人間せんせいんちの片隅にある
小さいねこさん達の住まうところ、ねんねこ町。

さて、きょうは
8番地、「にゃが井さん」ちのおんぼろアパート1室をご紹介。

にゃが井さん、きょうはバイト代が入ったので、
窮する友達を呼んで大盤振舞♪
この世は持ちつ持たれつ、情けは人のためならずってね。



catlife0506250139[1]



catlife0506250150[1]



catlife0506250144[1]



catlife0506250133[1]



catlife0506250165[1]



catlife0506250149[1]



段ボールと割り箸で作った最初の部屋・・らしきもの。
その後、木材で作るようになったら、
なんとも段ボールハウスがみすぼらしく見え、
この部屋ももうすでに取り壊されてしまいました。
ねんねこ町にも時代の波が押し寄せてきたのでした。






昔、人間せんせいよりは前の世代では、
地方から出てきた学生さんたちが住む部屋を「下宿」と言っていました。

「神田川」の歌詞にも出てきたし、
話の内容や書物の中に出てくる「下宿」というのは、
やっぱりこのにゃが井さんちのおんぼろアパートのように、
狭くて、古くて、およそ今の若い人たちが好んで住まう所ではないようです。

でも、想像するに、そこでは、
やっぱり若いエネルギーはあふれて、
わいわいと酒盛りをしたりじゃらじゃら麻雀をしたり、
時には、熱く理想の社会を論じたりしたかもしれません。

昔、安保闘争があり、原発反対運動、成田闘争、佐世保・・・
若いエネルギーは大きなうねりとなって社会を揺さぶりました。

でも
結局、日米安保は条約が結ばれ、原発は建設され、成田空港も開港されました。

そして、50年も経ってから、
原発が人の手に負えなくなり、
あんな思いをして成田を開いたのに、今度は羽田をハブ空港にすると・・・
アメリカの方を向かなくちゃならないから、
沖縄に人たちを泣かすことにもなる・・・
本当に、なんとも皮肉なことです。

では、やっぱり全部が無駄だったのか、間違っていたのか、と考えると、
きっと、違うでしょう。

今のこの国の経済力、生活の豊かさは、
公害をまき散らし、環境汚染し放題、
もっと、もっと、の欲望に導かれてここまできて、
ついこの間まで、いえ、今でも私たちはそれらを享受しているのです。

闘争に明け暮れた人たちでも、きっと、
みんながそれらの恩恵を全く受けないで過ごしてきたとも思えません。


今、苦しんでいる方々がいる中、非難を覚悟で書くと、
原発にはご苦労様も言ってやりたい気がします。
でも、もうそろそろねんねしようか。


こんなおんぼろアパートに人がひしめいていた時代もあった、
脱原発、即、昔へ逆戻りというわけではないでしょうが、
ものが豊富にあふれる生活を抜け出して、
寒くても暑くても、暗くても、手動になっても不便になっても
我慢できる覚悟は必要でしょう。

雇用もさらに冷え込むかもしれないし、
GNPが世界でなんちゃら、なんていうわけにもいかなくなるかもしれません。
自分たちの生活を見直す時期ではあるけれど、
強い意志と覚悟も同時に必要になるでしょう。

大事なことは、人のせいにはしないこと。



猫たちは身ひとつ。
やっぱり偉いなぁ。

人間せんせいは身ひとつでは生きられません。

2011.06.16 
人間せんせいんちの片隅にある
小さいねこさん達の住まうところ、ねんねこ町。

さて、きょうは11番地、にゃおん宗の「ねんころ寺」をご紹介。


temple070602-05s[1]


まれにみる貧乏寺。
本堂もご本尊もなく、あるのはただ門の屋根のみ。


temple070602-17s[1]




temple070602-27s[1]




それでも、ねんねこ町の住人にとっては、
ぽかぽかの屋根さえあれば、それが充分なご利益に♪


temple070602-30s[1]


temple070602-36s[1]



temple070602-41s[1]



temple070602-43s[1]


temple070602-01s[1]



一からミニチュアハウスを作るのは、
不器用な人間せんせいには至難の業です。

それで、一部を市販のパーツで補ったりします。
それは、こうやってできているのね・・という参考にもなります。

さて、このお寺は、一部どころか、全部がパーツです。
つまり、人間せんせいは組み立てただけ。おほほ。

以前に週刊の分冊百科で、和風旅館のドールハウスを作るという企画があり、
毎週毎週パーツを組み立てていくのですが、
80号くらい、8万円くらいをかければ、
幅80センチほどの立派な和風旅館が出来上がるらしいのです。

そんなに大きいのを、8万円もかけて組み立てるほど、
裕福でも暇でもなく、置き場所もない人間せんせいは、
本屋さんで今週号のパーツを見て、その号だけ購入し、
それを組み立てて「ねんころ寺」の門と屋根だけできた、というわけです。

これを基に、和室などをつなげる予定でしたが、
3年経ってもその気配はなく、貧乏寺のままです。

3番地のカフェフランも、ドアのある正面壁は、
別の週刊ドールハウスの、ドアパーツや窓パーツの時に、
その号だけ購入し、そこからサイズを決めて板を切って作りました。

要するに、小さい猫さんたちを使ってままごとをしたいだけなので、
人間せんせいには、これで充分♪

そうこう遊んでいるうちに、仕事を辞めて老後の生活に入る時には、
きっと、HAPPYねこ隊用のかわいいおうちが
一から作れるようになるかもしれません。



無理、無理~~!



あ・・・
それで、忙しかったのは、これを作っていたからではありません。
コメントをいただいていたのに、お返事が遅くなってごめんなさい。

10月は、保護者会の資料作成があり、
ハロウィンパーティの準備があり、
仔ねこの捕獲があり、
ねこせんせいの通院があり、
もうすぐ中間テストで、
それが終わるとハロウィンパーティで・・・
ううううう。



kuronekoline.gif





2010.10.14 
人間せんせいんちの片隅にある
小さいねこさん達の住まうところ、ねんねこ町。

さて、きょうは3番地のカフェをご紹介。



2005年に大好きなフランを星に帰しました。
HAPPYねこ隊では初めての天使ねこでした。
人間せんせいはかなりそれを引きずって、なかなか立ち上がれずにいました。
そんな時、食玩具のナーゴシリーズの猫を買い込んで、
そうだ、フランのカフェを作ろうと思いつきました。

でも、どうやってドールハウスを作るのかわからず、
見よう見まねでダンボールカフェができました。

その後、木材で作るらしい、キットもあるらしいと知り、
暇をみては少しずつカフェの新装開店に努めました。

2年後、カフェのフロントはキットを使用したものの、
柱を削り、壁を立て、床を貼り、壁を塗って、
フランのカフェはやっと新装開店にこぎつけました。




cafefran07-01.jpg


cafefran07-02.jpg


cafefran07-03.jpg


cafefran07-04.jpg


cafefran07-05.jpg


cafefran07-06.jpg


cafefran07-07.jpg


cafefran07-08.jpg


cafefran07-09.jpg


cafefran07-10.jpg


cafefran07-11.jpg


cafefran07-13.jpg


キッチンのカウンターや棚やシンクは作りましたが、
備品はうちに山程ある食玩具の中から選び、椅子やテーブルは100均で購入、
お皿やカップは市販品ですが、デザートや珈琲の中身は作れるようになりました。

ナーゴの猫さんを座らせると、
ほら、お陽さまの中で楽しそうにおしゃべりを始めましたよ。



kuronekoline.gif



2010.06.23 
人間せんせいんちの片隅に、ねんねこ町があり、
そこに住まうねこさんたちが町内会を作っています。

きょうは、1番地の「にゃか村さん」のお宅をご紹介。

彼は小説家であり、この机から素晴らしい作品が世に出ているようです。
彼の著書は左の本棚にぎっしりと並んでいます。

次回作が楽しみなきょうこの頃であります。


studyroom-01s.jpg


studyroom-04s.jpg


studyroom08s.jpg


studyroom-14s.jpg


studyroom-17s.jpg


studyroom-20s.jpg


studyroom-24s.jpg



kuronekoline.gif

2010.04.08