え方は人それぞれでしょう。
上記7つだって、確かに豊かにはできます。
が、みんな、それが必要だ、これに役立つと書くばかりで、
「豊か」ということを自分はこう捉えているということが見えてきませんでした。

サバイバルができそうなことは喜ばしいのですが、
そしてそれは、生きていく上ではもしかして一番大事なことかもしれませんが、
生活を楽しむ余裕がないのか、想像をする力がないのか、
現実的な15歳、ちょっと残念な気もしました。

彼らの入試は、秒読みに入ります。
どの子もが、とびきりの笑顔で春を迎えられますように。
彼らが、何をどう豊かなのだと考えるかは別にしても、
この先の日々が、未来へ続いていくことは間違いないのだから。

catlife-19.jpg

kuronekoline.gif

2010.02.15 
f-002.jpg

     
よほど食べたかったのだろう。

己の力を信じ、一点集中、一心不乱。
成せば成る、何事も。

諦めない。
身の丈以上も望まない。
ただ、目の前のことに集中するだけ。
誰の手も借りずに。

生きていく強さ。
好きか嫌いか、欲しいか要らないか。
単純なことが強さになる。

昨日のこともわずらわない。
明日のことも夢見ない。
ただ、今があるのみ。

牙についた、かすかな味を味わったのだろうか。


f-001.jpg

kuronekoline.gif

2010.02.13 
         
小さい子の英語教室では、
簡単な英語を使って、なぞなぞをしたりします。

『I'm a cat.』
『But I'm a robot,too.』
『I don't like mice.』
『I can fly.』
『I really love dorayaki.』
『What am I ?』

「Are you Doraemon ?」

『That's right !』
というわけです。

では、第2問。

『I have four legs.』
『I'm very big.』
『I can't fly.』
『I have a long nose.』
『What am I?』


「う~~~ん??」

なぜか子供たちは考え込んでいます。
そこで、もう一度、

『I have a long nose.』

ジェスチャー付きで言います。
これでわかるはず。

でも、誰も答えません。
あれれぇ~~?

『I'm very very big !』
『I have a lo~~ng nose.』

「Oh ! Are you an elephant ?」

『You are right !』


『なんでわからなかったのかなぁ・・・?
 long nose だから、すぐわかると思ったのに。』 と、
人間せんせいが言ったら、
一人の子が言いました。

「最近象のことを忘れてた。」

すると、ほかの子も、うんうん、とうなづきます。
「忘れていたよねぇ~~。」
「いろいろ忙しかったしねぇ。」

え・・・?
そりゃぁ、私だって、毎日、象のことを考えているわけじゃないけどね・・・・。

子供と一緒にいるのは、楽しいです。

rhino-5.jpg


kuronekoline.gif

2010.02.12 
人間せんせいは、月曜日にはせんせいの仕事は休みで、実家の仕事を手伝いに行きます。
といっても、父は、本業はすでに引退し、
そうかといって、家でおとなしくしている好々爺にはなれず、
細々と怪しげなことを始めたのです。

人間せんせいの肩書きは「社長」さん。
父は、「アルバイト老人」です。
もう一人「専務」さんがいて、この人が実際のこまごました業務をこなします。
「不定期契約アルバイト」さんもいて、
この人が実際の専門家になっています。

年に2.3回大きな契約をすれば回っていく仕事なので、
「社長」さんの出番はそのときだけです。

あとは、
「アルバイト老人」が作りっぱなしにしてあるファイルの整理をしたり、
「アルバイト老人」がやたらにクリックしておかしくなったPCの設定をしなおしたり、
「アルバイト老人」にメール送信のやり方を100回くらい説明したり、
「アルバイト老人」は英会話教室にも行っているので、その予習、復習を手伝ったり、

あるときは、掃除のおばさんに変身したり、
またあるときは、運転手に変身したりします。

そんなとき、「アルバイト老人」は、「社長」さんの運転する車の、
後部座席にふんぞり返って坐っています。

また、この「アルバイト老人」は、
アルバイトの分際でありながら、年に100回近くもゴルフに行き、
きょうはこの寒空に、仕事もPC教室もサボって出かけました。
「社長」さんは、「アルバイト老人」がいないので、堂々と重役出勤でした。

kuronekoline.gif


2010.02.09 
人間せんせいの毎日の活動としては、
午前中に家事をして、午後になり英語教室の会場である幼稚園に向かいます。
園児さんやらそこの卒園生の小学生に簡単な英会話を教え、
夕方ちょこっと家に帰って、夕ご飯の下ごしらえとねこ隊のご飯をあげて、
今度は塾や家庭教師先のお宅へ出かけ、中学生や高校生の授業があります。
英語教室は週に数回ですが、
塾や家庭教師の仕事ではほぼ毎晩授業があります。
帰宅は夜の10時を回り、それから夕ご飯、
片付けてお風呂に入って、本日の生徒の記録をしたりすると1時を回ります。

そのまま寝れればよいのですが、
ちょっとネットで遊びましょうと思うと、ベッドの入るのは2時を回ってしまいます。

で、朝起きるのは当然遅くなります。
8時だったり、8時半だったり。
さすがに9時を過ぎると、なんという寝坊をしたのだと
一日中罪悪感に苛まれることになります。

さて、何年か前のある日のことでした。
その日の日記が手元にあります。

************************************************************************************

目が覚めたのは、窓の外で聞こえたかわいい子供の声。
「さようならぁ~~。」
そして、園バスが走り去る。

え・・・、今、何時だ?

午後1時半過ぎ・・・。どっひゃぁ~~~!!

夕べ寝たのは、いつも通りでした。
だから、12時間近くも寝こけていたということになります。

私は赤ん坊か・・・?

夕べ寝る前には、朝寝坊がしたいと、ゴミ出しを夫である人間家族に頼みました。
でも、その「朝寝坊」は、9時過ぎとか、10時近くとか、
そんな時間のつもりでした。
それが、1時半だなんて・・・・!

世の中のきょう一日は、もう半分が過ぎてしまいました。
世の中の人々は、すでにきょうの半分の仕事が終わっているはずです。
そう思うと、なんだか急に猛烈な孤独感に襲われました。
しぃ~~んと静かな寝室、
自分一人世の中から切り取られてしまったような感じでした。

ねこ隊は、朝起こしに来たのでしょう。
でも、寝室の中からは何の反応もないので、呆れてまた寝に入っているのでしょう。
不気味な静けさでした。
ご飯をくれないお母ちゃんには用はありませ~~~ん。
人間せんせいの孤独感は更に増しました。

人間せんせいも1時間後には仕事に出なくてはなりません。
お天気がいいのに洗濯もできないし、掃除だってできません。
せいぜいがねこ隊にご飯をあげて、トイレの始末をするだけです。
ねこせんせいの本日のスプレーの後始末もできず、
木の家は崩壊の一歩を確実に踏み出すことになります。

これは、悪い夢だ・・・
そうに違いない。

同居しているおばあちゃんは何にも言いませんが、
それでも、一応、人間せんせいの立場は「お嫁さん」です。
あぁ、神様、夢だと言って・・・・。

おばあちゃんの部屋の方も不気味に静かだったので、
今起きたなんて悟られないように、そぉ~っと足音を立てずにリビングへ上がり、
今頃ご飯だなんてはっきり言って迷惑です、という寝ぼけまなこのねこ隊に、
無理にご飯をあげ、そそくさと仕事に出ました。

人間せんせいが起きてから4時間くらいで、あっという間に日が落ちました。
なんだか、きょうは損をした短い一日でした。

夜10時に帰ったら、何のご飯の準備もできていないキッチンに、
人間家族が悲しげに立ちつくしていました。

こうやって、静かに夫婦の危機が訪れようとしています。
じわり・・・じわり・・・


************************************************************************************

これが、人生で2番目に長い寝坊です。

え・・・もっと寝坊したのがあるの・・・?

あるんです。

それは、また、いつか。


catlife-school01ms.jpg

kuronekoline.gif

2010.02.07 
n100123-01s.jpg

ぼくは、あの人が嫌いです。




n100123-02s.jpg

そりゃぁ、ご飯をくれるし、おもちゃで遊んでくれる時は楽しいけど。


でも、ぼくのママはマシュだけなので、
あの人をおかあちゃんと認めることはできません。

ぼくのママは、目も青くてきれいだし、鼻もかわいくて高いです。
ひげだって立派にぴんぴんしています。

あの人のあの鼻は何でしょう!?
ぺちゃんこで、鼻の穴ばっかり大きくて。
ひげだってないので、情けない顔です。


n100123-03s.jpg

あんな顔は怖いので、
ぼくは時々、ソックスをあの人に見立てて戦いを挑みます。


n-15s.jpg

n-16s.jpg

n-17s.jpg

n-19s.jpg

n-20s.jpg



ふぅ~

でも・・・おなか、すくしなぁ・・・
ご飯をくれる召使くらいには認めてやるかなぁ・・・

kuronekoline.gif

2010.02.06 
ひとつ前に書いたとおり、
人間せんせいは、マシュ、ニ~ニと今ひとつ仲良くなれていないのですが、
マシュは、人間せんせいがおこたに座ると、すぐ側にやって来て何かをねだります。

それで、人間せんせいは、彼女を撫で撫でするのですが、
彼女はそれを喜ぶものの、やっぱり何か他のものもおねだりしているようで、

『スープね? んじゃ、スープをあげましょう♪』
と、彼女のお気に入りのスープをあげます。

「そうこなくっちゃ~♪」
と、彼女はにっこりするものの、中の具は食べないので、
すぐに終わってしまい、また、側に来て甘えます。

これはよい傾向と、撫で撫でだけしていればよいのかもしれませんが、
人間せんせいとしては、もう少し距離を縮めたいと思い、
何か、こういう時にあげられるおやつはないかと、
ペットショップに行くたびに探してみます。

『ほ~ら、おいしそうじゃなぁ~い?』

側に来たマシュに差し出すと、
くんくんはしますが、あまり興味は示しません。

『あのね、あなたの満足に応えたいのよ。何が好きなのかな?』

これはどう、これは・・こっちは・・?
と、次々試してみますが、未だに彼女のお気に入りは見つかりません。

それらのおやつは他のねこ隊にも気に入られず、
結果、人間せんせいが食べることになります。

うん、なかなかイケます♪



kuronekoline.gif

2010.02.05 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。