FC2ブログ
ネットで「踵が痛い」と調べると、
出てくるのは「足底なんちゃら」で、それとは違います。

歩き始めが痛いのはその通りですが、
足底ではなく、アキレス腱のところ、
靴の、靴擦れができる辺りが何とも痛いのです。

色々調べてやっとたどり着いたのは、
何と、たぶん

モヤモヤ血管!


おばあちゃんと暮らして30年、
生活時間帯が違うので、
人間せんせいはいつもいつも静かに、
足音をさせずにそぉっと歩いていました。

また、足が小さいので、パカパカするスリッパは履かず
いつでもソックスで歩いていました。

いつの間にか
足首をちゃんと曲げたり伸ばしたりをしないで、
アキレス腱を縮めたり伸ばしたりもしないで。
ソックスで滑るように歩いていたのだと思います。

そうしてモヤモヤ血管ができるものなのか、
人間せんせいの踵は本当にモヤモヤ血管なのか、
お医者様の診断が下ったわけではないので正確なことはわかりませんが、
細い血管をつぶすための指圧やら
階段を利用したストレッチが功を奏したので、
人間せんせいの症状には対処ができつつります。

今までの癖で、ついソックスのまま歩いてしまいます。
それで、
「スリッパを履けっ!」 です。

パカパカするスリッパを脱げないように履くには
足指や足首を使ってつかむようにするので
人間せんせいの症状には良い感じです♪

ただ、骨密度が低下しているので、
くれぐれも階段から落ちて骨折などしないように
パカパカには気をつけねばなりません。



w2005-P1190163s.jpg

きちんと正しく歩きましょう。







2020.08.10 
人間せんせいが服用している薬の副作用としては、
骨粗鬆症や関節痛、人によっては更年期障害のような症状ということです。

女性らしいことなど何もない人間せんせいですが、
本人のあずかり知らぬところで、
女性ホルモンはちゃんと身体を守り働いてくれていたのでした。

が、それを減らす薬を飲んでまる4年が経ちました。

能天気な性格と同じように身体もそうなのか、
副作用などほとんど感じることなく、病気なのかも忘れしまう日々ですが、
4年積み重なってじわじわと来ました。

骨密度の低下が半端ないっ!

食べ物や運動では追い付かない!
カルシュウム剤でも数値が上がらないっ!

お医者様はまだ平気平気と笑いますが、
人間せんせいとしては、ちょっと肩が凝っても
肘がコキッといっても
あれ・・・関節か? とどきどきします。

それで、この前の冬
踵が痛い~~~~~!

これも?

つづく・・・






DSCF3958s_20200809165954d0e.jpg

私は見た。。。

2020.08.08 
ワンクッション、ワンクッションって、
毎年毎年、なんと学習しないことやら、
我ながら呆れます。


言い訳をすると、
ずっとサボっていたので、
スクロールするとすぐに一年前になってしまい
人知れず赤面しているわけです。

それで、一年前を次のページに追いやってしまおうと
ワンクッション、ってわけです。

おまけに、写真もイラストも何もないっ!

これはいったいどういうわけだ!?
30文字以内で説明せよ。

趣味の方のPCの不具合であります。

信じられない~~~
この期に及んで。

多分、あまりに電源を入れなかったので
機嫌を損ねたのかと。
仕事用のラップトップなので、味気ないテキストだけとなりました。

残念なので下描きのイラストを

vivo-base.jpg

2020.08.08 
vmaP1180208s.jpg


飛んでくる・・・・(来ない来ない!)
矢のごとく、時は流れる流れる~~~

人間せんせいの手術から早2年以上が経ちました。
おかげさまで、いたって元気にしております。

もうすぐ16歳のび~ぼは、体重が3キロになり、
足腰弱ってよろよろしていますが、
週に2度の通院のおかげか、食欲もりもり、元気にしています。


さて、2年前、おばあちゃんの具合が悪くなり、
人間せんせいが術後のんびりゆったりの養生するはずが
あれよあれよと介護生活に突入しました。

人間せんせいの夫の貫太郎はじめ、彼女の実子達もよく協力してくれて
なんとか半年やり繰りしてきたところに、
今度は人間せんせいの実父も具合が悪くなってしまいました。

おばあちゃんにはショートステイやディサービスに出かけてもらいながら、
週の前半は実家へ行き、半ばはおばあちゃんのお世話、週末には仕事と、
養生どころではない日々が怒涛のように押し寄せてきました。

そうやってこの2年を過ごし、
でも、おばあちゃんも父も、よろよろしながらも今もなんとか元気にしており、
人間せんせいの、彼らの子供たちの苦労も報われるというものです。

前にも書いたとおり、
介護生活というのは、なかなか興味深く、学びの日々で、
愉快で面白いことも多く、
これは是非に書いておきたいのですが、
なんせ、時間がなくて残念です。

いつか、少しずつ・・・




クッションになったでしょうか?

いいえ、ちょっとスクロールすれば
去年の「千の風」が出てきてしまいます・・・ううう・・・



KIMG0635s.jpg



2018.08.12 
twP1180698s.jpg

ご無沙汰しております。

なんと恐ろしいことに、
サボりにサボった結果、前回の記事が、
去年の「千の風にゃんこ」だとは・・・・・・!

それで、クッションを置くことにします。

2018.08.12 




あれよあれよという間に新しい年になってしまいました。

病気の話題をしておいて、そのままほっぽりっぱなしでは、
お友達に心配をかけてしまうのも当然・・・ごめんなさい。

ご心配頂きましたが、人間せんせいはいたって元気にしております。
ぱったりとネットに顔を出せなくなったのは、
おばあちゃんが弱ってしまい介護生活に入ったからです。

夏の頃からゆるゆるとはしていましたが、
9月になって脳の病気から左側にマヒが出て、
支えないと立ち上がりや歩行が困難になってしまいました。

おむつ交換、トイレ介助、食事や着替えの世話、
突然に人間せんせいの生活が一変してしまったのです。
辞められる仕事は辞め、あとは週末に授業を変更、
早寝早起き、きっちり三食の支度・・・
今まで主婦らしいスケジュールは人生になかったので、
まぁ、これもまた新しい世界の扉が開いたってところでしょうか。

夫・貫太郎もよくやってくれるし、彼の姉弟も頻繁に来てくれるので、
人間せんせいが一人で背負っていることはなく、
恵まれた介護環境になっているのはありがたいことです。

なかなかネットに顔を出すゆとりはない現状ですが、
この介護、なかなか興味深いものがあって、
またまた、へぇ~とかほぉ~とかの連続。
これを記録せずにはもったいない。
というわけで、ぼちぼちとできる時に書くことにしましょう。

いつもいつも、いままでも
お世話になり、お気持ちをかけてくださり
ありがとうございます。

また本年もどうぞよろしくお願いいたします。




2017.01.01 



DSCF15163s.jpg


激変した「あれやこれや」は、
仕事のあれやこれやや、ねこ隊のあれやこれやや、まだまだいっぱいあるのですが、
相変わらずばたばたしているうちに、
あ~あ、ほら、もう牡丹が咲いちゃった・・・と書こうと思ったら、
もうすでに散ってしまいました。
全くののろのろ更新で、季節はあっという間に変わってしまいます。

冬の間は辛くて苦しくて、早く暖かくなれば・・・と思っていました。
でも暖かくなっても、やっぱり悲しくて寂しくて、
新学期の忙しさにかまけている時がかえって落ち着いていられたりもしました。

それでも、毎年、人間せんせいの忙しい冬が終わるのを待って
春には友人たちがおしゃべりに誘ってくれます。
今年は、バザーの打ち上げやらブログのお友達とのオフ会やらと、
いつもよりも女子会がたくさん♪

美味しいものをいただき、
久しぶりの懐かしい顔や初めましてのお顔と共に
だんだんにこにこと春を過ごせるようになってきました。

DSCF15009s.jpg


DSCF15027s.jpg


学生の時からの友人たちは、その後の道が違ってもすぐにあの頃に戻れます。
一緒に猫活動をしてきた人たちとは、戦いを終えた同志のような心持ちがします。
そして、ブログのお友達も、文と写真だけのつながりではなくて、
ずっと前からのお友達のように、心が温まる時間を過ごせます。

学生時代からの友人たちは線のような、長い長いもの、
地域や仕事や活動を共にする友人たちは面のような、広い広いもの、
ネットのお付き合いは、もしかしたら、
瞬間的な、あちこちに散らばる点のようなものかもしれません。
長く共有してきた歴史もないし、両肩にかかるしがらみや重さもありません。

だからといって、点のように感じるお付き合いを軽んじているわけではありません。

15年も前に、ネットのお友達と初めましてと東京駅で待ち合わせをして、
何と、一泊二日で一緒にお泊りしてディズニーランド・シーで遊んだことがあります。
今はもうみんなHPを止めてしまったし、
人間せんせいはマメでないので、お手紙も書かなくなってしまいましたが、
その時の楽しさは人間せんせいの人生の中では、
ぽっと明るく灯った点であることは間違いないのです。
もう二度とお会いしないかもしれなくても、やっぱり好きな方たちなのです。

歴史やしがらみは、その人をその人たらしめる背景であるでしょう。
しかし、それがないネットであっても、その瞬間のその人に触れることができます。
たった何行かのブログの書き込みでも何かが伝わり、
その人自身がそのわずか数行に現れるのだと思います。
だから、初めてお会いしたのに、初めての気がしないのです。

今回のオフ会、遠く札幌からお友達が来てくださいました。
このブログに初めてコメントをくださった方でした。
その時のどきどきとわくわくはきっと一生忘れないし、
こうやってお隣りの駅の仲良しさんと、素晴らしい猫の絵を描く憧れの方と共に、
時間を忘れるほどに、楽しくおしゃべりしたひとときは、
人間せんせいには確かに輝く点になりました。

私の人生の中にまた明かりをひとつ灯してくださってどうもありがとうね。


2015.05.03 
DSCF14986s.jpg



今はもう新学期ですが、
足の骨折から始まった、この間までの2014年度は

仕事も激変
地域生活も激変
猫も激変

色々が激しく変わるということは、それだけ、
新しい出会いや別れや、良くも悪くも色々な経験をしたということでもあります。

身体的にも心情的にも、本当にしんどい1年ではありましたが、
ひと段落した今では、充実した1年だったとも言えるでしょう。

あれやこれや、いっぱい書くことはありますが、
まずは・・・
つい最近の出来事。

DSCF14928s.jpg


2つのチーム合同開催でしたが、
人間せんせいのチームには縫物ができる人がいなくて、
決して得意ではないのに、


DSCF14922s.jpg

こんなのや

DSCF14910ss_20150404020106ffd.jpg

こんなのを毎日ミシンカタカタ、20枚ほど縫いました。

その他寄付していただいた日用品や古着などを売り、
多くの方の厚意の何百円を重ねた収益が出ました。

何のためのバザー・・・?

おうちのない、外で暮らすねこ達の不妊手術に使います。
そう、このTNR活動、巻き込まれたというか、
そもそも運命だったというか・・・

そして、その流れで

DSCF14117s.jpg

また来ちゃった・・・新参者。
人間せんせい家はいったいどうなっちゃうのでしょう・・・?

*************************************************


長い間サボっていたのに、忘れずに覗いてくださり、
またコメントもいただき、
本当にありがとうございました。
お返事もせずにごめんなさい。



2015.04.04 
一週間遅れですが、
先週の木曜日、24日にボタンが開き始め、



DSCF11955s.jpg


DSCF11948s.jpg








翌25日、金曜日には殆どみんな開きました。
昨年、強い雨風に、下の方の枝が折れてしまいましたが、
それでも、今年も人間せんせいの顔程もある花が、25個よりたくさん。



DSCF12057s.jpg



DSCF12073s.jpg








そして、翌26日、土曜日は人間せんせいの通院日。
この日、めでたく、ギプスが取れました♪


祝・脱ギプス!
というわけで、ボタンと記念撮影


DSCF12174s.jpg




人間せんせいの身長が2メートルですから・・・うそうそ・・・



60センチほどの鉢植え、2輪の花が、こんなに育ちました。
家のこちら側は、道より1メートルくらい高いので、
前の道を歩く人からは、一番下の花が顔の位置になります。



27日、日曜には花びらの先が茶色になり、
月曜日にはぽろぽろ散ってしまいました。



その後には

DSCF12447s.jpg
都わすれや



DSCF12449s.jpg
十二単や



DSCF12455s.jpg
スズランの出番



DSCF12463s.jpg

このスズランも、人間せんせいが学生時代札幌へ行った時に、
一株、ここの住所へ送ったものがこんなに増えたのです。

家の北側に当たりますが、
ボタンといい、結構、植物には好きな土・風・陽の具合なのかもしれません。



ところで、ギプスは取れたものの、それまで痛くなかったのに、
急に支えがなくなったら、足の裏の奥の方が痛いような気が・・・

それでも、ただ平地を歩くだけなら杖もなしにひょこひょこと♪
そして、その距離は毎日不安なく延びていき、
1週間経ったきょうこの頃、ついに車に乗る練習も始めました。
そう、連休明けには仕事に復帰するのですもの!


長くてうんざりだったお休みも、あと1週間・・・と思うと、
急に残念な気がしてきました。

ゲンキンなものです。


2014.05.03 
昨日、いただいたコメントにお返事を書いていましたら、
どんどん長くなってしまったので、
近況ばかりですが、こちらに書くことにしました。



患部を固定してから痛みが殆どないせいか、
ちっとも安静の必要性を実感せず、気持ちばかりが沈んでいきました。
ちょうど、東日本大震災の直後のような、
なんだか何も手につかない、虚無感みたいな感じでした。

人は動くようにできているものなんだな・・・と思うと同時に、
入院や安静を余儀なくされている方たちのやるせなさを想像したり、
高齢の方たちの日々の不自由さを想ったり、
そのうち切なくなってきました。

きょうが何曜日でもどうでもいい、
天気が晴れでも雨でもどっちでもいい、
誰かの手を借り、守ってもらわないと日々が動かないというのは辛い・・・

もうひとつ、おもしろいことを感じました。

与えられたもので生活する、
冷蔵庫にあるもので簡単に調理をし食べる、
そんな日々を送っていると、
人間せんせいの場合、
『なんか・・・体に悪そうな、コレステロールたっぷりのような、
 こってりしたお肉系統のものが食べたい!』
とか、
『殺人的に甘~いものが食べたい』とか
ニンマリした悪魔が耳元で囁くようになってきました。

通常は、人間せんせいはお肉はあまり好まず、
こってりしたものは、胃が悲鳴を上げるので避けます。
大人の家で甘いものといってもお菓子が常時あるはずもなく、
つい、煮物が、いつもより甘くなってしまいました。

そして、向かいの公園への10メートルから
その向こうへの100メートルまで足を延ばしたきっかけは、
尋常でない甘さの缶コーヒーを買いに行こう、でした。

自分で何かを買いに行く・・・
今の人間せんせいの足で可能なのは、
住宅地では自販機しかないのでした。

毎日、ポッケに150円ほど入れて、松葉杖でエッチラオッチラ、
腕と掌の痛みに、自分の身体の重さを恨めしく思いながら、
それでも、受け身だけの毎日からの脱却、
ううう~んっ!! と、両手を広げて伸びをした爽快感がありました。

大体、食の興味は薄く、
梅干しやかつを節やじゃこがあれば幸せな人間せんせいにしても、
ストレス発散のもとは、究極、お肉や脂や糖分なのかしらん?
やっぱり人はメタボになっていく道理なのかしらん?
うふふ、不思議な体験ねと、笑う余裕が出てきたきょうこの頃です。


DSCF11620s.jpg




2014.04.24