マウイ島には「ハレアカラ」という休火山がそびえていますが、
3度目にして、今回やっと登って来ました。
いや、頂上まで車で・・・

出かける日、東京23度という汗ばむ中、しかもハワイに行くというのに、
無理に防寒具を着て大げさなかっこうで飛行機に乗り込みました。
しかし、到着すればそこはやっぱりハワイ、
コートを着て、手袋もスカーフも持ってくる人なんているはずもありません。

いえ、いるのです。
あとになって判明しました。

兄がまとめたマウイのあれこれ、ネットから取った記事には、
ハレアカラの日の出ツアーは、極寒のスキー場と同じと・・・
子供にはスキーウエアー、手袋も帽子も必要と!!

それもそのはず、ハレアカラは富士山よりもちょっと低いものの、
3000メートルを越す山なのでした。

それでも、日の出の時刻に出かける根性は4人とも無くて、
だらだらと午前中を過ごし、昼下がりになってから日没を見に行ったのでした。
急な山道を上がっていくにつれて気温がぐんぐん下がり、
午後から出てきた低い雲なぞは途中で追い越してしまいました。




ハレアカラの用意をかねて厚着をするのだと、
出発時に着込んだぶくぶくの人間せんせいを横目で笑い、
半そでのTシャツ、綿のブルゾンで日本を出てきた人間家族が、
おっほっほ、頂上では死にそうな形相で立ち尽くしていました。


ひゅーひゅーと横殴りの風が吹く中、じっとこらえ、
きれいな夕陽、まぁ、日本の夕陽と全く変わらないものでしたが、
とりあえず、おぉ~と感動して見せたものの、
心の中では「寒いよぉ~~!」と、
きっと、4人が4人とも思っていたに違いありません。






しかし、本当の感動は日没後に訪れました。

帰りの車の中、助手席の人間家族も後部座席のジョセフィーヌも、
もうハレアカラには用はありませんとばかりに、
ぬくぬくした暖房の中、こっくりこっくり始め、
運転手を信用していない人間せんせいだけが、
ガードレールもない真っ暗な山道を下って行くのを、
不安げに見守っていました。

そして、ふと窓の外を見ると、空一面の降ってくる星々!!

「わぁああ!すごいよっ、星がっ!!」

車を止めて4人で口を開けて上を見ると、
きらめく星の間をミルクを流したような跡がはっきりと・・・

兄夫婦は山に登るので降るような星も珍しくもないのでしょうが、
人間せんせいは2度目、人間家族は初めて見る天の川でした。
そのほとりには、日本では季節はずれのヴェガとアルタイルが。

織姫と彦星、年に1回じゃないじゃん・・・
ここでは毎日会えるんだ。
よかったね。

山を下るにしたがって1枚脱ぎ2枚脱ぎ、
下界に付いたら、やっぱりハワイ。

不思議な島だな・・・
アンビリーバボー・マウイ♪


kuronekoline.gif

2006.12.10 
いつもの旅行はジョセフィーヌが色々と手配してくれますが、
今回は兄が飛行機やら宿泊先を手配してくれました。
彼が選んだのは、前回までのカアナパリよりももうちょっと北の、
カハナという場所にあるコンドミニアムでした。

せいぜいが3階建ての低層作りの建物がいくつか点在し、
プライベートビーチがあるので、宿泊者がわずかに海に出るだけ。
とても静かでのんびりとできる贅沢なところでした。




お部屋の中はこんな風。





メゾネットタイプなので、1階にキッチンとリビング、
2階に寝室とバスルームが2つずつ。
そして広いテラスが1階と2階についていました。

朝起きると、階下でジョセフィーヌがコーヒーを沸かしてくれ、
2階からのろのろ降りてきて、1階のテラスに集合。

きょうは何をしようか・・・
あ、私はちょっと今からそこのビーチでウミガメを見てくるね。
朝ごはんはサンドイッチでも作ろうか。
ぼくはまだ、コーヒーだけでいいなぁ。

思い思いに、起きてからすぐの時間を過ごし、
キッチンで簡単に作った朝ごはんを食べ、
残ったパンくずをテラスで撒けば、すずめやカージナルがやって来ます。
時間がゆっくりと流れ、おぉ、これぞ休日!




三々五々、着替えて目の前のビーチに繰り出し、
シュノーケルで潜る者、ビーチで寝そべる者、
ちょっと向こうの岩場に探検に行く者、
そして人間せんせいは・・・

そうそう、着替える前にトイレに行かなくっちゃね。

用を足して水を流すと・・・
どっひゃぁ~!! また詰ったっ!!!
なんで、なんで、いつも???
何かうらみでもあるのでしょうか?
それとも、長年使ってきた水洗、もしかして使い方が間違っているのでしょうか?
そう、個室のことゆえ、そういえば誰にも確認したことはありません。

え~と、タンクの横のレバーを手前か後ろに回すのじゃありませんか?
何か、他に操作をするようなことはあるのでしょうか?
ひょっとして、どこかに隠れボタンか何かがあって、
Shiftキーのように、それを押しながらレバーを回すのだとか・・・?
お宅のトイレはいかがでしょうか?

肩ももう痛くないし、
今度は自分で、
誰にも知られず、黒い魔術棒を。

ハワイに来てまで恥ずかしい人間せんせいでありました。
アンビリーバボォォォォ~~~~~


kuronekoline.gif

2006.12.03 
実は、マウイで人間せんせいが今までに入った海は、
驚くほどきれいというわけではありません。
機材を背負って沖の方へ行けば美しいに違いありませんが、
もうそんな根性はなく、
せいぜいが浜近くでシュノーケルを楽しむというのであれば、
残念ながら、もう少し水の透明度がほしいところです。

だから、やっぱりあんなにきれいだったテニアンの海に、
入らなかったことが悔やまれてなりません。
あとは、ニューカレドニア近くのアメデ灯台の海!

どういうわけか、誘ってもテニアンには誰も触手を伸ばそうとせず、
こうなったら、いつかニューカレドニアの方へ誘う方がいいかもしれません。

それでも、兄は、もっときれいなところの情報があると言っていましたから、
もう1回くらいはマウイになるのかもしれません。

ところで、前回行った時に、お店で使い捨ての水中カメラを見ました。
また、デジカメ次郎のアダプターを購入する時には、
自分のデジカメに、水中でもOKの透明カバーがあるのを知りました。
しかし、いくらメーカーで大丈夫と売っているものでも、
大事な自分のカメラを水中に入れることには大いに不安が残ります。
それで、使い捨ての水中カメラを買ってみることにしました。

透明度はいまイチでも、潜ったところは色とりどりの魚がうじゃうじゃ♪
カメラを持っていざ!

ところが、デジカメ症候群で、つい、手を伸ばして撮ろうとしてしまいます。
あれ、見るモニターがないじゃん・・・

あ、そうだと気がついて目で穴からのぞき撮ろうとしますが、
またデジカメ症候群、半押しで焦点を合わせようとしてしまいます。

ありゃありゃとばたばたするうちに、
魚はじっとはしていませんから、向こうへ行ってしまい、
シャッターを切ったときには何もいないという悲惨な状態。

焦点が合っているんだかどうだかわからずにシャッターを押すというのは、
実に不安なもので、
デジカメを使うようになってから5年、進化しているんだかいないんだか・・・

それでも、撮れた写真はこんな。
とてもきれいでしょ♪



おほほ。うそです。
これは水族館で撮ったもの。


では本物の、使い捨て水中カメラの写真。





とほほ、まぁこんなものでしょう。

でも、本当に本当にたくさんの魚を見ました。
小さな色とりどりの美しい熱帯魚や、1メートルほどもある細長い魚や、
ナポレオンフィッシュのように大きなきれいな魚や、
ジョセフィーヌはウミガメと一緒に泳いだくらいです。

きらきら光る銀色の、そして大量の魚の群れに囲まれて、
一瞬、自分が人であることを忘れました。
陸地よりも何倍も広い海、
そこには地上よりもたくさんの生きている者たちがいます。
やっぱりそこは、自分の場所じゃなくて、
いつでも「お邪魔しますね。」の気持ちで入ることになります。

陸上を制覇した気になって、他の生きものたちやその生活の場を、
自分の都合でどうこうしようとする、そんな傲慢な生活を続けていると、
たまにはこうやって「お邪魔します。」を思い出すことは、
きっと私達には必要なことでしょう。

私達はずっと昔、海から上がってきた。
そして、今ではこんなに遠くにやってきてしまった。
それでも、海はお母さんのおなかの中と同じ・・・
元はみ~んな同じ祖先なんだものね。

万物を生み出した海・・・アンビリーバボー♪


kuronekoline.gif

2006.12.01