FC2ブログ
帰国する日の朝、なんだか身体が変でした。
胃が痛いのとは違うのだけれど、なんか、おなかがへん。
喉も乾燥でがさがさでした。

空港についた頃気がつきました。
熱がありそうです。
目を閉じると、まぶたが熱いのです。

滞在中、外は暑いのだけれど、ホテルの中は、空調が効いて肌寒いくらいでした。
人間せんせいは、日本にいるときと同じように、
ソックスを2枚はいたり、パーカーの下に何枚も重ね着をして、
ラスベガス中で一番くらいに着込んでいました。

風邪をひいたかな・・・?
風邪などもう、7年もひいていません。
記録を伸ばすつもりでいましたが、
2月のハードスケジュールを考えると、疲れが来たのかもしれません。

姉のカーディガンも借りて、父のジャケットも借りて、
全米中で一番くらいに着込んで、
飛行機の中でも毛布をかぶってずっと寝ていました。
機内食には手をつけることはできませんでした。
吐く息も熱くなってきて、ぞくぞくするので、熱は上がっているかもしれません。

機内で10時間寝て、
迎えの車の中でも寝ました。
実家に着いてからも寝ました。
迎えに来た人間家族の車の中でも寝ました。
そして、うちに着いてからも、すぐ寝ました。
時差ぼけなんかありません。
ずっとずっと寝られました。
前の晩から数えると、
とぎれとぎれとはいえ、27時間も寝ました。

出かける前、いやというほど寝るのだと書きましたが、
そのとおりになりました。
2月は、3時間しか眠れない日もたくさんあり、
そんな日々から考えると、9日分の寝貯めになりました。

成田に着いたとき、
「熱のある人、おなかが痛い人は、お知らせください。」と、立て札が立っていました。
一瞬、どっきりしましたが、
まさか、アメリカでマラリアはないでしょう。

これだけ寝たら、さすがに熱は引きました。
おなかも大丈夫そうです。
これは、風邪にはカウントしないことにしました。
風邪をひかない記録は強引に続きます。


<これからお出かけになる方へ>

体調を整えて出かけましょう。
滞在中に変調をきたしては、泣くに泣けません。
でも時差ぼけのひどい人は、身体をいじめてから出発すると、
最終日にたくさん寝られて、その後すぐに復帰できるかもしれません。
ただし、マラリアにはご注意を。


おまけ

今回の旅行は、『兄弟会』という名目のはずでした。
ところが、父が出発前に作成した、
おじ、おばたちに宛てての、旅行案内のタイトルは、
いつのまにか『喜寿記念旅行』となっていました。
自分が2月で77歳になったからです。

普通の、おめでとうはしましたが、特別には何もしませんでした。
誰も、特別のおめでとうをしてくれなかったので、
自分で無理やりこじつけたようです。

ところで、母は、父より1歳下。来年、喜寿。
おじは、母より1歳下。さ来年、喜寿。
さて、どうなるのでしょうか?
喜寿記念旅行は、自分のときだけなのでしょうか?

もうひとつおまけ

先日旅行の写真ができました。
みんなの分を焼き増しするのに、人間せんせいがお使いに出されました。
それぞれが写っている写真は、それぞれの枚数、
これは、わかります。

でも、なぜか、父が一人で映っているのも、
全員分焼き増しするようになっています。
めでたい『喜寿』だからでしょうか?
少なくとも、姉は舅のブロマイドなど欲しくないだろうと、
人間せんせいの独断で、1枚分減らしてしまいました。

自分の父親ながら、このおっさんは、
何を考えているのかわかりかねます。

2002.03.03